« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月19日 (木)

ミリヒのミミ

生後7か月を過ぎたミリヒさん。お耳の出来具合が気になります。

結びを解いてみるとこんな感じ。(顔に垂れているのは寄せのリボン。confident)

どんなもんでっしゃろ??

1dsc_0189

横から見るとこんな具合。。。

2dsc_0185

ちょっと上向いても、折れています。ヨシヨシ。。。。(^_^)ノ

3dsc_0181



下を向いたらこんな感じ。。。

今はちょっと折れすぎに見えても、
耳自体が、もう少し大きくなるはずだから、、、これぐらいでいいか??

        (なんだか不安気で読んでる方が不安になったりして?)



4dsc_0167


耳の大きさが成犬に近くなってくるこの頃、

左右の耳の折れ具合が同じかどうか?
(耳だって左右で硬さが違ってたりするので、同じように折っていてもちがってくる)

折れた耳の先が内側に向いていたり外側に向いていないか?

とっても気になります。





こちらは最近の日生の耳。

年齢と共に、なぜか知らないけど耳も立ち気味になりますね。

この頃は日常、緊張感がないと上の写真のように開き気味になってるけど、(笑)
リングではシャキっとするのか耳寄せに苦労したことはない。
ひなちゃんの孝行なところ。heart01


1img_0490_original


耳セットは
大体6、7ヶ月ごろで「寄せ」は固まってきて「折」だけでよくなる、、と聞いたのですが、

確か、日生は耳が大きめ?なので8か月まで寄せてて、折は10ヶ月まではやってた記憶があります。

その子によって、耳のカタチや大きさ、薄いか厚いかとかで違ってると思うので
(中にはセットしなくても立ち上がらない子もいるそう)
いつまでしないといけないか?は様子を見ながら、、がいい気がします。





案の定、ミリヒの耳はセットを外して2日程置くと寄せが甘くなってる感じが。。。

正面から見たときは
目からまっすぐ上がったライン上に耳の折れ先が来る感じが理想。
横からは、、、JCCのロゴみたいな感じにしたいなぁ、、、と。

なので、もうしばらく寄せも継続しようと思います。
小さい頃は両耳があたるぐらいまで寄せてましたが、これからは指2本ぐらい開けて。


5dsc_0164

他のひなコロ達のオーナー様も、セットの付け替えの時に様子を調整してみてくださいね。

私も(完璧な耳に仕上げる自信など全くありませんが、)
生後40日から続けてきた耳セット、最後の仕上げと思って頑張りますよ。
綺麗な耳になぁれ、、ってオマジナイを唱えながら。


ま、実際は、
頑張っても、寄らない時は寄らないし立つときは立つらしいんですけどね。(涙)







さて、家にある67cmのサークルから脱走する癖のついたミリヒさん。

先日のショーでも抜け出し、走り回り、まわりの方に迷惑をかけちゃいました。

なので、とうとう107cmを購入。(安かった)


6dsc_02051

イヒヒ、これだったら出られまい。catface

、、っていうか、コリーの場合
45cmでも100cmでも出ようとするかどうかの問題でしょうな。

(これでも引き倒すようなら、ワイヤーリードで係留するよっ、、と脅しています)




ついでに??中で大人しくする練習しました。
日生もとばっちりでお付き合いです。


7dsc_0206

    

       



         

         downwardleft今日もありがとう。最後にポチを~。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年12月11日 (水)

ミリヒの訓練

ミリヒは最近とっても悪いです。gawk

わ~るいミリヒを見ていたら、(元白い悪魔の)日生が天使に見えるほど。

3dsc_0139
                            (前:ミリヒ 後:サラちゃん)

日生よりとっつきが慎重なところが見られるので、
ちょっと大人しいタイプかな?と思っていましたが、(やっぱり)そうじゃなかったかも。coldsweats01
例えば、最近のマイブームは椅子の脚のカバーを外すこと。
ちょっと前は庭の穴掘りでした。その前は植木かじり。その前はプラ鉢かじり。

60cmのサークルから脱走し、リードは3本を噛み切りました。
呼び戻しが以前より甘くなり、叱られると思ったら距離を取るようにもなりました。

1dsc_0136
     (ジェシカ、ミリヒ、サラ。セーブルは多分、アロハ、アルフィーの母と息子
訂正:みとちゃんとアルフィー君だそうです。失礼しました。セーブルの区別がつかない私。


もうすぐ7ヶ月になるミリヒは、グングン成長して年内には日生と体高が並びそう。
「大きくなったねぇ」ってお散歩で会う人みんなに言われます。

もちろん見た目だけでなく中身(感覚器官)も発達中。
2D(平面)だった視覚は3D(立体)に、
視覚に頼っていた行動は嗅覚も使うようになりました。
聴覚だって指向性が出てきたようです。

だから、飛ぶ鳥を追いかけたり、空中に投げたボールをキャッチしたり、
庭ではセキュリティを始め、散歩では他の犬のマーキングに執着し、
歩くときに前に出ることが多くなり、呼び戻しが以前より効かなくなる、、etc.

これらは今までわからなかったことが感じられるようになって、
外界の刺激によく反応するようになった、
ミリヒの世界が以前より広がった、、ということにすぎません。
精神的にも自我が出てきたというか、、
何もわからない子犬時代とは違ってきたのだと思います。
ちょっと困った行動もあるのですが、順調に発達している証拠でしょう。

要はここからどうするか、、です。


2dsc_0137

ミリヒの場合の最大の理由は、多分、「暇だから」。

成長する身体は運動を求めていますが、
それど同時に知能は沢山の刺激を求めている、、そういうふうに思います。
経験した方もいらっしゃると思いますが、頭を使うと犬は短時間で疲れてよく寝るんですよ。
頭も刺激を欲しがってるのではないかなぁ、、と思う理由の一つです。

昔は訓練なんて可哀想、、と言われることもありました。
何もしなくても良い子には違いないです。他所様には迷惑をかけません。
でも、わたし的には、
日生との経験から、(暇なのに)何もさせないでいることも可哀想なことでは?と思います。

一緒にできること、、というのが前提ですが、
アジでも訓練でもショーでも、羊追いでも(笑)何でもいいんですよ。
やることを与えられれば。


4dsc_0145


これまでは日常のことぐらいしか教えていません。
巷のしつけ教室のジュニアクラスは4、5ヶ月ぐらいからだそうです。
(そのぐらいになると、人間の言葉に反応するようになってくるのでしょうね。)

JCCの課目は区切りが長いので集中力が必要なのと、
あんまり早くてもどうかな?という気持ちで
それと私の怠慢もあって、これまでミリヒは放置されていました(笑)。

5dsc_0146
        (ジェッチを追いかけているのは、日生ではなくてミリヒ。)

結構、「自分で勝手に考えるコリー」なところがある曲者ミリヒさん。
ハイパー気味だった日生とはまた違った性格なんですが、
そろそろ始める時がきたのかもしれません。
そう言えば日生が始めたのも生後8ヶ月でした。

とはいっても12月は気分的に忙しいから、年が明けてからでしょうね。scissors




     downwardleft 係留用ワイヤーリードが恥ずかしくて買えない私に、ポチをね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年12月 7日 (土)

You and I on the RING

ミリヒは子供らしく動きが多い、そして日々変わりゆく姿を残さなければと、
カメラを手にすることはあるけれど。。。。
最近、日生の写真が少ないことが気になっていた。

24日のJCC和歌山展で沢山の綺麗な写真を頂いたので、それをちゃんとUPして
そして、ショーのことも少し。

010y4a4447

犬の一生の内、いちばん綺麗な時期はいつだろう?
個体差があるだろうけど、牝の場合、3歳ぐらいが一番良いと聞いたことあるけど。。。

5歳になった日生は、若い頃の初々しさは無くなったけど、3歳の時より綺麗に見える。

020y4a4450

10img_1811_original_35月の出産から子育て期間中、、
日生はとにかく毎日幸せそうにしていた。

でも、夏の間中動かずにいたら筋力が落ちてしまったようで、涼しくなっても以前のようには全く走れない。
表情ものんびりしてて、とにかく覇気がない。
まるで別の犬になったかのよう。

幸せならそれでいいけど、、。

余りの落ち着き様に、どこか身体に悪いところがあるのではないか?と心配になるぐらいだった。

このまま落ち着いてしまうのか?

11月になり秋季展は終盤へ。
コートはまだ中途半端だけど、リハビリを兼ねて
ラスト3戦にエントリーすることにした。





1戦目の大阪展は幸運にもグループをもらえたものの、(それはとても嬉しかったけど)
「ちょっとは感覚、取り戻せたぁ~??」ってな微妙な感じ。(笑)

走っていて重いし、速さを出そうとすると跳んでしまう。


09img_1791_original

2戦目の和歌山展。さて。。。

19dsc_9001_2

いつも後で写真でチェックするのだが、走ってる時の日生は、こんな顔だった。(笑)

11img_1798_original

12img_1799_original_2

日生がショーを好きかどうかは聞いてみないとわからないけど、
こういう表情を見ると、一緒に走るのを楽しんでくれてるんじゃないか?、、と思ったりする。


13img_1781_original

そして、こういう時は軽くて、本当に気持ちよく走れる。

030y4a4383

調子に乗ってくると、スライドが延びて前へ、前へ。


040y4a4384

『気持ちよく走れた』、、ってよく聞くけど、
それってどんな感じなのか?人それぞれなんかな?同じなんかなぁ?


060y4a4389

未熟な私よりも、もっと上手に日生の良いところを引き出してくれる人はいると思う。
でも、この楽しみを放棄するのは勿体ない。

だから、(日生には悪いけど)日生のハンドラーは私だけと決めている。



070y4a4390


この日は、ピックアップには残ったものの、そこまで。


08dsc_8996

ショーでも訓練でも、
私はその時の自分の力を出し切りたい、、と願っている。

頑張ろうたって、いきなりプロハンのようにできるわけでもなく、
ベテランのようにお手入れ上手になれるわけでもない。
だから、その時の自分の力、、という条件をつけておく。
練習して準備して
その時できることを精一杯できたなら、それでいいじゃないか。

考えていたことが出来た時は、残念賞でも不思議と満足感はある。
       (もちろん時には結果も欲しいけれど。)


14dsc_8990





走っている写真は、他人にはどれも同じ様なものに見える、、と思う。
でも、ひとコマひとコマが私にとっては異なる大事な瞬間。

160y4a4400

ショーの時の写真はどれを見てもいつのことか、きちんと思い出せる。
その時の日生と私が何を思い、何に取り組んでいたかも。

だけど、、、
日生の成長に比べて私の進歩が遅すぎて、日生には間に合わないかもしれないと思うと寂しくなる。


170y4a4401


You and I  on the RING


10y4a4402_1

いつまでこうして走れるのかわからない。

どこかに終わりがあるのも知ってるけど、それはきっとまだ先のことだ。







彼女の気持ちがどこで切り替わったのかは知らないが、
日生はこの2戦で、以前の日生に戻った。


150y4a4453

2013年12月 4日 (水)

JCC和歌山支部コリシェルの会

日曜日はJCC和歌山支部のオフ会に参加してきました。

こ~んなに沢山のお友達が和歌山県片男波公園に集合。
お天気も写真のとおり、とっても良かったです。


02dsc_9067

実は、ワタクシこの手の会に参加するのは初めて。
お里のオフ会とはまた違った感じで楽しみにしておりました。


それにこの子達も来るってわかってたし。。

左、サラちゃん。右、レオ君。この二人は巣立ち以来の再会。happy01
01dsc_9012_2



この、コリー団子は、あらし君、レオ君、ミリヒ、サラちゃん、日生。

「THE MOTHER LAKE」コリーがこんなところに集結~sign01

15_017_original

午前中は愛犬と楽しむゲームでした。

28dsc_9249_2

27dsc_9184_2

この他にも、千里の練習会メンバー多数参加です。

    ここは和歌山県。ホームから120キロも離れてるんですけど?
    ハハハ、皆さん段々と行動範囲が広がってきているようです。bleah




我がCチームは6頭の中にレオ君、サラちゃん、ミリヒの6ヶ月齢の3頭プラス
あらし君(1歳半)、2歳のラブの女の子、シェルティの女の子。
平均年齢が他よりぐっと低いチビチビチームでした。

リレーゲームでは。。。
元気良さは負けてないけど、、

03dsc_9098

バトンタッチの時にイチイチからむ。

    「やっほ~ミリヒ~」 (レオ)

04dsc_9103

イチイチ、からむ。

    「ねぇねぇ、遊ぶよね?」 (サラ)

05dsc_9114

真面目に取り組む、お兄ちゃんお姉ちゃんの頑張りにもかかわらず、
不本意にも優勝ならずでした。(ほんとはべった)

06dsc_9145


こちらは、おみくじ拾いに出撃するチームC。
元気、元気、それいけ~、、えっと、飼い主と綱引きしてるんじゃないですからね。

17_215_original_1


午後からは、しつけ教室とお手入れレッスンに分かれてそれぞれ楽しみました。

しつけ教室に参加中のレオ君。お勉強になったかな?
なぜがショーステイになってます。(笑)

13dsc_9265

お手入れレッスンでは、サラちゃんもカットしてもらってました。
子供なので切るところがあまりないのですが(笑)スッキリでした。

そして、、、簡単なお手入れ、、のはずが、、
ナミちゃん、、なんと本格ショーグルーミングshineshine

そちらの様子は(出したいけど)、ナミちゃんのブログUPを乞うご期待sign03

     ===>「エヘン、エヘン、かしこ。」




その後は、模擬?マッチショー。


初めてのミリヒは「触審」にドン引きでした。(笑)

10dsc_9357

それでも、ラッタッタ~と楽しく走りましたよ。

12dsc_9362


コリー、シェルティ、牡・牝、、入り乱れ。

現役ショードッグ、訓練系、癒し系、、み~んな並びました。(笑)

               

18_245_original

考えてみれば、コリーシェルティのオーナーでありながら、
普段は一同に集まることがほとんどありません。
これを機に新しい交流ができるかもしれませんね。

楽しい1日をセッティングしてくださった、和歌山支部の皆さんに感謝です。

20dsc_9370



「私の出番はいつ来るの!」

2週続けての和歌山に、今回もショーだとやる気満々だった日生。
「もっとおやつをよこしなさい」と鼻をふくらませて文句を垂れるのでありました。
          


14dsc_9161001_2



   

        downwardleft楽しかったよ~~のミリヒにポチをね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »