« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月20日 (水)

日生のおトイレ事情

つーちゃんにできなかったことで、日生ができること。。。
それは、「お家トイレ」、、shineshineshine、、、だったはず。

P1070634_3

普段は「お外トイレ」で雨の日は「お家トイレ」、
両方できるようになって欲しいというのが私の願い。

なのに、なのに、ココ1年、拒否モードになることが多くって。。。
ずっとガマンしているのか、小雨になるのを待ってドアを開けると一目散に庭へ、、

膀胱炎になったら大変だしと、
私の方が根負けしていることが悪循環になっているのかもしれません。
ガマンしていればそのうち出してもらえると思っているのかも?



downwardleftう、う、その辺り、足元が池みたいになってるんですけど~。gawk
地面がこんな状態でも外へ行きたがります。


P1070639

庭の反対側に玉砂利の場所もあるんですがお気に召さず。

P1070642

downwardleft短い時間でも、脚や背中は濡れてしまいますよねぇ。
大雨だとなおさら。

P1070645



downwardleft小さい頃はトイレトレーを使ってましたが、今は勝手口に洗えるトイレシーツ
と、使い捨てのを何枚か重ねた状態で置いてます。
これだと失敗しても水で流せるし、、いいんだけどな。

P1070636_4

おとといの月曜日は、1日中大雨。

トイレ対決の始まりです(笑)

たかが、おトイレ、されどおトイレ。
mieさんちにお邪魔すると、部屋に入るなり真っ先にワンコトイレを使う日生。coldsweats01
シートでできないわけじゃないのです。
トイレのコマンドも知っています。


P1070637_2

月曜日も、ガマンしている様子で、
午後には出して欲しいと玄関ドア前でソワソワとしだす。
(勝手口を指差して)「トイレはあっち」っていうと、どこかへ逃げていきます。

この、”逃げていってしまう”ところが、まさに日生であります。拒否の意思表示。

知らん顔していると、思いつめた表情でまたもや玄関に。

再度、勝手口を示し見ないようにしていると、
勝手口の方からガサガサ、シートの上を回る音が。。。乗ってる乗ってる(笑)


P1070638_2

この日の軍配は私にあがりました。scissors

でも、、、
「お庭トイレ」に出すと、すっきり~って顔でもどってきますが、
「お家トイレ」後は、きもちわる~い、、って顔をしています。

このときも、脚が濡れないように極度のカエルスタイルをしてたようで、
脚は大丈夫だったものの、お腹の飾り毛が浸ってしまっててsweat02むっちゃ気持ち悪そうでした。

後始末は、雨に濡れることの数倍大変なことになったし。。。crying



P1070648


きっと、「お家トイレ」が快適でないことが拒否の原因のひとつなんでしょうね。

なにがお気に召さないのでしょう?
もっと広く?
ジェルの入った吸収性のいいシートにする?
猫砂みたいなのは?
雨の日だけ出してくるのがいけないの?


P1070651

う~ん、悩みます。

でも、梅雨時期までになんとかしたい。
せっかくの「お家トイレ」の習慣、あきらめませんからね~。


      downwardleftうちの子も同じ~って方、、、ポチ、オネガイシマス。

          にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
      にほんブログ村

2013年2月15日 (金)

2月練習会(1回目のつづき)

前記事の続きです。「マテ」について。

審査員の「犬から離れて」の指示で、「マテ」の声符と視符paperを出します。
JCCの家庭犬訓練審査においては、
「マテ」のときだけ声符と視符の両方を出すことができます。(UDの一部を除く)

16

17

しっかりマテをかけたら、対面に移動します。
このときに犬が人の動きについてきて動いてしまわないように。

つられて動いてしまうと「位置を変えた」bomb、、にあてはまります。


19_4

対面になる時(元の位置にもどる時も)皆さん結構サッサカ歩いちゃいます。
その結果、「あ、動いた!」って。

マテをかけても、ついつい動いちゃう子には、もうちょっとレベルをやさしくして練習です。
まず、ゆっくり1歩を踏み出して動かないことを確認しながら、、、みたいな。
2歩3歩、そろ~りそろ~り、、と。。。抜き足差し足です(笑)
動かず待っていられる距離(時間)を延ばしていきます。





どういうことか、ここでちょっと考えみます。
「マテ」というのは、「スワレ」や「立って」のように
ある特定の動作、ポーズのことを意味しているものではなくて、
”現在の状態をキープする”というコマンドですよね。

つまり「マテ」は、「動かない状態」を作っておいて「マテ」と結びつけるのです。

だから、動かしてしまってはいけない。(、、と思います)


でも、ちょっとでも動かないでいてくれたら、、、、
それこそこちらが望んでいる事なんだから褒めてあげたらいいと思うのです。
「そうだね~happy01マテだよ~」って。
そうしたら、犬の方もじっとしていることが「求められているコト」なんだと
わかりやすいと思うんですけど、どうでしょう??

対面に立つ時も、前に出て来てしまいがちです。
いきなり長い時間にしないで、3秒数えて動かずに待てたら褒めて、、、から。


動いてしまってからアレコレ言っても、
何かがまずかった・・ということはわかるでしょうが、
直接的に「マテ」=「動かないこと」とは結びつきにくい気がします。
「しかられたのは、動いたからかなぁ?」より、
「動かなければ褒められた」の方が学習しやすいのかもしれません。
私の感想にすぎませんが、、。


20_3
(リードが張らないようにします。)

対面に立って10秒ぐらいで(CDの場合は)審査員が犬の背を触りにきます。
この時にも、嫌がって逃げて位置を変えることがあります。
反対に嬉しくて動いちゃう子もいますけど。coldsweats01

「位置を変えた」bomb、「唸ったり噛み付いた」bomb に当てはまります。

どちらも馴れなのでいろんな人(年齢、男女)に触ってもらう練習ですね。


あと、アイコンタクトでハンドラーに集中できるようになってると、
地面のニオイを嗅いだり、よその犬が気になったりして、うっかり動いちゃった、、
を防ぐ助けになると思います。

21_2

大体20秒ぐらいで、審査員から「元の位置に」の指示がありますから、

22_2

反時計回りにぐるっと回って、元の位置にもどります。
このときも、とにかく動かさないように気をつけます。

ここで、褒めながら回る人があまりいないような気がするのですが、
これって私流なんですかね??
(教え始めのころだけの話ですよ。いつまでも、、はやらない)

最終段階では、
何周もグルグル回ってみたり、スキップしてまわったり、、、
そんな風にして遊んだ記憶があります。
20秒と言わず30秒とか1分ぐらいやってみましょう。
そうしたら、20秒が短く感じられるようになり、犬にも人にも余裕が出てきます。
団体のマテ、、の練習にもつながります。

23

24
(リードが身体にかからないほうがいいです。リードを持ち替えてOK)



あと、途中で座っちゃう子が多く見られます。
「受験中に座った」bombは一番アブナイところ。

若い犬の場合、10秒や20秒立っていたからと言って、
疲れちゃうようなことはないですよね。(シニア犬はつかれちゃうみたいです)
だからダラけて怠けているわけではありません。

、、、集中力がない、、とかいう事でもなくて、
ただ単に、まだ「マテ」の意味がよくわかってないのだと思います。

これは私の想像ですが、何を求められているのかがわからないので、
自分が一番よく知っている万能の動作「オスワリ」shineshineをやってみる、、って感じでしょうか??
(オスワリを教えていないショードッグでは見られないことだからです)


座る気配を見せた瞬間、「ちがうよ!」とか「No」とか「立って」で座らせないようにします。
これも座ってしまってからでは遅いと思うのです。
それよりも、キープすることが曖昧にしかわかってないのならば、、、
レベルをやさしくして練習するのがいいかと思います。
具体的には時間を短くする、ゆっくりグルグルをする、、、です。

2_20130211_1212_2

余談。

立って待つ>座って待つ>伏せて待つ
左に行くほど難しくなります。立っていると前に出るなど動きやすいからです。

団体試験ではCDで「座って待つ」は1分、「伏せて待つ」は3分。
CDXでは座って3分、伏せて5分。
団体での「立って待つ」はUDでしかやりません。

試験科目はちゃんと難易度順になってるんですね~と、
最近気づいて感心している有様です。(おそ~いsweat02

2013年2月13日 (水)

2月練習会(1回目)

9日(土)は2月最初の練習会でした。happy01

先陣を切って千葉支部のJCC家庭訓練犬審査会が2月3日に行われ、
お友達ワンコのCD完成~shineといううれしい結果も届いてきました。
関西地方での直近は4/29の奈良支部のようです。
まだ、2ヶ月も!ありますが、
1ヶ月でカタチを仕上げて残り1ヶ月は修正、、と考えると、そろそろ本腰rockでしょうか。

さて、この日はCDP,CD組の4ペアの皆さんと、「駐立」を重点的に練習しました。

「駐立」って地味な課目なんで、なんとな~く流してやってきましたが、
「一発失格!あちゃ~~crying」の危険性もある課目だったりします。

ええっ~そうなの!、、って今、驚かないでね(笑)

downwardleftどうぞ規定集をご確認ください。

Photo


ハイ、難しい「脚側行進」に目が行きがちですが、
脚側は「減点てんこ盛り~→不合格」はあっても、(逃走でもしない限り)一発失格にはならないんですね。
しかし、「駐立」には一発不合格、、がありますよ~。



とはいっても「駐立」でやるコマンドは二つ。
「立って」と「マテ」だけです。

まずは「立って」から。

13
    
    (余談。。。。)
    練習会でやってみたら、
    日生さん、コマンドで立つことは立つけど位置がとってもファジー。
    内心、sweat02sweat02な私でしたがそこは笑顔でごまかし家で確認することに。
    やっぱりおかしい、身体が斜めになってるぞ~。顔が前に来ようとする。あれれ?
    (床が滑るところでやっちゃったので余計だけど)

    日生がCDを受験したのは生後10ヶ月。
    それ以来、立姿といえば対面のショーステイばかりを3年ほど。
    だから、対面ではバッチリでも左側ではやってなかったのでしたね。
    すっかりできるつもりになっていた私でした。ハハsweat02

14

2_20130211_1212

立ち位置の正確性については、おいておいて(笑)



CDで求められるのは「立って」というコマンド1回で立つことです。
認められているのは視符・声符どちらか一方なので、
もし声符で「立って」とコマンドするなら人間は手や足をつかっちゃダメですよ。
それは視符ですから両方使うことになります。(「余分な命令を与えた」の項)



もし、「立って」のコマンドで犬が微動だにせず(笑)横に座っているようなら、
このコマンドをまだ理解してないのかもしれません。

この日の4ペアのみなさんにも、なかなか難しいようでした。
「立って」の意味があやふやな子(オカーちゃん、何言うてんの?状態)
身振り手振りがないと立たない子。。。。。。様々です。



練習中に伝えたくて(多分)伝え切れなかったことを文章にしたいと思います。

「立って」の意味がわかっていなさそうな子、
そう言う場合は、何レベルか前にもどって練習します。

まずは対面で練習するほうが易しいでしょう。

対面で立ち、犬を座らせ、
人が一歩後ろに下がったり手で誘導すると、つられて立ち上がるので、
その動作と「立って」という言葉と結びつけていきます。
(子犬にオスワリを教えるときに、手やオヤツで誘導して座るポーズに導き、
その状態と「オスワリ」の言葉を結びつけていくのと同じです。)



で、できるようになってきた、この後が大事なんですが、、、、
人間の動きを消して行き、言葉だけで立てるようにするのです。
一気に消せなければ徐々にでかまいません。誘導の消去です。

立つことは立つけど身体の誘導がないとできない子、、は、
言葉ではなくて「手足が動く」ことが立つ合図になってる可能性があります。
人間側は案外そのことに気づいていない、もしくは無意識に動いていることがあります。



言葉だけで立てるようになったら、側面でやります。
最初、上手くいかなかったら一歩前に出るとかの誘導をつけてあげるといいでしょう。
そして後で、かならず誘導を消去します。


downwardleftおまけ。
日生のように、立つ位置がファジー、、とかの修正は(私は)後からやっちゃいます。
でも、初めから位置もあわせてやろうという場合は、最初の時点からこのようにガードをつけてやればいいのかも。。
あとから直す苦労が減るかもしれませんね。

P1070597
              (壁を使って、、、、、)

P1070598
          (まっすぐに立つ、、、練習中)

P1070599
          (ドアに向かって、、、前に出ないようにする練習中)





またまた、段々とくどくなって、わかりにくいかもしれませんね。ああ、難しい。

「マテ」については、別記事にします。confident




追記。
私が普段するのは誘導を使ったトレーニングなので、
他の方法(誘導を使わない方法?シェーピングとか?)にはこの記事内容は多分当てはまりません。
そして、トレーニングカテゴリの記事は全て「個人的な感想・記録」でしかないことをお断りしておきます。



2013年2月 5日 (火)

ごろごろしてます。

昨年の年末頃から今年1月の間、相次いで近所のお友達ワンコが虹の橋を渡りました。

バニ、バニ、ゴル、ゴル、コーギー、ゴル、ラブ、、、、

みんなパピーの頃から知っている子達です。

日生の近所に家が建ち始めて10年ちょっと。
田舎なのでスペースに余裕がある日生地方では、その頃の大型犬ブームもあって
一気に大型犬の友達が増えました。

その子たちがみんな揃ってシニアになったこの頃。
偶然とは言え、こんなに連続するなんて。

訃報を聞き、お花を持ってお別れに行った翌日、また別の訃報が届く、、という具合。
年末体調を崩した日生のママは有難いことに回復基調だけど、
何件かの「行方不明」の知らせは、無事見つかった子もいれば残念な結果になった子も。
年明けには、遠くの気になってたお友達の訃報も知る。



家族の方の悲しみには遠く及ばないけれど、
この打撃は精神を病む。
すっかり打ちのめされた私です。

今頃はみんな、空で月見と再会してるのかなぁ。。とか考えてみてもなんだか苦しい。



なんにもせずに、ゴロゴロして、
手を伸ばせば触れられる、暖かい体に埋もれていたい。
そんな1月でした。

Img_9855
(この体制で爆睡するお二人さん)

Img_9856
(2号にとって日生はかけがえのない存在)



今ある幸せを逃がさないように、ぎゅっと抱きしめておかなければ。



Img_9301
(と、、、無理やり抱きしめる gawk


Img_9306
(無理やり、、、でも、ないか lovely

この冬は寒くて、早春の花も遅れがちとか。
早々に身構えてたひなちゃんのヒートも来る気配が無し。
どうなってんのかなぁ。


Img_93081
(おおきな抜け殻)

、、と、ボーっとしてたけど、、じっとしているのは、やっぱりもったいない。
そろそろ始動しなくては。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »