« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月25日 (火)

白鳥の湖

湖畔の方へ歩いていくと、、いました、いました。「オオハクチョウ」。lovely

前回、日生を連れてきた時もいたのですが、同じようにここを訪れた友人も出会っていました。
情報を整理すると、3年前、5年前、7年前。。。
白鳥の寿命がどれぐらいなのか知らないんですけど、「同じ白鳥さん」なのか?



今回、疑問が解けました。

13dsc_4983


白鳥さんは1羽ではなかった、、、沢山いたのです。(笑)



ここの白鳥さんは犬がお嫌いのようで(当然でしょうが。。)
でも、逃げないんです。
むしろ「シャーシャー」言いながら近づいて威嚇してきます。



downwardleft突如、上陸してきた巨大な鳥さんにミリヒはビックリsign03

14dsc_4994


しかも、大きい。。。

downwardleftたまらず日生も逃げ腰になってます。coldsweats01


15dsc_4996

ずんずんと上陸してきます。
首を持ち上げて羽を広げるとひなミリより大きい。


downwardleftミリヒ、腰が抜けたか?
日生のひきつった口元が笑えます。(クリックしたら拡大します)


16dsc_5004

白鳥さん達、刺激しちゃってごめんなさい。
売ってた鳥の餌をお詫びにバラマキ、怖がるコリーズを連れて早々に退散しました。

よく見ると、湖には複数羽の白鳥の姿が、、、
そして、犬を追っかけてくる白鳥さんは1羽ではなかったのです。
沢山いたのです。
なぜか思いつきもしませんでした。(笑)

以前、会った白鳥さんと同じだったのかなぁ~?
(白鳥はどれも同じように見えて私には個体識別できません)



downwardleftその後、せっかくなので観光遊覧船に乗ってみました。
(ペダルボートに乗りたかったのですが、犬が大きすぎてムリでした)

28dsc_5128

downwardleftデッキは犬OKです。

22dsc_1199


20dsc_5076




頭上にはさっきの。。。。。(笑)

25dsc_1201

ミリちゃん、初めての船上。
何が見えますか?

18dsc_5062

19dsc_5073


23dsc_5109_2

downwardleft中国?台湾?の団体さんと一緒だったので、ひなミリは記念撮影に大人気。happy01
皆さん犬好きなのか、大型超毛種が珍しいのか? 

24dsc_5095_2



downwardleft誰もいない浜で爆走リフレッシュ。

前半の山場を終え一休みの休日でした。


27dsc_5113



downwardleftそうそう、もうひとつの発見。
「山中湖」、、、ではなくて、「白鳥の湖」だったのですね。(赤い矢印)


26dsc_5096_2


お天気が良くて、船上でも綺麗な富士山がずっと見えていました。


   

         downwardleftミリヒオオハクチョウにあったでつよ。ポチっ。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2014年11月20日 (木)

山中湖 Woof

01dsc_1188

競技会を終えて、さすがにこの距離を直帰する気にもならないだろうと、
山中湖Woofに宿泊予約をしていました。日生は3年ぶり?ミリヒはお初です。lovely


(さて、急がなくては。。なんたってまだ11月4日の記事ですから~)


downwardleftミリちゃん、解放されて、はじける、はじける~。happy01

03dsc_4867

downwardleftうれしいそうです。

04dsc_4852

downwardleftどうぞ、いっぱい楽しんでくださ~い。happy02

05dsc_4859

downwardleftなんたって涼しい(寒い)ですから、日生もご機嫌です。

06dsc_4863

downwardleftミリちゃん、脚が全部浮いちゃってるし、、やりたい放題やな。

07dsc_4864

そう言えば、、、、2週間前にもセミナーでこの地方に来たんだった。coldsweats01


あの時よりも、秋は深まってました。


08dsc_4898

ミリヒは「晴れ女」。

競技会当日も少し前までは雨の予報だったのに、雨降らず。

downwardleftこの日も富士山がきれいでした。


09dsc_4914


downwardleft夜は、ミリヒCDX完成のお祝い&お疲れさま会。

娘たちは鹿肉のワンコメニューを頂きました。catface


02dsc_1194



downwardleft翌日は紅葉が見頃ということで、山中湖湖畔のほうに降りてみました。

なかなか、肉眼でみるようにキレイに写らないのが残念です。
夜はライトアップされてそれも綺麗なんですが、流石に昨夜はバタンキューでしたから。

12dsc_5175

11dsc_5028

この後、例のもの、、に会いに行きますよ。

(つづく、、、ああ、終わらないsweat02




    

       downwardleftずっとここに住みたい、、と申しておりました。ポチ。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

JCC特別審査会2

前記事の続き、日生のUDです。



人から言われて後から気づいたのですが、日生が競技会、(いわゆる本番)に出るのは2年ぶりのことでした。

春から続いたミリヒのトライアル挑戦もあって、ついついミリヒに時間と手間を取られ、
何かしたがる日生に対して、とりあえず満足させるための「ごまかしの練習」しかしない日々が続いてました。

    
0820141103_1155201
  (写真は動画からのキャプチャーした不鮮明なものしかありません。)



7月の長野審査会の時も、出番がない日生は車中待機でしたが、
漏れ聞こえてくる審査員の指示に車内でいちいち反応していたらしいです。

「前進」、「左曲がり」、「停止」、「右曲がり」、、、、「課目終わり」。
拍手。。。

聞こえてくるコマンドに騒ぐ日生を、迷惑になってはいけないので2号は抱いて押さえていたそうです。

なんとも切ない気分です。weep


0920141103_1155202


そんなことがあって、
2012年、思いがけなくBOTBを頂いたものの、内容的に「力づくで通した課目」
をやり直し本部競技会に挑戦しよう、、、と思ったのは夏前のことでした。

ミリヒにCDXを教えながら、日生のUDをやり直す、、私にとっても結構大変なことでした。


1020141103_1155203


やり直したのは、
脚側行進(視符のみ)と、命令によるジャンプ(遠隔指示による移動とジャンプ)です。

(ここからは、訓練競技に興味がない方には退屈な話になるかもしれません)



0720141103_115520

脚側行進はCDPからある課目ですが、
「訓練は脚側に始まり脚側に終わる」と言われるほどの永遠の課題です。

どこの団体の訓練競技でも必ずある課目。
私も含めて皆が「もっと上手くなりたい」と願う課目でもあります。
コリークラブのUDの脚側は視符のみ(声によるコマンド無し)なのでさらに難易度が高いかもしれません。

この課目、日生はそれなりのレベルにあると思ってましたが、
まだまだ改善の余地があったのでもう一度やり直すことにしました。

声によるコマンドが無いので、犬は常に人の動きに集中していなければなりません。
どんな動きの時でも犬の頭がハンドラーの体から20cm以内にあること、、、を目標としました。

どうでしょう?荒い画像ですができていますか?  もう一息かな?(笑)







もう一つは、「命令によるジャンプ」
遠隔操作によって犬を前進させ、右または左に移動させます。

downwardleft前進
1320141103_1155206
                    

downwardleft停止
1420141103_1155207

downwardleft右へ移動                          

1520141103_1155208

downwardleftジャンプ

1620141103_1155209

これと同じ要領で前進から左90度移動と幅跳びを行うのです。

何もターゲット(目標物)のないところを前進させ、できるだけ90度に左右に曲がらせ
目的の位置まで移動させる、、、



ハーディングドッグ(牧羊犬)の特性を考慮した課目なのかな、、と思います。
UDの見せ場なんですが、、、、とにかく難しい。think
私達の苦手課目でした。


長い時間をかけて練習しましたが、直前までどうしても思うように仕上がりませんでした。
競技会の4日程前になって、「何か」、、、をつかんだような気がして
やっと動きがよくなりました。

もう少し時間があれば、、、今から思えばそういう思いもありますが、
本番では、右移動は完璧、左移動は追加のコマンド1つでできたので
(&曲がりましたが、、、)

前回と比べると「想い描く姿」には近くなった、、、、、そう思います。


downwardleft臭覚選別

1220141103_1155205

でも、、、、、

実はその前の「臭覚選別」で日生は3本中の1本を失敗していました。
「臭覚選別」とは13本のダンベル(木・革・金属)の中から
ハンドラーの匂いのついたターゲット1本を取ってくるというものです。

これまでほとんど失敗しなかった課目なので、危機感はなかったのですが、
3本目の金属ダンベルの時、一旦正解のダンベルを咥えたにもかかわらず
思い直して?横にあった不正解のダンベルを持って帰ったのです。



1120141103_1155204

何が原因だったのか?ダンベルの洗浄だったのか?風だったのか?
今でもよくわかりません。
いや、他のことに集中するあまり事前の確認が不足していたのでしょう。
私の責任です。


ともかくこれがー20点となり、日生は残念賞となりました。

この1本で、、、今までの努力はあっけなく吹っ飛んだのです。

downwardleft最終科目、「立ってマテ3分」
ショードッグの意地? パッドひとつ動かしませんでした。

1720141103_120918_2





「臭覚選別」を1本落とした時点で、目標としていたものには届かないことはわかっていたので、競技中にもかかわらずとても残念に思いました。

だけど、その後の、
長い時間かけて練習してきた「命令によるジャンプ」を
(100%完璧ではなかったけれど)ちゃんとやれた事は本当に良かったと思います。




後から動画を確認して、自分の動きがおかしいのにも気づきました。
どうやら、2年ぶりで硬くなっていたのは、日生ではなくて私の方だったようです。


日生は2年前よりも正確にできてたのでいっぱい褒めておきました。
そう、この子はいつもこうやって私の想いについて来てくれるのです。

ごめんね。
まだ「延びしろ」はあると思うから、、、、また挑戦できればいいね。
それまでに私の方が精進しておく。約束するよ。

    

       downwardleftヒナピーがんばったね、、とポチしてね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2014年11月18日 (火)

JCC特別審査会

翌週、11月3日は「JCC特別審査会および訓練競技会」でした。

今年は会場がなんと埼玉県!!
え、埼玉ってどこsign02 どこ?どこ?どこ?と地図を見ると、東京より東やんsign03
行ったことないぐらい東ですが、、行ってきました。happy01
前日夜、足柄SAで宿泊、翌早朝現地入り、、の行程です。


まずはミリヒのCDX2次。

01dsc_4710
        日生のようにも見えますが、これはミリヒの紐なし脚側行進。

長野審査会で1次に合格したものの、各課目に不安定さが残り、
それをどれだけ完成できるかが課題でした。

02dsc_4747

練習でも、何回かに1回は思わぬ動きをする。。。さらには本番でも。
なんかこう、安心できないというか、入りきらないというか。。

もうひとつ上のレベルに行けない、、という感触を持っていました。


04dsc_4752

この日、単独課目において大きなミスはありませんでした。(、、と思う。coldsweats01
正確には、ハンドラーの判断で「余計な体符」はありましたけど、ほんのちょっとです。



ただその後の、「団体座ってマテ3分」で
突風に煽られたネットがバサーっと寄ってきて、キョドってしまったミリヒ。
ああ、まずいな~と思ってたら、しばらくしてその場で伏せてしまい大きな減点となりました。

風上の一番端っこに座ってなかったら違ってたかもしれません。運もあるので仕方のないことです。
それに日生ならば、そういう場合でも持ちこたえたでしょうから。。。
それも実力の内、、、ということなのでしょう。

でも、それ以外は満足のできる内容でした。


05dsc_4760

6月の岡山審査会でもそうでしたが、
丁度、反抗期なお年頃?わかっていてもグダグダしてみる、、なんてこともあって

不安定だったミリヒの動きを直すために、夏以降細かいことを要求してきましたが、
この日はそれにちゃんと応えてくれてたと思います。

この感触をこれからも覚えておこう、この子をもっと信頼しよう、、
そう思えた日でもありました。


06dsc_4818

CDX2次合格。競技会193点sign03(2席)shineshineshine

       THE MOTHER LAKE MIRIHI ISL,C.D.X.


          2014.05.06 奈良審査会 CDP,CD1次
          2014.05.11 京都審査会 CD2次
          2014.07.20 長野審査会 CDX1次
          2014.11.03 特別審査会 CDX2次





昨年12月からはじめて1歳5ヶ月のCDX完成。
できるお母ちゃんと比べられてつらいね、、って思ってたけど、
お母ちゃんより早かったんやね。(生まれ月にもよるけどね)

ショーと並行していたし、いっぱいいっぱいだったでしょう。

おめでとう、ミリちゃん。良く頑張りました。




       (長くなったので日生については、別記事で。confident

    

      downwardleftミリヒがんばったね~で、ポチをくださいね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2014年11月 8日 (土)

JCC岡山展

え~っと、いつだったかな?いつだったかな?
記憶崩壊中の私です。coldsweats01

そうそう、前記事の練習会の翌日sign0126日(日)はJCC山展(後期)に行ってきました。
練習会でめいっぱいサラちゃんとドロンコ遊びしたんですけど、翌日はショーだぁ。。(笑)

展覧会も中盤戦というのに、この秋、ミリヒは2戦目。日生は初出陳でした。

2dsc_4587

ミリヒ、お尻の毛が生えながらトップコートが抜けている、、という変なコンディション。
もともとコートで勝負、、ってタイプじゃないので、いいんだけど。(笑)

このところ訓練モードだったので、表情が固いのが気になりつつも、
とりあえずミリヒスマイルで走れてよかった。



1dsc_4542

並びがシビアだったのでちょっとヒヤヒヤものだったのですが、

BSB(ベストスペシャルビッチ)を頂くことができました。shineshine

ありがとうございました。

1dsc_4689
                          (BSDのライ君と一緒に記念撮影)

ちなみに、勝ち上がりのCH戦は(他に誰もいなかったので)2号がハンドリング。
すっかり集中力が切れちゃったミリヒはグネグネモードに突入して
2号を手こずらせていました。coldsweats01

このあたり、まだまだ修行が足りません。

Img_20141026_155947



一方、久しぶりの日生ですが、こちらは「自分の出番があったこと」に大満足。

かなり暑かったのですがご機嫌さんで走りました。



5dsc_4652


JCCの審査時間はちょっと長め、、と言われます。対してJKCは短めかな。

でも私的には、長ければ長いほどうれしい。
2、3分で決まってしまうような短い審査では、ミスは致命的になって取り返すことができないけど、
ある程度の時間がある場合は
入りばなで失敗しても挽回のチャンスはある、、と思うから。


(短い時間でも決められるようにならないといけないんですが、、sweat02


6dsc_4671

それに、ちょっとでも長く日生とリングにいられることがうれしいから。

審査員さんはじめ沢山の人にいっぱい見てもらいたい。
だから、暑くってもいくらでも走りますよ。(笑)


この日は健闘しましたが、残念賞。
グランド戦は難しい。。。

でも、また次で頑張りましょう。


81546456_387141034776158_8976672600
                 (綺麗なお写真、Sさんから頂きました。ありがとうございますhappy01



もうひとつ嬉しいことが、、、
今月号のコリーファンシーの「2014年前期最多賞」に日生の名前を発見。。。heart04


Dsc_1213

あくまでも前期、、なので(後期はあまり出す機会がないことを思えば、)
年間集計では消えちゃうんでしょうけど、、

こんなところに「ウチの子」の名前が載ることがあるなんてね。catface
夢にも思ってなかったからひとりニソニソしています。

    

         downwardleftミリちゃん、おめでとう~のポチしてね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »