« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

キャッチボールの回数

今週の日生、、ようやくヒート期の落ち着きの無さが収束し、
お散歩中の激引っ張りsweat02も「これでもかっ」っていうマーキング行動もsweat02
クッションへのマウントもsweat02、、激減し、通常に戻りました。やれやれ。。。
そして次の段階、「ヒートブルー」期に入ったらしく、動きが極端にノロくなりました。(笑)
毎回のことなので、交配とは関係ないと思います。
乗り気でないときは、歩きたい速度で歩かせ歩きたい距離だけの散歩をしています。
腰痛で長い距離が歩けない今の私には丁度良かったですscissors


Img_1054



さて、今週末はまたもや練習会。気候も良くなってきましたよね。
で、トレーニングネタをいくつかと思います。

        写真は記事とはあまりにも関係ないです。coldsweats01
        出かけないので写真がなくて。
        夕食に庭でプチ焼肉をしたときのショットでお送りします。。
        段々とお肉に接近していく日生をご覧ください。


Img_1045
                               (顔が真剣です)

唐突ですが、
訓練でプロのトレーナーさんにつくと短時間で成果が出るのは、
優れた観察力と豊富な経験、知識によって最適な練習方法を飼い主に提案できるから、、、だと思います。
ひとつひとつのアドバイスに「何故そうするのか」、、という理由の説明がある場合もあれば、
ない場合もあるでしょう。
「この場合はこうやって練習するのですよ」と教えてもらい、
やってみて結果が出れば飼い主さんは満足すると思います。

Img_1046
                         (見てないフリをしてるけど、見てます)



だけど、私達(達?)はもっと過程を重要視している、、、ところがあります。
時間がかかっても回り道でも、ハンドラーさんにはもっと試行錯誤して欲しいなぁ、、って。

試行錯誤、、って泥臭い言い方ですが根性論、とは違います。
(延々と長時間の練習を続けても犬が気の毒なだけです)

やり方をサクサク教えてもらって結果が得られた場合と、
自分なりに試行錯誤しながら得られた結果、、
結果はどちらも同じですがハンドラーが得たものは何かちがうと思うからです。

うまく表現できないのですが、
試行錯誤というキャッチボールを通して、自分の犬はこういうやり方、段階の踏み方をすればよく易く、より理解できる、、
ということが人間側にわかってくる、、という感じかしら。
同時に、犬にとっても人から何を求められているのか理解しやすくなる、、と思います。
こちらが働きかけた分だけ、犬は聞こうとしますからね。


訓練をやっている人が感じる愛犬との「結びつき」や「絆」は、
こういったキャッチボールの積み重ねの上に出来上がるのではないか、と感じます。

だから、うまく言えませんが、、、、もっと試行錯誤して欲しいと思うのです。

Img_1048
                                (今夜は肉、でつね?)


そうは言っても、
見当のちがう事をひたすら続けていれば疲れるだけでちっとも目標に近づけません。
独学でやっていると、そういうことに陥る難しさもありますよね。
だけど、グループなんかでやってれば軌道修正できるかと思います。

(私と日生の場合ですが、2,3日、長くても1週間やって進捗が見られなければ、
レベルを格段に落として組みなおすか、違うアプローチを考えます)


Img_1050
                           (あ!鼻先がお皿に。)


Wさんの口癖ご存知でしょうか?

「CDですんなり合格したペアは、たいてい次の段階(CDX?)で壁にあたる」

幸運にもすんなり合格にしてしまった場合(或いはテクニックばっかりに頼った場合)
キャッチボールの回数が少ない、、ってことなんでしょうか。
そして、トータルではどこかで帳尻をあわせることになるという。。。。 (滝汗)


今はそんなふうに私なりに解釈していますけど。。。Wさん、あってます?(え、ちがう?sweat01


Img_1052_2
                             (日生の肉でつね!)



つぶやき。。。

           回り道にも価値があった、、という言い方は、泥臭くてちょっと苦手。
           いらない苦労はできるなら無いほうがいいと思うから。
           だけど、必要な苦労もあるんだってことはなんとなくわかる。

           階段はゆっくり登ったほうが景色が良く見える、、という言い方は好き。
           。。何も頂上に行くことだけが目的じゃないから。

 

2013年3月25日 (月)

ぶるーまーる

今年も狂犬病予防注射票が送られてきました。
毎年話題になる?毛色の表記,,,、日生の住む市は普通です。

Img_1036


日生は『ブルーマール』、月見は『トライ』。。と表記されています。
犬の毛色表現って犬種によって独特ですよね
他の犬種、例えばダックスならシルバーダップルとかブリンドルなどと書かれているのでしょうか?
オーシーならレッドマールもあり?。
他犬種のことは全くわかりませんが、ふと気になったりします。


Img_1038


何かの登録のとき、ブルーマールの日生は『毛色=白、黒、茶、灰色』って書かれたことあります。
う~ん、ま、間違いではない。。。。

ただ、それが斑なのか縞なのか、で見た目の印象はかなり異なるでしょうね。


Img_1031

ブルーマールはマール遺伝子という色素を薄くする遺伝子をもっていて、
ところどころ色が抜けて「まだら(斑)」になっているんだそうです。
色が抜けたところが銀白色(灰色)に見えているとか。。。

もとがトライ(黒)ならば、黒と灰色のブチ模様でブルーマールになる。。。
セーブルマールはセーブルとクリーム色のブチ。。
色物に漂白剤をこぼした??、、そんな感じなんでしょうか?(笑)



カラーバリエーションの多い犬種(ダックスとかプードルとか)の飼い主さんでない限り、
毛色についてのボキャブラリーはあまり多くないようです。
「三毛」とか「まだら模様」、「変わったブチ模様ですね~」など言われることがあります。


が、つい最近のこの表現には笑わされました。

「キレイな霜降りですね~~」

綺麗だと褒めてくださってるのには違いないのですが、、牛肉みたいです。


Img_1041


downwardleft日生も体中のいろんなところがマダラになっています。調べると面白いです。
地肌(皮膚)、爪やパッドの色も白と黒との両方があります。

※訂正。。
コメントくださった方によりますと、セーブル(しかもホモセーブル)、トライの子でも爪の色は白黒のことがあるようです。
月見は全部真っ黒だったので、マールの特徴かと思ってました。
謹んで訂正いたします。情報ありがとうございますっhappy01

Img_1058


downwardleftパッドに黒いところとピンクのところがあるのがわかりますでしょうか?
4脚とも違った配色です。

お散歩帰りの汚い脚ですみません。アンド、ボザボザなのは見なかったことにしてくださいsweat01

Img_1060


瞳の色は日生は暗茶色ですが、色が抜けたらブルーアイ、茶色の虹彩の中にブルーの星がある子もいます。
少女マンガのように瞳の中にお星様shineです。
つまり虹彩もマダラになってるのですねsign01  フムフム。

downwardleftこのように鼻のところにピンクの模様を持つ子も多いです。
「どうしたんですか?怪我したの?」って聞かれることが多いのですが生まれつきです。

Img_1055


もうひとつ気になっているのが、
ブルーマールがブルーと呼ばれる由縁の灰色(ブルーグレー)の部分。。
ここは、本当に黒が薄まった灰色なんでしょうか?
それとも黒い毛と白い毛が混在しているので灰色に見えているのでしょうか?

写真に撮ってみたり抜け毛を集めて観察してもよくわかりません。

どなたかご存知ならぜひ教えてくださいね。


Img_1004_2


先日「白熊の毛は本当は白くない」という記事を読んだのですが、
シロクマの毛は中が空洞になっていて毛色は透明なのだそうです。
透明だけど散乱光のため白く見えるのだとか。。。

ブルーマールの白い毛が、トライの白い毛ほど真っ白に見えない理由は
こんなところにあるのではないか?などど考えてみたり、、。
トライの白毛はピュアホワイトですがマールの白毛はオフホワイトっぽいのです。
(個体差はあります)
乾いている時は白だけど水に濡らすとクリーム色に、濡れたシロクマと同じ色合いに見えます。

哺乳類の白毛は色が白くても光を透過しない(反射する)のが普通です。
マールの白は色を抜く遺伝子によって透明っぽくなってて、
それがピュアホワイトに見えない理由なのかなぁ?。。。
(想像であって根拠はありません)



Dsc_7792_1

同じブルーマールと言っても、
黒が多い子、白が多い子、斑が無くほとんどがグレーの子と配分は様々です。
三毛猫のように「一つとして同じ模様がない」、、というわけではなくて遺伝的な要素があるそうです。
(特に顔の部分の斑)

ただ、フルカラーと同じように、
体色の配分や模様で優劣はなく展覧会においても犬質とは関係ありません。
単なる好み、、といっても良いでしょう。
本人は「自分が何色で何模様か」なんて事は考えたこともないでしょうしね。

だけど、このパパ、ママからもらった日生の模様は、私の「お気に入り」の一つでもあるのです。

ブルーグレーに程よく散った黒の斑をもつ日生。
ブルーマールの名前の由来どおり大理石みたいheart04、、と一人でニソニソ、悦に入ってます。



何回かに1回は「何犬ですか?」、「オーストラリアンシェパード?」と聞かれ、
たとえ「霜降り」と言われようとも。。。

    

        downwardleft霜降り日生に、”おいしそう~♪”のポチを。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
                       にほんブログ村

2013年3月19日 (火)

今週の日生

このところの日生。
ヒート期の落ち着きのなさ以外は、(当たり前だけど)特に変わりはありません。

お姫様待遇は、、、、、、、全くお気に召さないそうです(笑)


Img_0997

夜になると余計につまらなくなるようで、クッションにマウントするわ、ピーピー鳴くわ。
ボールで遊べ、追いかけっこしたい。。と決して諦めません。

とにかくシツコイので人間の方が持て余し気味。

まだ、1週間なんですけど。。。はぁ。。





土曜日はお天気が良かったので、近くの「有馬富士公園」にお弁当を持って出かけました。

お花見にはまだ早いけれど、
暑くもなく寒くもなく一時期より花粉も黄砂もマシになったようで散策にはもってこい。
急斜面の登山道は避けて山の小道をぶらぶら。。

Img_0987

毎年この時期はショーか訓練をやってるので、家でゆっくりしているなんて、ここ数年なかったこと。
変な感じがしますが、これもまた良しconfident。。。です。




downwardleftお弁当をガン見してますが、あなたは食べれませんから。gawk
                  
  

     (日生にはドッグフードを持参しました)


Img_0992


それでも、落ち着きの無さが今日あたりから平常に戻ってきたように思います。
散歩の途中で少し脚側をやったら、良くついてきてました。


Img_1000

なにか練習(訓練)をやると集中力が必要なので疲れるようです。
疲れといってもストレス的なものではなく、「心地よい疲れ」みたいな感じ。

犬だって適度に頭を使うと気持ちいいのではないでしょうか?

日生は、訓練の課目に関係なく、新聞運びでもスリッパ持ってきて、、でも
(わざわざでも)仕事を作ってやらせると生き生きしてきます。

何かをすることも、やった結果褒められることも好きみたい。


そういうところ、使役犬なんだなぁ、、って思います。



Img_0999

「何もしない事」が一番のストレスなのかもしれません。


もっとも、2号に言わせると、
「じっとしていることにガマンできないのは私の方」に見える、、、、、そうです(笑)



Img_0998


明日は3月の2回目の練習会ですが、残念ながら日生はお留守番で私だけの参加。
犬無し、、って妙な感じですが、
審査会が近づいてきたので皆さんの気合も入ってくる頃ですし、私もいっぱい頭を使ってこようと思います。






downwardleft一度買ってみたかった、コストコの新メニュー、「ディープディッシュピザ」
あまりのボリュームに一気に焼く勇気がありません(笑)

Img_0995



2013年3月16日 (土)

春が来た♪春が来る!?

先週、いきなり20度を超えたかと思うと、
日曜日は1時間弱の間に気温が10℃も急降下。。。
体調がおかしくなりそうなお天気ですが、皆さん大丈夫ですか?

日生地方は平野部より1週間ほど春の訪れが遅いものの、それでも日差しは春。

Img_0979

しかし、、、春と共にやってくる悩みといえば、私の場合は黄砂。
砂そのものより、付着している有害物質に反応するようです。
涙目や鼻水という症状はほとんどないのですが、ひどい頭痛と露出している肌がかぶれたように荒れてしまいます。
全身の倦怠感も然り。
手袋をせずに散歩に行くとピリピリして手が赤くはれてきます。首や耳の中も。
目には見えないけど空気中に漂う有害物質のスープの中を歩いてるのだと思うとゾッとします。

今年はさらにPM2.5の恐怖も。。。。

春の柔らかな陽射しや風を楽しむことが怖いなんて、、、
空気がこんなに汚れちゃって地球はいったいどうなっちゃうんだろう。。weep





そんなこんなで、今年に入って増えた家族家電です。

downwardleft加湿器。

今まで加熱式のと(10年前に購入した)気化式加湿器を併用してましたが、
部屋の大きさと能力が合わず、すぐに湿度が40%以下になってしまう我が家。
年明けに気管支炎もどきで咳が止まらないことがあったので
乾燥はよくないだろうと買ってもらいました。

今回のこの子は、気化式なのですけど1時間あたり700mlsign01の抜群の加湿能力。
Img_0967

ものすご~く静かに動いているせいもあって、ちゃんと効いてる??な感覚なんですが(笑)
1日あたり14時間で6~7Lの水をバラ撒いてくれてるみたいです。
(タンクの水がすぐになくなります)
おかげで部屋の湿度は50~60%近くをキープ。

変わったと感じるのは、部屋の中で静電気が起きないこと、、かしら。
化繊のカーペットや日生を触ってもパチパチしなくなりました。
(日生のケージの横においているのがミソです。お犬様第一ですから wink

これだけ使っても気化式なので電気代は月に数百円とのことです。
決して宣伝費などはもらってませんが(笑)
いろんな機種があってどれがいいのかわからない、、と迷う場合、この子も選択枝のひとつだと思います。私はおススメ。confident


downwardleftお次はこの子。空気清浄機。
こちらも、静かすぎて「ちゃんと仕事やってる?」のかどうかがわかりません(笑)
(とにかく私はモーター音がキライなので、国産家電には能力と静音性を求めてます)

Img_0968


でも、この間黄砂がひどかった日は、「花粉・ダスト」センサーランプが1日中点灯して一生懸命動いてました。

普段は外から家に入ってきた後などに働きだし、30分ほどで弱運転になります。
日生が前でブルブルをしてもその後動いているようです。
この子は今のところ効果を検証中。
フィルターにはチリが沢山ついているので、多分効いているとは思うのですが、、
(以前のものはフィルター交換が必要でフィルターがかなり高価でした。
今どきのは10年は交換しなくていいのですね~。)

車もそうだけど10年経てば家電の進歩がすごい。



だけど、本当は窓を開けて春の風と陽射しを楽しみたいなぁ。。。。weep



Img_0984
     (犬の健康も気になります。マスクつけるわけにもいかないし。。)



そういう悩ましいこの頃ですが、
最後に我が家にうれしい春が来そう、、、、というお知らせです。

日生さん、交配しました。 chickchickchick chickchickchick

お婿さんは、日本一ゴージャスshineshineな男の子にお願いすることができました。
受胎できたかどうかわかるのは約1ヶ月後で、首尾よくいけば、5月中旬に「ひなコロ」誕生です。

まだまだ先のことはわからないのですが祈るような気持ちです。
どうか上手くいきますように。。。。


Img_9800


というわけで、しばらくは、ボール遊びもドッグランも、滑り台もガマンしてちょうだいね。
なにせ、あなたの動きは激しいから。。(汗)

2013年3月 8日 (金)

日生の、、海浜公園

前記事で「日生海浜公園」とご紹介しましたが、正しい名前は「赤穂海浜公園」、、でした。


ともあれ、日付は現在、2013年2月21日。

Img_0531_1

こちらは、、、、2009年12月29日。

Img_0739_1_4


3年2ヶ月の年月を経て、ほとんど変わらぬ日生さん。。。
いろんな意味で恐るべし~(笑)

実際は少しお顔が大人びてるんだけど、写真の写り方にもよるし、
うれしい表情の時はあまり変わっていないように見えます。
1歳5ヶ月といえば、訓練を始めて7ヶ月、展覧会に出だして2ヶ月という時期でした。
、、、この後の3年間で、いろんなことがあったのですね。しみじみ。。。happy01





ところで、知らなかったのですが、この公園、
海岸エリア以外にも、信じられないほど広い事がわかりました。

寒さ厳しい冬の平日。。人影ひと気は全くと言って良いほど無し。ラッキ~scissors

さっそく、沈船の遊具に進入。(結構大きいんですよ)

Img_0581

downwardleft滑り台というより、Aフレームだな、こりゃ。

Img_0535_5

downwardleftステンレス側もふつ~に降りていきます。パッドが吸盤になってるの?

Img_0558_2

downwardleft上の部分に上がることもできるんですが(黄色い服が私)
呼んだらスタスタ上がってくる日生。

ホラホラ、高いよ~見てごらん、やっほ~note


Img_0570




えっ???

と思う間もなく、、そのまま、つり橋を歩き出す。

(行きなさい、、って言ってませんけど、指差しちゃったかも、、coldsweats01



Img_0573_1


、、、ズカズカと、物ともせず進み行くではありませんか、、

ね、これってすごくない??

                         (地上からだと5mはあるし、下は見えるし、揺れるし、、、)




downwardleft、、、が、、、。


Img_0574_1

downwardleftあっという間に、、


Img_0575_1


身動きできず宙ぶらりんになっちゃって、そのまま

ぶら~ん、ぶら~ん(笑)

慌てて救出に向かいましたとさ。coldsweats01


子供用遊具で安全に作られてたけど、
パニックになって暴れちゃうと脚を怪我することもありますよね。
おりこうさんはマネしないでくださいね~。


進み行くと、次に見つけたのがコレdownwardleft

Img_0582

ローラーの滑り台。


Img_0586

ローラーに毛が挟まるといけないので(いちおうショードッグだし)、
膝の上に載せて、いざズルズル~(笑)

downwardleft傾斜があって長いのでスピード出ますよ。dashひゃっほ~dash

Img_0601

Img_0618

downwardleft到着しても興奮冷めやらぬ日生。

Img_0598

結局、3回滑ったんです。

もし怖くて嫌だと思ったら、、次に呼んでも来ないでしょう?

でも、”おいで~”って呼んだら走ってきて膝の上に乗ってくる。。。。

そう言うところは素直というか、、
私とやることは遊びで楽しいこと、、、だと思ってくれてるのかもしれません。

Img_0620

コリーと滑り台で遊べるなんて想像もしなかったわ(笑)





広大な整備された芝生に、人口池(海水?)にはスワンボートも、、、
多分有料だろうけど小さな遊園地もありました。
暖かい時期にはお弁当を持った家族連れに大人気の場所なんだろうなぁ。。。
(真冬しか行った事ないし)

とにかく、歩いても歩いても端に着かなかった。




downwardleftちょうど良い高さの水のみ場がなかったので、ちょっと失礼しました。

Img_0623_2

月見とはまったく違う日生。

だけど、あなたといると、とっても楽しいよ~。happy01

Img_0621

しかし、ホンマに4歳7ヶ月かいな???

2013年3月 7日 (木)

2・26

さて、前記事より1週間ほど前のある日のひとりごと。

平日に代休をもらった2号と、ドライブがてらまたもや日生漁港に出かけました。

Img_0508

                            日生町はどこに行っても”日生”であふれています(笑)

Img_0501_2

港を出るとこのように「日生諸島」と呼ばれる島が点在していて、
小さなフェリーでいけるらしい。。。

みかんと貝と鹿の絵があるけれど、どんなところなのか??

Img_0525


Img_0515_8お目当てのひとつはやはり牡蠣。
週末じゃないのでゆっくり買い物ができると思いきや、、、
平日は出荷量が少なく、正午というのにほとんど閉店状態。
ギリギリセーフで少量をゲットできましたが、危ういところでしたsweat01

下調べがたりないというか、行き当たりばったり、、というのか。。
ま、「思いつき」で出かけるのでいつもこんな感じです。

2月の牡蠣は身が一段と大きくなってプリプリでした。

(駅前で記念撮影する犬を不思議そ~に見ていたシニアご夫婦)













その後、どこか日生を遊ばせる場所がないか物色し、、、地図で見つけた「日生海浜公園」へ行くことに。。。

初めての場所だけど広そうだし、きっとどこかで遊べるでしょう。。ってな感じでした。
ナビの指示で目的地にたどり着き、、公園の駐車場に入れようとした時、


「ここ、来たことある。。。。。。」


またか、、、、。
ドライブ先で適当に場所を探すので、名前どころか行ったことさえも忘れてしまいsweat02
現地に着くと「なんか、来たことある気がする??」
ウチの場合こういう事がよくあるんです。



「ここ、来たことある。月見をつれて来たわ」

その途端、ドッと押し寄せてくる記憶の波。
まだ「懐かしい」と思えるほど昇華していない記憶に、二人とも無口になってしまう。


晴れているけど、誰もいない冬の海岸はあの時と変わらず。

Img_0693

                日付は2009年12月29日。月見が11歳10ヶ月、日生は1歳5ヶ月。

Img_0712

2年半という時間のうちに記憶は少し優しい色に変わってきた。
月見と出かけた場所を再び訪れても以前ほどのつらさはない。

それでも、こんな風に「不意打ち」を喰らうと何とも言えない気分になってしまう。


Img_0703
                           随分と”男前”な表情だけど、これもお気に入りのひとつ。



だからという訳ではないけれど、
最近は、何かで読んだことを時々考えるようにしている。

(ちゃんとした文句は覚えていないのだけど、、、)



       愛されて生きた犬の死は、本当の死ではない。

       その子を愛した人間、その子を思い出す人間が死ぬとき、

       その記憶と共に永遠の死を迎えるのだ。




Img_0700

ならば、私の記憶が続く限り、いつまでも私と一緒に生き続けるという事か。

沢山の想い出と共に、
胸がつかえるようなこの感覚も、記憶の一部というなら忘れたくはない。



Img_0706




翌週には2号の誕生日(2月26日)があって、平日だったので夕食時にささやかにお酒で乾杯をした。

「お誕生日おめでとう~」って言ったら、2号は「つーちゃんもね」と言った。
「つーちゃん、誕生日おめでとう」


そう、2号と月見は誕生日が同じ。
どんな15歳になってたのかな。。。と想いを巡らす。

きっと尻尾が9本の妖犬になってて、、、
モノ言わずとも目ヂカラで人を動かすようになってたに違いない。


そう想像しては二人でクスリと笑った。


Img_0710










    

    downwardleftひとりごと、、でごめんなさい。でも、月見さんに、ポチあげてね。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
      にほんブログ村

2013年3月 1日 (金)

西へ、北へ、、、。

2月最後の週末は、
このところずっと忙しかった2号が代休をもらったので西へのプチ旅行を計画。

どうせ西に行くのならと、、まずは24日のJCC広島展。尾道へGO。run

Img_7599_original_2

出てみてビックリ、日生さんのコートは一番貧弱~(笑)
確かにまだフルコートではなかったけれどね。


Img_7597_original_1_2

久しぶりのお手入れも「いじり過ぎ」のわりにイケテない。
日生もあんまり気分が乗ってこないのか、ちゃんと走らず結果は撃沈。down


ま、初回ですからこんなものです。gawk

Img_7756_original


普段、岡山ぐらいまでがテリトリーの日生家。広島って、、、結構遠いよ~(笑)
岡山を横断するのが大変なんですよね。
でも、今シーズン初の展覧会ということで、お久しぶりの皆さんと楽しい時間が過ごせました。

(リンココさん、さくら&夢芽の父さん、お写真ありがとうございました。)







展覧会が終わって北に向かい、この日のお宿は「カントリーハウスふーすけ」。
とても綺麗なログコテージでした。

Img_0721

周りはこの通り雪だらけ。近辺にはスキー場が沢山あるような場所です。
(それでも今年は雪が少ないとか。。。)

Img_0692

翌日は、、、、今年最後であろう「雪遊び」が目的。
まずは、犬連れでも遊べるゲレンデを物色。。。。

ありました、ありました。good
月曜日の午前中という事もあって、人は少な目。
係りのおじさんにOKをもらえたので、端のゲレンデでソリ遊びをすることができました。

Img_0726

誰が作ったのかな、雪だるま。。。ご挨拶の日生さん。

Img_0753


えへへ、このゲレンデが貸切でした。ラッキーよね。lovely


Img_0810

普段は抱っこされるのはあまり好きでない日生ですが、
ソリの二人乗りは気に入ったみたいです。

Img_0786

スピード感がよいのでしょうね。何度でも膝に乗ってきます。
もうちょっと大きい(長い)ソリを見つけなきゃね。

Img_0823


Img_0874

Img_0877

リフトを使えないので、斜面を登るのは大変。(人間がです)
それでも、登っては滑り、、を繰り返して遊びました。


Img_0817

後から気づいたのですが、このゲレンデはほとんど島根県でした(笑)
ここまで来たのだから米子ぐらいにアシを延ばしたかったなぁ。。



Img_0919



ソリ遊びは月見の頃からの毎冬の恒例行事。

楽しかったね。
来冬も行こうね~。happy01





    

   downwardleftヨーシ♪今年の冬は雪遊びだ~、というワンコ、ポチ、オネガイシマス。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
      にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »