« 祝☆ 1歳。 | トップページ | 1歳のお便り(レオ君スカイ君) »

2014年5月16日 (金)

『母犬の日々』

ひなコロ達1歳の誕生日を前に、写真を整理していたところ当然ながら日生の写真も大量にあって、
(とにかく大量なので絞りきれずですが。。)
記録に残るようにお気に入りのものだけでもまとめてUPしたいと思います。


題して、「母の日」ならぬ、『母犬の日々』。


downwardleftご懐妊確定、、のお祝い頃。何ヶ月もヤキモキしたあとの吉報でした。
01img_1286

downwardleftツチノコ日生。

03dsc_0468


downwardleft予定日ごろ。出産場所を探したり穴を掘ったりの行動が目立つように。
場所がきまって安心?

03dsc_0544



downwardleft出産直後。とろ~んとした顔をしています。
疲れているでしょうに出産を終えた母犬は皆、良い表情をするそうです。

04dsc_0556



downwardleft1週間~10日目ほど。保育箱から片時も離れない日生。

離れないのは生まれたての仔犬がそれだけ不安定な状態だからだと思います。
体温調整も自力ではできず常に母親の庇護が必要な時期だから離れられない。
(実際は人間が管理しているんですけど)
新生児期の死亡率は高いと聞きます。私も一番緊張した頃です。

そのうちトイレ散歩など短時間なら離れるようになった日生を見て
安定してきたのだと思えるようになりました。


05dsc_0675



downwardleft母乳が少なかったのでカテーテルである程度の量を哺乳してから抱かせてたのですが
箱から出すと、早く渡して欲しいと必死です。

なんていうか、、この目つきが通常と違います。(笑)

06p1070763

downwardleftボケボケですが、とても嬉しそう。

07p1070764

downwardleft仔犬がおっぱいにつくと、母犬は自動的に眠くなるらしいです。
ちゃんと静かに授乳できるようにです。上手く出来てるなぁ、、と感心。

母犬はウトウト、仔犬は満腹になって眠り、しばし静かな時間が訪れます。
    
                           (、、、が人間は寝れません)

09dsc_0886


downwardleft仔犬の世話している日生は、とにかく幸せそうなんですが
同時に恍惚、、というか、執着というか、、初めて見る日生でした。

これも、目つきが怪しい、、(笑)

11dsc_0651

12dsc_1478


downwardleft手前の子のお世話もしたいし、あっちの子も気になる。。

10dsc_1507

とっかえ引っ変え、ずっとこんな調子です。

           (バラすと、あまり下のお世話上手じゃなかったけど。)

13dsc_1338

14dsc_1347

downwardleftお母さん大好き。

15dsc_1356

downwardleft離乳食を開始したころと思います。

16dsc_2409

downwardleftそろそろ乳歯が生えてきて痛いのを我慢しつつも、また眠くなっている日生。

Dsc_2179

いらぬ一言だと思いますが、
生後30日ぐらい、、こんな時期に母犬から仔犬を離すのは残酷に思えます。


17dsc_2132


20dsc_3263

downwardleftフードを食べるようになってるのに、まだお乳をねだる子犬達。

獲物に群がるライオンの子供、、みたいですが。。(笑)

21dsc_3481

downwardleftもう母乳は出ないのに求めに応じて横になる日生。
そして、この満足そうな表情。

22dsc_3473



downwardleft大きくなってくると、遊び相手に。

自分もかなり楽しんでいるようでしたが、他の犬と遊ぶときのような興奮の色はなく
いつも見守りの表情をしていました。


24dsc_4398


18dsc_2995


19dsc_3011


26dsc_4170



downwardleftこれは、アレックス君のお迎えの日の様子です。

アレックス君に手を伸ばした新しいオーナーさんに、日生が警戒の表情を見せています。
(以前近所にお住まいで日生は知っている人なのですが)

27dsc_4097

28dsc_3387

当時のブログにも書きましたが、
巣立った我が子を探す日生の様子を見るのは辛かったです。
庭に置き去りになってるに違いないと玄関で待ち続け、残った仔犬達から目を離さなくなりました。

30dsc_4550 31dsc_4556

32dsc_4848

やがて、残ったミリヒに全ての愛情を注ぐことで落ち着いたようです。

33dsc_4869

母犬としての行動は、愛情とか親子の絆、、などというものよりも、
あくまでも埋もれていた本能にスイッチが入って、
それが見事に日生を動かした。。。私的にはそういう印象です。

遺伝子に書き込まれたプログラム。


34dsc_4871

だけど想像していたよりもずっとずっと、母親らしく愛情豊かな姿を見せて私達を驚かせました。
日生の中にこんな部分もあったのかと。

子育てしている間の日生は毎日が本当に幸せそうで、
この間2か月、いえ4ヶ月間。日生と私達にとって素晴らしい日々でした。

期待と不安と、期待と不安。不安と喜び、不安と期待と、喜びと喜び。。。。

一生忘れられない想い出です。



ただ、、、仔犬はこの上なく可愛いくその存在は素晴らしいものですが
期待していたようなことにならなくても、あるいは想像もしなかったことが起きても
自分の決断に最後はちゃんと責任を持つ、という覚悟を決めて事を始めるまでは
長い間悩んだのです。

この世に命を生み出す責任はとても重いものですから。




35dsc_4876

先日、1歳の誕生日を迎えたひなコロ達。

愛情いっぱいに可愛がられ、それぞれの家庭で幸せに過ごしている様子をお知らせ頂きました。
感謝の気持ちと共に、日生や仔犬達に対してやっと責任が果たせたかと
少し肩の荷が軽くなった思いです。



36dsc_7232





    

   

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

« 祝☆ 1歳。 | トップページ | 1歳のお便り(レオ君スカイ君) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝☆ 1歳。 | トップページ | 1歳のお便り(レオ君スカイ君) »