« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

ジェシカ、G-CH完成おめでとう♪

JCC大阪展にて、ジェシカ、JCCグランドチャンピオン完成

     おめでとう、おめでとう sign03



大阪展では全体的にレベルも高く、コリーの特別牡ぐらいからヒートアップしていた私は、
CH牝で、ジェシカと妹の夢芽ちゃんがピックアップで並んだところから、ドキドキが最高潮に。

Img_8797

ウィニングランでの、ご主人とジェシカの笑顔が、これまた素敵すぎて、、
我を忘れちゃいました。
                          (顔出ししたる~!)

Img_8821

Img_8822_1

この日のジェシカは、ノビノビとした走りが一段と光ってました。shineshineshine

そのドキドキと喜びの様子はコチラで ⇒「こりー♪しぇるてぃ♪うえすてぃ♪」




Img_1977
(左)日生 (右)ジェシカ


ジェシカはウチとは違って一般家庭とは言ってもショー経験豊富なmieさん家の子だし、
ブリーダーのNさんとしては、ショードッグとして来るところまで来ただけ、、とも言えないことないけど、
パピーの頃から知ってて、その成長を間近で見てきたこともあって、
私にとってはとても感慨深いものがありました。

こんな、チビチビのパピコheart04だったのに。。。キャ~キャ~って走ってたのに~。heart04

Img_1979

Img_1967

ほんと、おめでとうね、ジェシカ。


私達、じぇっちにたくさんの事教えてもらったよ。ありがとう。


2012年11月28日 (水)

JCC香川展・大阪展

23日はJCC香川展に行ってきました。グランドクラスになってからの初出陳scissors

あいにく天気は雨模様で、午後のコリーの部までには上がったもののリングはぬかるみ。。。
みんなが同じコースを走るとドロドロはさらに耕され。。。。coldsweats01

Kagawa


「雨の日はショーは中止ですか?」とよく聞かれますが、
いいえ、土砂降りでもあります。警報などが出ない限りは、、ハイ。sweat02

ま、でっかい水溜りなどがなければ、ヌルヌルでも日生は気にしないようです。
4輪駆動でない私は滑るのでドキドキですが。。

878_original_1

久しぶりのショーで、ちょっと(いや、かなり?)私の感覚が鈍っていた気がします。
お手入れ時間の配分が出来てなくて、最後バタバタしました。
ハンドリングの方も、忘れ物が多かったです。sweat01

937_original_1

一方の日生は、結構、落ち着いていてニコニコ走ってくれました。dash
えらい、えらい。
気になるところはあるんですけど、とにかく初舞台は楽しかったです。
この感覚、ひさしぶりやな~confident、、って。






そして、25日は大阪支部展。快晴sunでした。

downwardleftいつもの光景ですが、出陳数、見学の方も一段と多く賑やか。

久しぶりにお会いする方にご挨拶して午前中はあっという間に過ぎてしまい、
お昼からは案の定バタバタと忙しく、、
せっかく、ミリシュちゃん一家、ランディ君、プラム君にお会いできたのに、
出番が終わったら閉門30分前で、結局お写真も撮れなかったのがとっても残念でした。
ゆっくりお話もできずごめんなさい。sweat01



Img_8755

downwardleft日中は暑いぐらいのお天気でしたが、
最終のグランド戦が始まる頃には、陽も傾いて影が長~くなってます。

この日の牝は8頭+勝ち上がり1の9頭で香川展と同じくグループ1枚が出ました。
(1席のBOBまたはBOS以外に、牝は2席まで入賞、、ということ)

秋季の支部展はこの大阪と熊本を残すのみとなりましたので、
年間最多賞をかけた子たちが関東からも遠征に来ていて豪華な顔ぶれでした。

Dsc03970
(この前にさらに2頭並んでたはず)

Dsc03968
(顔出しできずに残念ですが、とっても気合の入った表情のみなさん)

この日の日生は午前中からずっと落ち着かない様子でしたが、
出番前のCH戦牝の盛り上がり(これは別記事で後ほど)と拍手に反応して、
さらにテンションupup
あまりないことなんですが、すっかり制御不能状態へ突入sweat02


普通に走るとぶっ飛びそうで本当に怖かった~~~wobbly

Img_8829_1

Dsc03965_2

でも、頂いたお写真で振り返ってみると思ってたよりマトモで、、ホッとしました。
日生、ちゃんと頑張ってたんやね。



結果は残念賞でしたが、壁が厚いのは重々承知。
大事なのは、この中で自分達の今、持ってるものを精一杯出せたかどうか、、です。


当日のコンディションのコントロールは私の責任だし、
周りに比べて見劣りするハンドリングも、もっと、もっと♪
やることがいっぱいで楽しいねぇ。

Hinase11



ところで、(この日もそうだったんだけど)日生は拍手が大・大・大好き。

但し、自分に頂いた拍手かどうかは関係な~し(笑)

例えトリミング台の上にいても、バリケンの中にいても、、、
他の子のウイニングランの拍手に『ワタシ?私?ねえねえ、私の事~!?』って、
いちいち大喜びするので恥ずかしい時が、、。coldsweats01 (ま、可愛いけど)

聞けば、日生のパパのニッキー君も拍手にとても反応するんですって。
なるほど、、、遺伝?(笑)

いつかパパと同じ場所までたどり着けたらいいねぇ。
今は叶わなくてもね。

(お写真は、ゆめちゃん、ミリシュちゃんのオーナーさん、リンココさんから頂きました。
ありがとうございました)

2012年11月16日 (金)

展覧会を見に行こう♪その2

JCCの秋の展覧会も終盤になり、関西では残りわずかとなりましたね。

随分遅くなりましたが、前記事、展覧会を見に行こう♪(JCC)、、、の続きです。
今回は審査の流れ(JCCの場合)、、を簡単に書いていこうと思います。
(私の経験をもとにしています。先輩方、間違いなどありましたらご指摘お願いいたしますsweat01

前回クラスとシステムについて説明しましたが、審査の流れは各クラスでほとんど同じです。
たまに審査員によって手順が違ったりはします。



<1>入場

番号を呼ばれたらリングに入場します。
ラウンド(リングを反時計回りにまわること)で入って、本部テントの向かい側に一列で並びます。
審査員はゼッケン番号と犬を確認してまわります。

この入場する瞬間から審査は始まっています。


<2>個体審査

  A:触審



1頭ずつ行われます。
シェルティの場合はテーブルに載せ、コリーは地面で立たせます。

犬は触られて審査されることに慣れていなければなりません。

Mvi_8066_1
(お顔、チェック中のヒナたん)

審査員は、まず全体を眺めてから、頭部(耳、目の位置、頭の形、歯、顎の様子など)
、肩、前脚、背中、腹部、臀部、後脚、生殖器、尾の順番に触って審査します。


Mvi_8066_3


   B:トライアングル(歩様審査)

JCCの場合、歩様審査は「トライアングル」のことが多いです。(審査員によって異なる)


Photo_6

ちょっと、笑える絵coldsweats01ですが、、それはさて置き。

三角形の一番下の所に審査員が立っています。
左の図のように三角形(トライアングル)の形に走らせて、
犬の歩様(走り方)を見るのです。

「ただ走ればいい」というわけではありません。
運動会ではないので、速ければ良いというわけでもないです。

コリー、シェルティの特徴であるシングル・トロット  

トロット(速歩)でのシングル・トラック、、であることはもちろん、
どれぐらい「スタンダード」の歩様であるか、、ということが審査されます。






downwardleft日生の写真がなかったので、mieさん&ゆめちゃんのお写真も使わせてもらってます。すみませんdash

上の絵で、①を走っているときは、犬の後方からの歩様。(特に後脚)
Img_8083_3

②では側面からの歩様
Img_8095_2


③では犬の前方からの歩様。(特に前脚)。                      
Mvi_8066_5_2



④で止まって、立姿でポーズをとります。

綺麗に自然に立つこと、
アンド、お顔が見えるので、このお写真のゆめちゃんの様にスマイルだと好印象かもheart04
Img_8093


C:ラウンド


Bが終わったら入場のときと同じように、リングを反時計回りにぐるっと走って回ります。

このときは、、えっと、何を見ているのでしょう? coldsweats01
歩様を含めた走っているときの躯全体の様子を審査しているものと、、、、思いますsweat02



<3>整列

<2>の
個体審査が全頭終わったら、元の位置に1列に並びます。
 
展覧会の写真でよく見かける光景ですね。

Img_8104_2

審査員は、1頭ずつ回って、顔(表情)を見たり、横から裏側から、前から後ろから
全部の犬を見比べていきます。


同じ毛色同士で集めて見比べたり、
もう一度歩様を確認するため「アップダウン」(直線上を行って帰ってくる走り方)で走らせたり。。
頭数が多い場合は数頭をピックアップして絞りこんだりもします。

ハンドラーは審査員が何を見に来ているかを瞬時に判断し、
良い所を見せられるように工夫します。
例えば、、、、耳を寄せて集中した良い表情を見てもらうため、おもちゃやベイト(えさ)で
犬の気を引いたりもしているのです。

<4>全員でラウンド

最終決定前に全犬でラウンドします。

<5>入賞犬の発表

そのクラスの出陳頭数に従った数の入賞犬が発表されます。

Img_8207
                          (奥のジェシカと見合って、、)

ここまで、

「審査って、こういうふうに進んで行って、ここをみてるんだよ」、、、ってお話をしてきました。
少しでも参考になりましたでしょうか?

じゃあ、一体、それを「どのように?」、、というところが残っていますよね。

「綺麗とか正しい、、って具体的に何なの?何を基準にどういうのが良いの?」
、、、って。

downwardleftそういう方はコチラを参考にご覧下さい。
コリー、シェルティのスタンダード(標準)です。


コリー&シェルティランドの目次「基礎知識」から「図解でわかるスタンダード」
(表紙のみ通知後リンク可、、、文章・画像の転送は禁じられてますのでご注意ください)

        参考文献 社団法人 日本コリークラブ 発行
        新コリー読本 ・ COLLIE & SHELTIE

Img_8210
                                        (とぉりゃ~~~っ)



要は、”よりコリーらしい”、”よりシェルティらしい”、、かどうかを
判断基準としているのですね。
骨格、躯の構成、、、など先天的な要素あり、運動、管理など後天的要素もあり、、です。
理想とする性格や表情、、というのもスタンダードには記述されています。
文章で読んでもイメージは湧きにくく、実際に犬を見慣れてこないとわかりにくいですが。。

こうでなければいけない、、という読み方より、こういうところが良いと評価される、、といった読み方がいいと思います。
展覧会は(基本が減点方式の訓練と違い)、良い所の加点方式ですから。


Img_8189


(誤解されがちですが)フルカラーどうか?、、、というのはスタンダードには関係ないんですよ。
グランドチャンピオンには、ちょっとしかカラーがない子も見かけます。
美人コンテストではないので、カワイイ、カッコイイとかも直接は関係ありません。


そして、100%スタンダードな犬はいないと言われています。
マイナスと思われる点を持っていても、それをカバーして余りある優れた点が高評価に繋がることも。。。

というわけで、
ブリーダーさん達は、より理想に近い犬を生み出すために年月をかけて繁殖に努力し、
ハンドラーは良いところを引き出し、表現するために苦心するのです。


上手く言えませんが、そんな世界、、、、のようです。

(うちは一般の家庭なので、展覧会は一緒に楽しむイベントみたいな位置づけですけどね)


こういうことしてるんやな~って、ちょっとでも紹介できたならよかったです。
展覧会に行かれたら是非アレコレ見てくださいね。good


Img_8185_1
(この3人組のお嬢さんたち、良い表情しています。頭の中はお花畑でも。。)


Img_8183_1
                                   (天真爛漫は天性か?)



いつもながら、長い下手くそな文章を読んでくださってありがとうございます。


コート待ちでこの秋は応援組の日生ですが、
見ているだけではつまらない、、ので最終ラウンドは参加したいと思っています。

クラスが上がれば、普通の要素は持ってて当たりまえ、とびきりのプラスαがないと通用しない、、とのことです。
(グランドクラスではグランドCHばかりが並ぶのですから、、、)

2012年は、G-D-CH、JKCーCH、BOTB、、と望外の結果を出してくれた日生です。
私的には、もう十分すぎる。。。

なので、心から楽しむために参加しようと思っています。 happy01

2012年11月10日 (土)

長くなってしまった犬の爪

日生家は室内がフローリングです。
(一応、滑り止めカーペットも敷いていますが全体ではない)

ムクの天然材で滑り止めワックスを厚塗り使用しているため、
硬い合成のフローリングよりは格段にすべりませんが、爪の長さはいつも気になります。

外でよく走る子は爪が自然と削れて、「爪切り不要」とか聞きますけど、
まるでイノシシのように地面を蹴り上げ走る日生なのに、なぜか後脚の爪もカットが必要なぐらい伸びてきます。

Img_8322

爪切り、私も苦手です。特に黒い爪(ブルーマールの爪は白黒両方ある)は
出血させるのが怖くて、ついつい甘めに切って、他の白い爪より長めになってたりします。(笑)

でも、爪って切らずに伸ばしてると中の血管も伸びてくる、、、って知ってました?
次に切るときに、短くしようとすると出血しやすくなるんです。

そして、出血させたくないため段々と爪切りの位置が長めになり、、
そうするとまた血管が長くなっていく、、、。gawk

爪切りはいつも悩みの種。ま、日生も大嫌いでしょうけど。coldsweats01

Img_8323

ちょっと参考になる記事を見つけたのでご紹介。
「長くなってしまった犬の爪の中にある血管&神経どうすれば?」

 http://bigtreeforanimals.org/blog-news/dog-nail-long-kwik/




要するに、マメに少しずつ切ってあげると神経も血管もひっこんでいく、、ということらしいですね。
もうひとつ重要なことは、家庭犬では図5、6に示されてる長さが適正だということ。
これより長ければ爪が伸びている、、ということです。
ショードッグの場合これよりも短い方がいいのでしょうけど、日生は走るのであまり短くはしていません。

自分で切ることが苦手な場合、
最近はペットショップや獣医さんで、¥500ぐらいで切ってくれるんですって。
たとえ、流血してもそういうところには「クイックストップ」という血止めを置いてあるので、
対処してもらえます。

記事のように数日おきに、、ということなら、自分でやるしかなさそうかな。
(グラインダー欲しいなぁ。大型犬の爪って硬いから爪やすりで削ると指がつるから)




downwardleft深窓の令嬢、、いや、まな板の鯉。

Img_2651


downwardleft(右)は日生の爪切りハサミ。
ギロチンタイプよりこちらの方が斜めに切ったり、削いだりしやすい気がします。
大きくないけど、切れ味は良くて大型犬の爪もスパスパ切れますよ。

Img_8532


あ、(左)は爪切りとは関係ないの。
中国インターに出てたお店で、ついに手に入れたカーブシザー。
脚先をこれで切ってみたら、むっちゃ気持ち良いscissors
もっと切りた~い、、と他に切るところを探し中。

(中央も大きさ比較のため関係なし)



downwardleftそうそう、脚先と言えば、、

爪を短くカットして、指の間から伸びてるボサ毛も含めて
スリッカーで引っ張り出して、全体を猫の脚先のように丸く丸くカットすると
見違えるほど可愛い脚になりますnote

P1070022

お師匠のmieさんの脚先カットは最高sign03。私も精進しよ~。

2012年11月 8日 (木)

もうひとつの偶然

特別訓練競技会の番外編。。。

過去2回の展覧会のときは、いずれも「足柄SA」で車中泊でしたが、
今回は、前日の土曜日から移動、山中湖あたりで前泊し、当日早朝に会場入りするという計画でした。


ま、それはさておき、土曜日の日中に移動したときのこと、
新東名を東に東に、、、静岡SAでトイレ休憩をすることにしました。
このSAにはドッグランがあるので、日生を少し走らせたい思惑もアリ。

車からみると、ドッグランにコリーがいるのが見えたのですが
近づいていくと、、、、すぐにわかりましたよ。

なんと、マロちゃん、めいちゃんです!lovely lovely

Sbca0178
左から、、日生、マロちゃん、めいちゃん(マロちゃんの娘)

先日の「あらし君」とのドッグランでの遭遇も、全くの偶然でしたが、こちらは、、、

静岡の~高速のSAですよ~sign02

日生家から何百キロも離れてます。


この日、お母さんのマロめいさんは、
2頭とお孫さんをつれてこのSAへ遊びにこられてたのでした。(お近くだそうです)

移動途中だったのでゆっくりお話できませんでしたが、
この場所、時間(それもすごく短時間)にバッタリ会うなんて、スゴイことです。

なんだか幸先いい。。。heart04
激励の言葉と幸運をいっぱいもらって、私たちは東へ向かったのでした。

マロちゃん、めいちゃん、びっくりしたね~。応援ありがとうね~。







そして翌日、会場入りした私達にまたもや声をかけてくださる方が、、

こちらは全くの「偶然」というわけではないのですが、、いや、やっぱり偶然かも。

Img_8576

日生、そっぽ向いちゃってますが、、誰かわかりますか?






downwardleftこのお写真で、どうだsign02

日生のママ、パーちゃんにそっくりでしょ。sign03


Img_8584_1

04パーキッズのハリー君です。パパはニコラ君。

ハリー君は、オーナーさんがもう1頭の子と出場する、、ということで、
応援に来ていたのでした。新潟県からです。


4歳年上のハリー君は、ファミリー初のグランドデュアルチャンピオン。
2010年度の特別家庭犬訓練競技会では入賞もされてます。

2010年のころの日生は、、CDX挑戦中だったのかな?
訓練をやっていれば、どこかの会場で会えるかもしれない、、と思っていた憧れの異父兄です。

Img_8580_3
(UD既得犬なんだから、ちゃんと動かないで座ってよっ。。。と、ドヤ入れられたお二人さん。)

この日の競技会は宮城、福島、新潟、東京、千葉、茨城、栃木
静岡、愛知、長野、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、、からの参加があったようです。
うちは最も西だったのですね。

ネットのおかげで、遠く離れているお友達も身近に感じることができますが、
こうやって、直接お会いできる機会あれば、もっともっと嬉しい。。。

日生のおかげで、どんどん世界が広がっていくことを実感した2日間でした。

2012年11月 7日 (水)

迷子のコリー見つかりました!

迷子のコリーさん、見つかったんだって~ happy01
よかった、よかった。。。

「皆様のご協力のおかげで、本日8日に無事保護する事が出来ました。

オーナー並びに関係者一同、心より感謝しております。

ご協力ありがとうございました。」



だって。scissors
他の情報が入ったらわかりましたら、UPしたいと思いますが、

とにかく、よかったですね。

このブログ見て心配してくださった方々、ありがとうございました。



*** 滋賀県で迷子のコリーを探しています(拡散希望) **********


展覧会でお見かけしたことのあるコリーちゃんです。

無事、おうちに帰れますように。。

滋賀、京都、岐阜、、関西地方の皆様よろしくおねがいします。



詳細はコチラを見てください。

2012年11月 5日 (月)

JCC特別家庭犬訓練競技会

11月4日 神奈川県「いこいの村あしがら」にて「特別家庭犬訓練競技会」が行われました。


Img_8566

過去何度か競技会には出陳していますが、やはり本部主催となると雰囲気が違います。
格調高い感じ。。。。


downwardleft写真は受付を終えたところ、、、、なんですが、
日生はこの時点で展覧会だと勘違いしているみたいでした。
テント前を喜んで走っていますよね。
今日は違うんですけど~ coldsweats01 大丈夫なんかな!? 

Img_8552

本部テントの下には審査員や役員の方がズラリ。
JCCの三角フラッグとか下がっててちょっと豪華です。(いちいち感動している私でした)

downwardleftリングは4面。
規定集どおりにすべてが正確に配置されおり、準備下さった方々のご苦労が感じられました。
規定通りに作られたリングは広々としています。
コリーは体長があるので狭いリングでは動きが小さくなる気がして、、
私は広ければ広い方が好きです。


この4面で同時に審査が行われます。噂には聞いてましたが、
このネット越しの関係が微妙で。。。となりの犬の動きが見えるのですよね。coldsweats01

Img_8572


downwardleft富士山がとっても綺麗に見えて感激するほどのお天気でした。

日生と私、昨年9月にUD完成&トライアルチャンピオン取得しましたが、
UD完成に何とか手が届きそうになったころから、「いつかは、足柄へ、、」との想いがありました。
でも、上には上がある。。。。このままの私達では通用しない。。
9月から、、でも、まだまだ暑かったのでチマチマとスタート、
10月からは集中的に見直すことにしました。

Img_8536

審査中のお写真は残念ながらありません。
(どなたか、もしお持ちなら頂けたらとても嬉しいです)

全体を通して大きなミスはありませんでしたが、減点項目がいくつか、、、
自分で振り返ってみて190点には届いてないように思えました。

日生はとても頑張ってくれたし、
修正したところも含めちゃーんとやり遂げてくれたんですよ。
前回のUD受験のときからは格段に良くなっていました。scissors

ただ、1課目めの「紐なし脚側行進(視符のみ)」だけは、(ミスは無かったと思いますが)
もっとできたのに、もっともっと日生の良いところを見せられたのに、、、との
気持ちが残ってしまって残念でした。私の力不足です。gawk

後半はリングが見渡せる場所に2号と座り込み、
あんな感じでできたら素敵、とか、あの子の動きはいいね、、とか
地面に座り込んで観戦に夢中になってました。



、、なので、結果発表の時、1席に自分たちの番号が呼ばれた時は、
正直信じられませんでした。
「ウソみたい」。。そうつぶやいたのを覚えています。

Img_8599

日生、UD牝クラス1席、194点で、同時に
 BOTB ベスト・オビディエンス・トライアル・ビッチ を頂戴しました。

最高位UD牝クラスで190点以上を獲得した1席の犬に与えられるものです。
(牡はBOTDと言います)




downwardleftどや!顔の日生。(笑)

Img_8614


減点はもちろんあったのでしょうが、
何か良いところを審査員が認めてくださって、それが加点されたのだと想像するしかありません。
(それが事実なのか、また何だったのか、、、を直接お聞きする勇気はありませんでした。)

審査は基準点をもとに減点あるいは加点されるものなのです。





downwardleft記念撮影。
残念ながら(肉眼では見えている)後ろにある富士山はカメラで捉えられませんでした。


Img_8639


本部競技会に出るということで、
直前まで特別にご指導くださいました、Wさん、Tさん、本当にありがとうございました。

こっそり出るつもりだったのに、いつの間にかバレてて(笑)、
応援の言葉を贈って下さったみなさんも、ありがとうございました。


長くなりますが、頂いたものを披露させてくださいね。

downwardleft1席のコリー像。(右)。

Img_8656

左の小さい方は展覧会で頂いたコリー像(BCB)なのですが、
今回のコリー像がどれだけ大きいことか、、嬉しすぎます。heart04


downwardleftBOTBの優勝杯とリボンと賞状。
Img_8665

Img_8664

downwardleftBOTBのハンドラーは、「指導手賞」が頂けます。
賞状と副賞(七宝焼の筆置き)。

Img_8677_2



そう、、、、賞状には、私の名前が書かれているのです。
指導手としての私に賞状ですって。。。

日生が私にくれたもの、、、、本当に嬉しいわ。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »