2014年8月27日 (水)

パーちゃん、パーちゃん。

明日はパーちゃんの1周忌。

パーちゃんは日生の母親です。もちろん日生はわかってなかったでしょう。
だけど、私達にとっては特別な存在でした。月見と日生を繋いだ縁です。

2012年の年末から体調を崩していたものの、奇跡的に持ち直し
秋には日生の仔犬を連れて会いに行こうと楽しみにしていました。
でも、それはもう叶わぬ事となりました。

あれから1年。パーちゃんの事を、私はまだちゃんと書く事ができません。
だから、せめて想い出のものを。少ない写真の中からピックアップします。



downwardleft2009年JCC京都秋展でのツーショット。

日生は前週のWBに続き、この日1枚目のBSBを頂きました。
少し緊張気味のパーちゃんと、まだあどけなさが残る日生は1歳3ヶ月。
晴れ姿?を母に見てもらって幸せな1日でした。

1fb6096a55cb825b24a2f571f5859ce5b_2

downwardleft同上。

同じオヤツを食べ合う母と娘。
一族の長老、「鉄の女」と言われたパーちゃんにとっては珍しい写真ではないでしょうか。
右端はハジメ君。

2p1060663_large


これは2012年7月のお里帰り。写真はマー祖父ちゃん。
我が子に厳しい母、、、だったそうですが、日生には優しかった気がします。

ミリヒを会わせたかったな。

1img_5692


正直、今でもお里に行けば、、、会えるような気がします。

2img_5690



downwardleft2012年秋、アンクロダにてファミリーのオフ会でのツーショット。

翌春の2013年は日生の出産だったため
パーちゃんに直接会ったのはこれが最後となりました。

帰り際、「パーちゃん、また会おうね」と言って頭を撫でたのに。

58e65d898f549954a8d2f72b136985d05



downwardleftお里のママさんが一番好きだというこの写真は私も大好きな1枚です。

2013年8月4日撮影、、、は日生達08パーキッズの5歳の誕生日。
旅立つ3週間前でした。

シニアになってからのパーちゃんは、とても穏やかで
お里のHPで見る写真はどれもニコニコ、甘えた表情がとても可愛かった。



C2a9817322f6b58781f4ad1f59e50994




downwardleftいつ頃のものか私にはわかりません。でも、とても好きな1枚。

強くて賢かったパーちゃん。

41390f3a11880eca5592fb2b02e1b29b2

そして、ほら、ここに。

私は、この瞳に惹かれたのだと思うのです。
日生の笑顔はとびきり可愛いけれど、真剣な表情のこの目が好き。

強くて賢い日生。

日生はウチに来る運命だったのだと今では思っています。


3109dsc_2891

6歳の日生。
段々と母に似てきたように思います。

03dsc_0920

明日はパーちゃんを偲んで何名か人が集まるとのことですが、
私は家族の用事があって残念ながら参加することができません。

今日、明日はお里のHPをめくりながら、パーちゃんのことを想って過ごすことにしましょう。
日生と一緒に。



(お写真、一部はお里のHPより拝借しています)



                ※コメント欄閉じてます。

2012年10月 6日 (土)

ランの修行日記(日常のこと)

22日からお預かりしてたランディ君ですが、
10月2日、お引越しが一段落してオーナーのyueさんがお迎えに来られました。

お迎えが来て、まぁ、どれだけランディ君が喜んだことか、、、happy01
大興奮のあまりパニック状態が収まりません。

どんなに楽しく毎日遊んでも、いろんなところに出かけても、
仮に美味しいものをいっぱいもらえたとしても、、
やっぱりオーナーさんが一番なんですよねぇ。。。。

もちろん私もわかってはいましたが、、、そりゃまぁ、ちょっと寂しい気分にも。。。confident
今頃は新しいお部屋にも馴れて、おもいっきりyueさんに甘えていることでしょう 。



週の中から忙しくて続きをUPできてませんでしたが、日常の様子をいくつか。。。

Img_7895

ランディ君、日生の幼少のときと似た感じでした。好奇心が強くて怖いものがあまりありません。

いつもチキチキnotes、嬉しそうに甘えてくる様子はとにかく可愛かったですよ。
これは日生とは違うところ。
男の子の甘えたぶり、、ってこういうものなんでしょうか?

大きなナリで膝に乗り、私の腕に頭を預けて寝てしまうなんて。。
「ひっつき虫コリー」を堪能させてもらいました。 lovely

家の中や庭にあるもの(電気コードや履物、掃除道具なと)へのいたずらはゼロ。
ヒトが大好きで、人間に対して無条件の信頼を寄せています。
愛情たっぷり、大事に大事に育てられたんでしょうね。。。

P1070372

downwardleft日生家の敷地は道路から少し高くなっている角地です。
朝は小学生の群れ、日中は、バイク、自転車、宅配便
夕方以降は、またもや道路で遊ぶ幼児の群れ、新聞配達、ウォーキングの人、犬の散歩と様々なものが通ります。

Img_7901

セキュリティをほとんどしない日生に代わって、ランディ君はお仕事にいそしんでました。
しかも日生より前に立って、似合わぬ野太い声でBOWBOWと。。。(笑)
なかなか強気のオコサマです。さすが、フジコママの息子だけあるsign02


Img_7907_2

downwardleft夕ご飯を待つふたり。よく見ると『カエル脚2重奏』ですね。
Img_7891

downwardleftたまに、こうなってました。
日生は定位置で、後から来たランディ君が堂々と前に座る。。coldsweats01
もしもし、オコサマ、、、なにか間違ってませんかぁ?(笑)

Img_7555_2


日生はことあるごとに、ランディ君を転がそうとしてましたが、
体高がほぼ同じランディ君をなかなか転がすことができません。

長い時間かけてようやく転がしても、ランディ君は決して降参せず、
すぐに反撃punchを食らう日生でした。

(日生、どうやら下手くそみたいです。みおちゃんに教えてもらわなきゃ)

人間が転がすと、すぐに「ボクは降参でつ~」っておとなしくなる従順なランディ君なのですが、
どうやら日生のことは上だとは思わなかったようですね。sweat02

かと言って、日生が降参することはないですから、
「どっちがつおいのか」のマウント合戦が繰り広げられるわけです。
6ヶ月と4歳ですが、、(笑)


Img_7515_2

とにかく、2頭でよく遊んでくれ、おかげさまで人間は楽チン~。

Img_7536

日生の、「遊ぼう~遊ぼう~、日生ヒマヒマ~」攻撃から、すっかり開放された10日間でした。

Img_7552


Img_7509_2

狭い場所ではランディ君も互角ですが、広い場所ではまだまだ日生がぶっちぎり。
自分の優位を見せびらかすように走り抜けてましたよ。Img_7182

日生は日常の運動量がかなり増えていたと思います。
2人で遊びつかれて寝ても、30分もすればランディ君は急速フル充電ですからね。

夏の運動不足解消になったと思います。
ありがたや、ありがたやデス。

Img_7955

Img_7944

Img_7946_3

引っ張りっこ遊び、、、子犬同士では普通の遊びですが、
一人っ子の場合、犬同士で引っ張りっこ遊びができないことがあるんです。
人間が相手なら楽しんでやるのですけど、犬同士ではやらない。。。

理由はよくわかりませんが、ランディ君も日生もそうです。
小さいときに犬同士でやる機会がなかったからなのか、
「この遊びは人間とするもの」、、とでも思ってるかのような感じです。

でも、後半になって、この二人の「引っ張りあいっこ」を見ることができるようになりました。


Img_7937

Img_7958

明けても暮れても、こうやって遊んでいました。

Img_7870

ランディ君、ありがとう。
日生も私達もとっても楽しく過ごせました。



次に会うときは、日生よりも大きくなってるかもしれないけど、
また、いっぱい遊べるといいな。

よろしくね。


Img_7875

2012年10月 2日 (火)

ランの修行日記(六甲山)

六甲アイランドから向かった先は「六甲山牧場」。rvcar
どちらの場所も日生家からは車で1時間ほどの距離です。

標高が高い六甲山は下界よりかなり涼しくて半そでが寒いぐらい。

ランディ君が夏を過ごした釧路はきっとこんな感じだったんでしょうねぇ。
犬達には最高ですよね。

Img_7807

午前中だったので沢山の羊さんが食事に出ていましたよ。

(柵は閉じていないので入ろうと思えば中まで入れます。)


downwardleftさっそく、ご挨拶を。

Img_7860

  もしもし、ボクはランディといいまつ。はじめまして。
  お鼻の感じといい、毛のモコモコしたところといい、親戚のような気がしまつが、
  そうでつか?

Img_7861

怖がることなく、好奇心の赴くまま接近しているランディ君。

羊もヤギも時に頭ツキしてくるので注意ですよ~。
(なんたって空気読めないランディ君ですから、、、sweat02

downwardleftこちらの羊は多分、若い牝。これなら安心そう。

Img_7803

   チュしてくれたでつheart04。ボクはもてるのでつね。

Img_7804



downwardleftこちらは日生。群れからはぐれた羊をねらっている、、、、、、、のではありません。


Img_7825_5

downwardleft日生は羊が怖いのです。catface
羊もヤギも馬も、犬ではない(←ここが重要)正体不明の生物、、と思っています。

Img_7826


ランディ君、羊をこわがるでもなく、ひたすら羊が食べているものを気にしてました。
(ただの草です)
さすがです。

落ちている羊のコロコロのうんPもとても気になって、気になって、、(笑)
(確かに見た目がドッグフードに似てなくもない)




Img_7831

ドッグランから牧場へ、、、
駆け足でしたが、この日のお出かけ、楽しんでくれたでしょうか?

Img_7833



牧場と羊とコリー、、、やっぱり似合いますよね happy01

Img_7840

2012年10月 1日 (月)

ランの修行日記(六アイ)

週末は台風の影響でお天気が荒れるというので、
土曜日の朝早めに六甲アイランドのドッグランに行ってきました。

ボーダー2頭と、この子(ポインターかな?)が遊んでくれましたよ。

Img_7579

Img_7566

今回の修行の数あるミッションのひとつは、、、(って私が勝手に決めたんですけどね)

ランディ君は、いっぱい走って運動すること。
日生は、いっぱい走ってダイエットすること。。。(笑)

通常のお散歩に加えて、暗くなってから人気の無くなったグランドで日生と走らせる。
できるだけ直線コースでダッシュさせることを意識しました。

downwardleftまだまだ成長途上で、走ってても手脚がバラバラ、、前に進みませんけど coldsweats01
そこがまた、かわいいんです(笑)

Img_7571

downwardleftそれでも1週間程の間に、少し走り馴れてきたように思います。

Img_7561_2

downwardleft楽しそうでしょ?

Img_7639

Img_7638_2

Img_7649

downwardleftそれでも、まだまだ、この方のイノシシ走りには追いつけません。
瞬間的にランディ君を数メートル引き離しますnote

Img_7607_2

downwardleft後半、2頭の若いパグフレブルちゃん達とも遊びました。

Img_7704_2

ちっちゃい子とも、上手に遊べるランディ君です。

Img_7715_3

downwardleftこちらは、「爆走」とはいかず、「余裕でルンルン」ですね。

Img_7723_2

最後に、六甲アイランド訪問の記念撮影をパチリ。
(マストさんは残念ながらOPEN前でした)

Img_7780_2

うちから六甲アイランドは、山麓越えになるためグネグネ道が心配でしたが、
ランディ君、往路を難なくクリアnote

少し蒸し暑くなってきたので、この後、涼しいところに行くことにしました。

2012年9月30日 (日)

ランの修行日記(おーちゃん)

ランディ君の修行の日々。

downwardleftこの日の講師はこの方でした。

P1070455

毎朝2階から降りてきて、しばらく徘徊後、朝ごはん(朝オヤツ)をお食べになります。

前から見ても目が出っ張って見えるのがおかしいけど、かわいい。coldsweats01
(でも、この目のおかげで視野範囲はバツグンなのですよ)

P1070447

ランディ君のお家にも小鳥がいるらしく、
この前日、うれしくなって、おーちゃんにジャンピングアタ~ック。。しちゃいました。coldsweats01
もちろん悪気は無かったのだと思いますが、
怒ったおーちゃんに猛反撃(コバタンキック)されました。

私も油断しててビックリです!
ランディ君、お鼻を齧られなくてほんと良かったですよ。
一撃ですごい流血になりますからsweat01
ピカピカの王子様を傷モノにしてしまっては大変です。

翌朝は、、、、
すでに学習したランディ君、おーちゃんが降りてくると自らクレートに避難していました(笑)
1回で、おーちゃんが「危険な生物」だと学習するとはお利口さんね。catface

そのとおり、うちで最強の生物は人間ではなく、おーちゃんなのですよ。
(それをわからせる、おーちゃんもスゴイけど)

P1070438_2

downwardleftそれでも好奇心には勝てないらしく、恐る恐る近づいては行きますが、ここまでが限界。

P1070441

downwardleftこんな、お顔になっちゃってました。。。。(爆)

P1070435

ごめんね、遊んじゃって。。。bleah

ちなみに、ミドちゃん(ミシシッピアカミミガメ)とも対面しましたが、
超へっぴり腰だったものの、これほど怖がってはいませんでした。

downwardleft片や、日生は我関せずでキッチンに陣どってます。
ここにいれば、おーちゃんのオヤツの「おこぼれ」がもらえることがあるからなんですが、、、

P1070444

実はこの位置、かつては月見の場所でした。
日生は、玄関ドア前かクレート(つまりランディ君が今いる場所)に引っ込んで、
おーちゃんが2階に上がるまで、息を潜めていたのです。。。

あまりに振る舞いが月見とそっくりなので、
(色が違うにもかかわらず)「月見がいる」、、と錯覚したぐらいです。

ランディ君が修行に来て、日生もいつもとちがう面を色々見せてくれました。scissors



2012年9月27日 (木)

ランの修行日記(おともだち)

こんにちは。ランディでつ。

ボクのお散歩は日生ねえちゃんといっしょだけど、
時々、おばしゃんがボクだけをつれていってくれまつ。
1対1の関係もつくらないとね、、って言ってまつけど、なんの事でつかね?
ボクはいつでもマイペースでつよ。


P1070380

ボクはお散歩大好きなので、こわいものはほとんど無いけど、
バスの”ぶぉ~”っていう音とか、びゅんびゅん走る車の音はちょっとこわいでつ。


でも、はじめてのパラシュートチョークにも慣れてスタスタ歩けちゃうでつよ。

P1070384

このあと、歩いて5分ほどのおばしゃんのお友達の家に行ったのでつ。
12歳のゴールデンのクーお兄ちゃんに、最近、弟ができたんでつと。

 

P1070386


名前は「ルーク」って言って、ゴールデンレトリーバの3ヶ月。チビでつね。

でも、ボクはすぐにルーたんと友達になったでつnote

P1070388

大きさは、たいぶんちがうけど、ルーたんは平気だって。

P1070411

P1070413

12歳のクーにいちゃんは、
「ルークは元気すぎてとても付き合ってられない、、」って言うらしいけど、ボクには丁度いいでつ。
コドモはコドモどうしが、いいのでつ。

P1070421

グルグル追いかけっこしたり、、、

ボクはルーたんにあわせてゆっくり走ってあげたでつ。

P1070424

それでも、ぷぷぷ、
止まれないルーたんは、上手く回れずにひっくり返ってたでつよ。

(日生ねえたんとボクの時は、ボクがこけるでつけどね)

P1070426

ロープをひっぱりっこしたり。。。

P1070427

いっしょにお水を飲んだり、、

ボクはお兄ちゃんでつから、優しくしてあげたでつ。scissors

P1070418


P1070428

しばらく遊んだら、ルーたんはおもちゃを抱いたまま寝ちゃったでつ。

ボクもとっても楽しかったでつよ。



ルーたんのおばしゃんは
、「(お願いだから、)また来て~」って。
ボクって人気者でつね。

おうちに帰ったら日生ねえたんが、
「どこ行ってきたのよ、バレてるわよ」ってプンプンannoyしてたでつ。
今度は一緒にいくでつよ。







2012年9月24日 (月)

ランの修行日記(ドライブ)

downwardleft約束どおり、ボクは来たでつ。ランディでつ scissors
おばちゃんは、4文字は長いと言って。ボクのことを”ラン”と呼び待つ。

Img_7410

10日ほどの間に、ボクは日生姉ちゃんと同じ大きさになってたでつ、やっほ~。

  
coldsweats02 coldsweats02(頭の位置は日生より高いかも、、)




 

downwardleft日曜日、車が苦手なボクのために、おじしゃんがドライブ修行に連れてってくれました。

Img_7417

      
車が動きだしたとたんに、よだれがダラ~ダラ~sweat02
おばしゃんは心底おどろいてたでつ。なんじゃこれ~sign03って。
ボクは車がにがてなんでつってば。

       


  
downwardleft日生ねえたんはぜんぜん平気きなんでつと。ふ~ん。

きっとボクはセンサイな王子さまなのでつね。

Img_7418




downwardleft行く道の間ねえたんは、ボクのヨダレの雨にほとほとイヤそうにしてたでつ。
出るものはしかたないでつ。下にいるからかかるんでつ。
決してボクのせいではないでつ。



(ヨダレよけの上着をはおる日生)

 

Img_7422

(10分程度でヨダレは収束、でも、伏せて座ることができず挙動不審)





downwardleft30分ぐらいがまんしてSAってところで休憩したでつ。

    チッコして、、、
Img_7427

   ウマウマを食べたでつ。人と車がいっぱいで、ワンコもいたでつ。

(食べているのは犬のオヤツです)

Img_7436

その後、ボクとおんなじ、コリーさんがたくさんいるところへ着いたでつよ。

      (JCC京都支部展へ見学に)

Img_7450

Img_7451

芝生の公園で、ちょこっとあそんだでつ。

んで、帰り道はヨダレ、出なかったでつよ。なんででつかね。




        downwardleft濡れているのはにわか雨です(笑)

Sbca0004

ねえたんを枕にウトウトしたでつ heart04

        (むっちゃ、迷惑そうな日生が笑える)

帰り道は、またまたSAで休憩したでつ。2回もでつよ。
SAっておいしくて、
いいところでつ。何回でも行きたいでつ。

Img_7469

みんな、ボクをカワイイって言ってくれたでつしね。

Img_7486




ボクはドライブがちょびっとだけ好きになったでつ。

Img_7415




はじめの10分はびっくりするほどのヨダレでしたが、
朝ごはんをリバースすることなく、車中でオヤツもちゃんと食べていました(笑)
帰り道は、窓の外を眺めたりウトウトする余裕??もあったようです。

車酔いは、たった1日では克服できないだろうけど、楽しい記憶が残ればいいな~。




ランディ君、オーナーさんのお引越が終わるまで、
しばらく日生家での修行の日々が続きます。happy01

2012年9月15日 (土)

ランディ君(お散歩編)

オーナーさんのお引越しの間(1週間ぐらい?)お預かりの予定だったランディ君ですが、
なんと引越し時期がずれて、月末に変更にsweat01

それに加えて、
釧路からフェリーで帰ってきた頃から既に疲れが出てたらしいのですが、
お腹の調子が悪くなって下痢Pになっちゃった。crying
色々と環境が変わったのも影響あったのでしょうね。
なんたってランディ君は生後5ヶ月の幼犬ですから。

元気が無いわけではなくて、よく動き回るし表情も良くて楽しげ。。
回復の兆しもでてるのに、なかなか食欲が元通りほどになりません。

、、、というわけで、
引越しの日程も変わったことだしね、一旦、今の京都のお家に戻ることになりました。

月末には再修行に来るかも。

Img_7193

4日間の短い滞在だったけど、楽しかったよ~。shine



Img_7194_7

少ないですけど、お散歩中の写真が少しあるのでまとめてUPしておきますね。

夏バテ気味のランディ君のお散歩は早朝、短めバージョン。

Img_7057

ちゃんと、歩調を合わせて並んで歩けます。
リードを引っ張るでもなく、かなりのおりこうさんですよ。

爪きりや脚裏カット、耳セットもおとなしくさせてくれました。
とっても良い子です。

Img_7104_3

笑顔が可愛いわぁheart01

Img_7099_2

ボール投げは1回だけの限定。

日生は遊べてうれしかったみたいですけど、(もっと遊びたそうだったけど)
ランディ君に合わせて走っていました。
いいトコとこあるねgood

Img_7161_3

Img_7129

何につけても、子供のランディ君には加減して振舞っていた日生。

短い間でしたけど、私も色々気づくことがありました。

Img_7157

体調がなかなか戻らなくて、おばさんはかなり心配したんだよ~。

ゆっくり休んで早く元気になってね。



ランディ君(室内編)

北海道から移動してきたランディ君。日中は暑くて暑くて仕方がない様子。

扇風機とクーラーの下のテレビ前が定位置です。

Img_7217

downwardleftそこになぜか日生も並んで座っています。

Img_7029

downwardleftランディ君、そんなにひっついていたら余計に暑いと思うんですけど。。
(やらせではないんですよ)

Img_7021_3

downwardleftそのうち、この体制で寝てしまいました。ひっついていると安心なのかな?

Img_7022

downwardleftいや、もたれかかりながらも寝てはいないようです。甘えたさんですね。

Img_7018

downwardleftちょっと、困った顔の日生?。でも場所を移動するでもなく座っています。

Img_7046

downwardleftそれとも、日生も引っついているのが心地よい?

Img_7034

downwardleft望遠レンズでよく見たら、、、ランディ君、やはり寝ていませんでした(笑)

Img_7040

downwardleft夕方になると、とたんに活発に。夜行性動物みたいです。
かわいい夜行性動物。

P1070361

downwardleft夜はこんな感じで、もう1頭増えてました(笑)

P1070375_2



(ランディ君が来ると聞いて、滑りにくくなるワックスを1日かけて4度塗り、
庭のフェンスにある小さい穴を修理して回っていた2号でした。
ありがとうね。confident









2012年9月13日 (木)

ランディ君


こんにちは、みなさん。ボクは
ランディでつ。
マザーレイク犬舎の2012キッズ、フジコママの息子でつ。

Img_6964

オーナーのyueねーたんがお部屋を引越しするため、しばらくの間修行にいくことになったでつ。

修行先は、08キッズの日生ねえたん家。

Img_6970

みなさん、どうぞよろしくお願いしまつ。

yueねーたんがいなくて寂しいけど、
お引越しが終わって迎えに来てくれるまで、ボクはがんばるでつよsign01

Img_7006_2

chick chick chick chick chick


、、というわけで、
我が家にしばらくの間「お預かり」になったランディ君が、12日到着しました。

ランディ君のオーナーさんのブログはこちらです⇒「相棒たちとの徒然日記」




この夏、北海道を初めいろんなところにお出かけしたランディ君。
旅の終わりにたどり着いたのは、日生家でした(笑)

実はランディ君、
前日、釧路からフェリーで関西に帰ってきたばっかりで、
あちらは既に気温が20度前後と涼しいらしく、そこで1ヶ月過ごしたあとの、
関西の残暑にちょっと参ってしまいました。
10度以上も温度差があるんですから、人間でも大変ですよね。

P1070328
近づくだけで、こんな感じにゴロ~ンしてくれますheart04


昨日は知らないところにやって来て、疲れもあってか、
「借りてきた猫」になっちゃていましたが、1日ゆっくりして今日はかなり復活。

フジコママのシッカリ者の気性をついでいるのか? catface
はたまた見た目どおりの、おっとりフワフワ王子様なのか?
これからがとっても楽しみです。

P1070331

ランディ君、写真に撮る角度で大人びて見えたり、幼く見えたりしますが、
現在生後5ヶ月にして、体重およそ18キロです。
下の写真でわかるように、体高は日生とほとんど変わらない大きさ。coldsweats01
12キッズの中では今のところ最大級らしいです。

P1070358

夕方涼しくなるころには庭で日生とさっそく走り回ってました。
日生といっぱい遊んでくれるでしょうか?(どうかお願いしますsweat01

P1070343_3

P1070345_2

共に一人っ子同士のこの組み合わせ、
これからどんな毎日を過ごすのか今からとっても楽しみ。
月見がいなくなってから久しぶりの2頭飼いに、私もワクワクですよ。happy02




より以前の記事一覧