« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

ブルーシート&ミリヒ。

ブルーシート。。。
ショーの時、パドックの床に(汚れ防止のため)敷くんですが、
何回に1回は洗う必要があります。
大物なのでタダでさえ洗いにくい。。。のに、こんなのがいたら。。。。gawk


結局、手を止めて付き合ってしまう。

夏ではありませんからね。今週の話しですよ。   寒いわ。

 
  



  ※ 注意 音が出ます。


母よりはちょっとおとなしめの性格かしら?、、とこれまでは思っていたけど、
ミリヒ、あなたも、母の性質を受け継いでるのね。。。。coldsweats01

ま、私の望み通りですけど。
  



  

          
            downwardleft 「お疲れ様~」のポチください。

              にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                          にほんブログ村

2013年11月28日 (木)

11月のお便り

前記事のとおり、11月14日でひなコロ達6頭は生後6ヶ月を迎えました。

元気でスクスク。。何より嬉しいお便りです。


Dsc00066

オルベリことオーちゃん。

かわいいでしょ~lovely。美人さんになってきましたね。



Dsc00065

********

オーちゃんは体重14.4キロになりました。もうすぐ6ヶ月、早いです。
お散歩も大分慣れてきて、トイレもする様になってきました。
最近まで、外ではしないで帰ってからだったので時間がかかりました。 
走らせたりできる所を探しながら散歩していたら、丁度良い地道の駐車場がありました。
早速、トレーニングリードをつけて遊ばせています。
近くをバイクや自動車、自転車が通るのですが安心して、おもちゃを投げて遊んでいます。

散歩中は、同じ様にワンチャンを連れているや、走っている人、に出会う事が多いので、 急な行動に出ない様に、おやつを持ってポケットにてを入れると、目はポケットに夢中で
無視して引っ張らないで私の顔を見ながらついています。可愛いです。

5ヶ月の時に近所の人がオーちゃんの写真を撮ってくれました。
今の内に写真を撮っておかないと、1歳になると何歳でも変わらない同じ様ですものね。
また、良いところが撮れたら送りますね。

********

お兄ちゃんのシェルティ君より、いっぱい遊んでくれるお母さんにベッタリ、
甘えたさんだそうです。

はい、いつでもお写真大歓迎です。よろしくお願いします。

奈良方面でミリヒと一緒に遊べるような場所がないか物色中。
良いところをご存知の方がいらっしゃれば教えてくださいね~。




そして、こちらは。。。。

アレックス君。6ヶ月になる少し前のお写真です。
アレックス君のお家にはラブのパズー兄ちゃんと同い年のリリーお姉ちゃん(シャム猫?)がいます。
マイペースのお姉ちゃん、パッちゃんとは仲良し姉弟のように過ごしてきましたが、
アレックス君とは「ハイテンションのお子様、ノーサンキュー。」

2

それが、、、こうして遊べる??ようになったそうです。
少し大人になったアレックス君、リリーお姉ちゃんを敬う気持ちが出てきたの?(笑)

そっと、神妙にお鼻タッチされている様子は微笑ましいですね。happy01

1


アレックス君の体格は、
先日会ったレオ君よりほんの少し体高が高いぐらいだと思います。
運動量が多いのか、見た目ほどの体重はなくレオ君と同じぐらいかな。

うちにいた頃はアレックス君とスカイ君が大きく、レオ君は少し小柄でしたが、
男の子はあまり変わらなくなってきました。




そして、こちらはサラちゃん。

6ヶ月時で13.6kg。
とうとうイングリッシュコッカのデュークお兄ちゃんを400g越したそうです。
体高や体長はとっくの昔に抜かしていたでしょうけどね。

大女?のミリヒに比べたら小柄ですが、骨格構成は日生とよく似ています。
日生と同じぐらいか少し小さめぐらい、、になるのかなぁ。。
でも、動きが多く元気一杯な性格ですよ。

2_2

こうやって、お兄ちゃんとのツーショットも。。。

サラちゃん、お兄ちゃんを敬って妹と認めてもらえるように??。。。良かったね。happy01


Photo

こうやって皆が元気に大きくなってる様子が見れて本当にうれしいです。

お写真からは、先住犬や先住猫さんに認められ、幸せにしている様子がわかります。

また、お便りいただけること楽しみにしていますね。


1dsc_8904


ミリヒ?6ヶ月時で18.8キロでした。それでも触ると細いです。
運動量はまずまず多め、なかなか太りません。

体高はもうすぐ日生に追いつきそうです。

どんだけ大きいねん~~。coldsweats01

2dsc_8936

体重オーバー気味の日生より、走るのが速くなりました。

おてんば街道まっしぐらです。coldsweats01


    

       downwardleft生後6ヶ月をすぎ、大きくなったひなコロ達にポチしてね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年11月27日 (水)

MLオフ会(ひなコロ編)

実は私、お里のオフ会の2、3日前からドキドキして眠れなくなっておりました。
天気予報とにらめっこし、「晴れろ~」の舞を踊り。。。

この子達が来てくれることになってたので、、、。



downwardleftひなコロ内、唯一のブルーの男の子、スカイ君。heart04  (幼少名ヒナオ君)

14dsc_8517

お顔がコリーっぽくなって、カッコよくなってるけど、
何もかも「そのまま」~~。catface   (←私にはそう見える)
かわいすぎる。。lovely





downwardleftそして、、、この子。heart04

02dsc_0109

   レオで~~つっ。 happy01    (幼少名ブレア君)

03dsc_8514

いつも、元気一杯、ニコニコ顔のレオ君。
後からランに入った私たちをすぐに見つけてくれました。
一段と男前になったねぇ~。happy01

06dsc_8467

レオ君はお盆の間、里帰りしてくれてたのでわかりやすかったのかな。

他にも同じような年頃のパピーは沢山いたのですけど
前半はこの3頭で遊ぶ遊ぶ。。。家でしていたように団子になってましたよ。
耳まわりから背中の毛が3頭ともヨレヨレになりましたけど。coldsweats01


08dsc_8472

日生はもともと仔犬が好きな方だったのですけど、
出産後、自分の子以外のパピーへの興味が薄れた気がします。
散歩で出会っても興味を示さなくなりました。
自分の子、、ができたからなんでしょうか?  想像ですが。。。。

05dsc_8462

downwardleft真ん中は、ひなコロ達の叔父さん(日生の兄)のエルモ君。

04dsc_8456


今日も元気一杯のレオ君。

思えば、他のひなコロが遊び疲れて寝ていても、一人動き回っている子でした。
人も犬も大好きで、愛想が良すぎる程良い(笑)のも変わってないようです。

この日もすべての人間、犬に挨拶して回ってたんじゃないでしょうか?
のびのび育ててもらってる様子がうかがえます。


downwardleft息子に絡むのにムキになるのはオトナ気ないのではないか?
 日生の4脚とも宙に浮いてます(笑)
07dsc_8468

downwardleftレオ君相手にミリヒもやりたい放題だったよう。。。すみません。(^_^;)

08dsc_8472_2



その頃、スカイ君は。。。。

どうやら初めてのドッグラン、初めての大量のコリーの群れに、
はじめはびっくりしてオーナーさんの後方に隠れていたらしいです。

でも、もともと明るい性格のスカイ君、しばらくすると慣れて、、
同時にスカイ君に気づいたミリヒ、日生につかまります(笑)
7月末の巣立ち以来の再会。お互いすぐにわかったようですよ。scissors


downwardleft右から、スカイ君、ミリヒ、セーブルは多分クッキーお兄ちゃん。
Iさん、スカイ君に会わせてくださってありがとうございます。
クッキー君は車が苦手なのに頑張って来てくれました。

ミリヒ、スカイ君に何を言ってるのでしょうか?
13dsc_8515

downwardleftこの写真、ミリヒの追いかける先にはスカイ君がいます。
ミリヒの顔の右側は黒が多いです。

11dsc_8797

downwardleftそしてこれは、、、、、

しっぽが黒いのでスカイ君なんです。似てるでしょう?
右側の脚だけ見えているのが多分ミリヒですね。

12dsc_8534

上がスカイ君、転がってるのがミリヒ。見守る日生。
楽しそうに遊んでいました。

15dsc_8532



17dsc_8543

downwardleftミリヒ、カブられる側でも、とっても嬉しそう。

18dsc_8552

downwardleft日生も加わってガウガウ遊びです。
団子になってるからこんなアングルの写真ばっかりでした。

16dsc_8533

私は、時々放浪しているスカイ君を捕まえて、抱っこしたり。。。

日生やミリヒのことは記憶にあるみたいですが、私のことはあまり覚えていないようでした。
でも、妙に馴れ馴れしいオバさんを「ダレ!?」って思いなからも、
おとなしく抱かせてくれました。ありがとう。

生後ちょっとしたころに、
日生の発熱のためにひなコロ達はカテーテルで哺乳をする必要があったのですが、
ミルクは大好きなのにカテーテルが嫌いだったスカイ君。(誰もが嫌いでしょうね)
管を挿入したものの頑固に”イッ”bearing、、ってお口を閉じて管を塞いで、
そのまま気づかずピストンを押すと注射器の根元側から管がすっぽ抜けて、
あたり一面ミルクだらけに、、、
ということが何度もあったことが思い出されます。

上目づかいになるとちょっと頑固そうな、、でも可愛い目は変わらずでした。
抱っこしながら、変わらぬその表情に一人ウルウルしていた私でした。
ちょっと前のことなのに随分遠い昔の事に感じます。

今ではすでに20キロ超。りっぱに育ててもらいました。


downwardleft集合写真。日生、ミリヒ、スカイ君、レオ君。セーブルは3L家のリーフ君。
写真は日生の母、ひなコロ達の祖母、パーちゃん。


19dsc_8664

こうやってみると、親子はやはりよく似ています。




前回のお里のオフ会は3月にあったのですが、
丁度日生の受胎がわかった頃だったので大事を取って不参加でした。
秋になって涼しくなったら、仔犬を見せにこの場所に来るからと、パーちゃんに約束して。

オフ会のあった11月14日はひなコロ達の丁度生後6ヶ月の記念の日でもありました。
3月にはタマゴだったこの子達が、無事この世に生を受けて、
そのうち3頭の子と日生と共にこの場所を訪れることができました。

パーちゃんに会わせる約束はもう叶わくなくなってしまったけど、
この日はきっと見ていてくれたと、、、そう思います。

日生、頑張ったわね。。。って言ってくれてるでしょう。

01dsc_8669

    

       









        downwardleft今日も最後まで読んでくれてありがとう。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年11月22日 (金)

MLオフ会(わらわら編)

日生のお里のオフ会が11月14日に愛知県で行われました。happy01

今週に入って風邪をひいている間に、もう1週間も前になっちゃったよ~。coldsweats02
慌ててUPを試みるも、、、。ええい、怒涛のUPと行きましょう。
(風邪薬のせいで思考力も低下気味。。)


まずは、いきなりですが集合写真の様子からどうぞ。


この日集まったのは、
22家族大人34名子供1名、ワンコはコリー35頭、シェルティー3頭、Mダックス2頭、ゴールデンR1頭の総勢41頭!!、、だったそうです。


downwardleftまず後列に動いちゃう可能性のある子達をつなぎ、その前に動かない子を並べます。
順番まちの犬と人間達。

01dsc_8560_3

downwardleft広角レンズでないと全員を1枚に収めることができません。

次回は、、どうしましょう?
ひな壇みたいなのがあればいいのかしら。それとも3列に挑戦?。

08dsc_8573_2

downwardleft茶色い皆さんを拡大。
ミリシュちゃん、ラムちゃんはわかりますが今年のパピ子たちはもう区別がつきません。

ブルーは模様が違うし、トライもお顔を見ればかなり見分けが付く私ですが、
セーブルとなるとお手上げ。。。
(セーブルのオーナーさんによると、逆にブルーやトライは見分けられないそうですけどね)


03dsc_8605_2

お里のママさんはちゃんと判別できることがスゴイです。
子犬が巣立つまでは、およそ60日。お顔などの個性がはっきりしてくるのは30日過ぎてからです。
ここ3年でも50頭ものパピーでしょうに、、、、名前とお顔が分かるなんてスゴすぎです。


04dsc_8614_2


とは言うものの、
セーブルの皆さんも、名前はわからなくても、ちゃんと見るチャンスがあれば、
お母さんが誰なのか私にでも想像つく気がします。
MOAちゃんの娘はやはりMOAちゃんの目をしてますし、フジコちゃんの息子もそうでした。


downwardleft右方向。。。

06dsc_8600_2

downwardleft左方向。。。左側に比べて密度が低いのは意味はないのかなぁ!?(笑)

09dsc_8606_2


downwardleftセンターは、一族の長、ヴィーちゃん。

05dsc_8583_2

downwardleftアレックスおじさんと日生、ミリヒ。

07dsc_8589_2


そういう私だってひなコロ達の顔は、
例え彼らがシニアになってもわかると思うのです、たぶん。

100頭の中からでも。

ま、6頭ですからね(笑)






さて、ここからは、とりとめのないスナップです。
当日の楽しい雰囲気が伝わればいいな~。

偏っていてゴメンナサイ。
カメラを2号に任せていたので、目の前にきた子を撮ってたのだと思われます。


downwardleftミリヒと、、、クッキー君?あらし君?抱っこされ脚ブラなのは多分スカイ君ですね(笑)

クッキー君はひなコロのスカイ君のお兄ちゃん、
あらし君は同じくひなコロのレオ君のお兄ちゃんです。
この二人は血統的には違うのですが偶然にもよく似てたと思います。

10dsc_8459_2



downwardleftミリヒ、エルモ君、レオ君。
エルモ君は日生の同胎なので、ミリヒ、レオ君にとっては叔父さんです。
ひなコロと沢山あそんでくれました。

22dsc_8456_2

29dsc_8784_2



downwardleftヴィっちゃん。

12dsc_8499_2

downwardleftピーたん。

13dsc_8505_2

downwardleftリーフ君。。。ちょっと眠そうなお目目はお写真通りでラブリー。heart04

15dsc_0110_2


downwardleftマロちゃん。

アレックスおじさんとパパが同じなんですって。
コリーの世界は狭いので、アチコチに繋がりがあり到底覚えられません。

17dsc_8510_2

downwardleftヴィーお姉さま。

日生とパパとママが同じ(前胎)なのですが、元ヅカガール、、クールビューティヴィーちゃん。
日生とは共通項があまりない気がします。


18dsc_8587_2

downwardleft上のヴィーちゃんの娘。08キッズのシエルちゃん。この母娘は似ていますよねhappy01

19dsc_8555_2

downwardleftライト君。こちらは息子。似ています。

16dsc_8785_2


downwardleftライフシーン犬舎出身のクレアちゃん。

20dsc_8554_2

かわいいお顔と癒しの性格が。lovely 私、隠れファンです。


21dsc_8786_2

downwardleftスコル君。
コリーズ、オーナーさん共々、ブログ上でのお付き合いでしたが、
リアルでお会いするのが全く初めてとは思えませんでした。


23dsc_8698_2

downwardleftスコル君の弟分のハティ君。


24dsc_8701_2

downwardleftレオ君と日生。

25dsc_8471_2

うーん、この子は誰かな?

26dsc_8484

downwardleftライト君と。

ミリヒはオトナみんなに挨拶して回ってたようですね。


28dsc_8479_2


downwardleftハナちゃん、お久しぶり~。heart04


30dsc_8787_2

ラムちゃんみっけheart04

31dsc_8709


downwardleft今回参加した08パーキッズ。日生の兄弟姉妹。
ひなコロにとっては叔父さん叔母さんになります。

エルモ君、みおちゃん、エル君、日生。
後のお写真は8月に虹の橋を渡ったパーママ。

32dsc_8723


downwardleftシエルちゃん(中央)を加えて、08キッズ。

33dsc_8754

こうやって親戚コリーとオーナーさんで集う事は日生が来てからは例年のことになりました。

同じ犬舎でなくてもコリーを通じて知り合いになり、参加してくださる方も年々増えてきてるような。。。お会い出来てうれしかったです。





downwardleftヴィーママを加えて。08キッズ。
パーちゃんからは娘・息子・孫になります。

34dsc_8765



とにかく、わらわら沢山のコリーに埋もれ、沢山おしゃべりしたつもりなのに
もっともっと話すことがあったような。。。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ご一緒してくださった皆様にお礼を。
ご都合つかず会えなかった方も、また次回に是非。confident


そして、次の記事は「ひなコロ編」です。

巣立ち以来の再会となるスカイ君。ずっと君に会いたかったんよ~。

     



    downwardleft最後まで読んでくれてありがとうございました。最後にもひとつ、ポチ。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年11月18日 (月)

JCC大阪支部展

17日はJCC大阪支部展がありました。
帰路につく頃には雨が降り出しましたが、ショーの間はお天気が良く暑かったぐらいでした。

およそ1年ぶりぐらいの出陳でしたが、
日生、幸運にも『ベストグループ』shineshineを頂くことができました。

Dsc_0127


(ちょこっと説明)
今回、日生のクラス(グランドCH牝)は8頭の出陳があったため牝は2頭の選出でした。
つまり牡1頭、牝2頭の計3頭を選出しこれを『ベストグループ』と呼び入賞とします。
さらに、その3頭からBOB(ベスト・オブ・ブリード)、BOS(ベスト・オポジット・セックス)が決められるのです。


日生はお産後まだフルコートではありませんし、(久しぶりで色々失敗もあったしsweat02
もちろんBOB,、BOSには遠~く届きませんでしたが満足です。happy01
失敗したところは次回からなおしていこう。good

普段はあまり出ることのない赤銅色のコリー像とリボンを頂きました。
ありがとうございます。


21dsc_8882001




12dsc_8901001

幸せすぎて『幸せボケ』の日生でしたが、少しシャッキリできたかな?
私も久しぶりのリングの中の緊張感を楽しめました。

会場では久しぶりにお会いする人が沢山で、それもまたとても楽しかったです。
お声をかけてくださった皆さん、ありがとうございました。



え、ミリヒ?場慣れに連れて行きましたけど、
沢山のコリーやシェルティを見たとたん大興奮。(オフ会と思ったのでしょうね)
その後もサークルをよじ登ってトリミング台に飛び乗るわ、バリケンの中で暴れるわ
のワルワルぶりでした。sweat01




ところで、暫く前から引いていた風邪が長引いて少しダウンしております。
先週のお里のオフ会の様子、ひなコロ記事など書きたいことが一杯あるのですが、
ちょっと遅れちゃうかも。。。こめんなさい~。

       

        downwardleft日生にオメデトウのポチくださいね~。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年11月12日 (火)

とっても遅いけど、観光編?(長野3)

長野旅行の観光編??。
もう4週間も前のことだけど、せっかくだから、こっちも写真だけでもUPしておこう~と。


特筆すべきは、今回お世話になったお宿のオーナーさんがとても親切で、
連れている犬種や天候によって楽しめる場所を丁寧に教えてくれたこと。
例えば、、大型犬の多頭連れでもゆったり歩ける場所とか、犬連れOKのレストランとか、、、。

02dsc_7896

おかげさまでガイドブックとにらめっこした挙句、右往左往ということもなく、
時間を有効に使えました。

こういうキメの細かい心使いはありそうでない。
1日4組というペンションだからできることなのでしょうけど、特に印象に残りました。

03dsc_7889
                        蓼科牧場から御泉水自然公園へのゴンドラ。
           大型犬もそのまま乗れます。



01dsc_7853
               牧場は、、、とっても小さかった。。(笑)
               ミリヒにとっては初めてのロバさんと羊さん。catface
               
                          

日生は犬以外の動物は怖いんですよ。
ゴンドラも、宙に浮いているのがわかるらしく落ち着きません。
もともと好奇心が強い日生はあまり怖いものがない方なのですが、
色んなことを知るにつれ??「得体の知れないもの」は用心するようになりました。


その点、子供は怖いもの知らず、、、、
ミリヒにはわからないので怖くないんですね。
ひたすら好奇心の赴くまま。happy01

 

04dsc_7914
         こちらも”初めて”のゴンドラ。
         音がかなり大きかったけど、笑顔です。



05dsc_7919
          この時で生後5ヶ月。抱っこできるのも、あとどのぐらいかな。。。


06dsc_7923
            よく似てますが、これはミリヒ。
            この子の目には何が見えているんでしょうか。confident
       


07dsc_7932
           ゴンドラの終点は「御泉水自然公園」。犬連れでもゆっくり歩けました。
           標高が高いのと林の中なので夏でも涼しいとか。


           

08dsc_7951
                      「蓼科の水」。湧水。運動部飲み。


09dsc_7980
       頂上にて。
       後ろに見えるのは「女神湖」。
       下山したあと、ほとりのレストランテラスでランチしました。
       10月中旬でも寒かったので、、今は到底無理でしょうね。
       あ、オムライスが美味しかったです。
        
       スワンボートにも乗ってみたかったけど、湖に飛び込まれたら困るので。。coldsweats01
         
        


10dsc_0074

        午後からはビーナスライン(白樺湖~霧ヶ峰)を絶景を求めてドライブ。
        途中、道の駅?で人間用の鹿肉のバーベキューを
        (生でもよかったんですけど)素焼きにしてもらって、お嬢様達はモグモグ。

        ヒナちゃん、目が鋭くなってます(笑)

       

        
11dsc_0073

       涼しくて気持ちよかったので、ススキの高原をひたすら散歩しました。(笑)
       
       
       
       一面のススキの穂が夕方の陽で光って、それはそれは綺麗で。。。。
         
       今はもうすっかり冬支度しているんでしょうね。
   



1dsc_8017

    


   
        
14dsc_8028

ミリヒはこの時で生後5ヶ月でしたが、あと2日で6ヶ月です。

体はどんどん大きくなって、うなぎのようにヒョロヒョロしてたのが少ししっかりしてきました。
毎朝、クレートから出すと、なんだか大きくなっている。。。
嘘みたいな話ですけど確実に、、、そんな感じです(笑)


15dsc_8042

どうしても身体的なものばかりが目立つけれど、(もちろん、まだまだ子供だけど)
実は中身もどんどん成長しているのに気づきます。

そうですよね。

こんなに急速に大きくなっているのに、脳が成長していないわけはないですから。


16dsc_8066


この旅行のときと1ヶ月後の今とで、ミリヒはとても変わったような気がします。

可愛い無垢な仔犬ももちろん愛らしいけど、
できるようになったこと、わかるようになったことが、増えていくのは素晴らしい。

週毎ぐらいで変わっていく成長を見るのが楽しみなこの頃です。



この子も、
「変わった犬」ぐらいにしか思ってなかった羊が「得体の知れない生物」だと知り、
ゴンドラの高さが自分には対処できないほどの高さなのだと、知る時が来るのでしょうか。
それを怖がるかどうかは別として。confident



   

      downwardleft日々でかくなるミリヒに負け気味の日生にもポチくださいでつ。(日生)

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年11月 7日 (木)

2013コスモス畑

武庫川河川敷のコスモス畑が見頃ということでお誘いをいただき、お弁当を持って出かけました。

                        
お天気も良かったし、
平日の昼間ということもあって、母子連れ、ご老人達の団体でいっぱい~。

7dsc_8437

どこまでも続く、ピンクのグラデーション。heart04

1391652_240292466128605_1617857174_
                            (mieさん、ロープ消せたで~)



downwardleftこれは黄花コスモス、、っていうのでしょうか??
ピンクとは違った華やかさがあって好きです。

1dsc_8373

5dsc_8409

downwardleftご一緒してくれたのは、Nさん家のゴルのルイちゃん。
特技は(犬への)教育的指導と(人間の)子守?
この日、ミリヒもさっそく指導を受けていました(笑)

2dsc_8377

downwardleft同じく、ノアルちゃん。
チワワだけどチャックを開けると中身はゴールデンとか。
こちらもお仕事は犬の教育。

3dsc_8384

downwardleftそして、ミリヒのスキスキ攻撃に耐え続けたジェシカ。(右から3番目)

4dsc_8403

写ってはいないけど撮影に良いスポットは人がいっぱいで、
1mも離れていないところに親子連れがお弁当広げていたりして、、、
おとなしくモデルを務める犬達を見て「綺麗ね~」と一緒に
「賢いね~」もいっぱい言ってもらえました。

えっへんscissors






お気に入りの一枚。(ミリヒ、お顔だけはコリーになってきたかな?)

6dsc_8442



日生は、「お弁当が一緒に食べられる」と信じていたのにもらえなくて
ちょっと不満だったようですが。。(^_^;)

8dsc_8407


まだ暫くは見頃が続きそうですよ~。お近くの方は是非。



         downwardleft最後に今日も、ポチってお願いします♪

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »