« ランの修行日記(六甲山) | トップページ | もうひとりの王子さま »

2012年10月 6日 (土)

ランの修行日記(日常のこと)

22日からお預かりしてたランディ君ですが、
10月2日、お引越しが一段落してオーナーのyueさんがお迎えに来られました。

お迎えが来て、まぁ、どれだけランディ君が喜んだことか、、、happy01
大興奮のあまりパニック状態が収まりません。

どんなに楽しく毎日遊んでも、いろんなところに出かけても、
仮に美味しいものをいっぱいもらえたとしても、、
やっぱりオーナーさんが一番なんですよねぇ。。。。

もちろん私もわかってはいましたが、、、そりゃまぁ、ちょっと寂しい気分にも。。。confident
今頃は新しいお部屋にも馴れて、おもいっきりyueさんに甘えていることでしょう 。



週の中から忙しくて続きをUPできてませんでしたが、日常の様子をいくつか。。。

Img_7895

ランディ君、日生の幼少のときと似た感じでした。好奇心が強くて怖いものがあまりありません。

いつもチキチキnotes、嬉しそうに甘えてくる様子はとにかく可愛かったですよ。
これは日生とは違うところ。
男の子の甘えたぶり、、ってこういうものなんでしょうか?

大きなナリで膝に乗り、私の腕に頭を預けて寝てしまうなんて。。
「ひっつき虫コリー」を堪能させてもらいました。 lovely

家の中や庭にあるもの(電気コードや履物、掃除道具なと)へのいたずらはゼロ。
ヒトが大好きで、人間に対して無条件の信頼を寄せています。
愛情たっぷり、大事に大事に育てられたんでしょうね。。。

P1070372

downwardleft日生家の敷地は道路から少し高くなっている角地です。
朝は小学生の群れ、日中は、バイク、自転車、宅配便
夕方以降は、またもや道路で遊ぶ幼児の群れ、新聞配達、ウォーキングの人、犬の散歩と様々なものが通ります。

Img_7901

セキュリティをほとんどしない日生に代わって、ランディ君はお仕事にいそしんでました。
しかも日生より前に立って、似合わぬ野太い声でBOWBOWと。。。(笑)
なかなか強気のオコサマです。さすが、フジコママの息子だけあるsign02


Img_7907_2

downwardleft夕ご飯を待つふたり。よく見ると『カエル脚2重奏』ですね。
Img_7891

downwardleftたまに、こうなってました。
日生は定位置で、後から来たランディ君が堂々と前に座る。。coldsweats01
もしもし、オコサマ、、、なにか間違ってませんかぁ?(笑)

Img_7555_2


日生はことあるごとに、ランディ君を転がそうとしてましたが、
体高がほぼ同じランディ君をなかなか転がすことができません。

長い時間かけてようやく転がしても、ランディ君は決して降参せず、
すぐに反撃punchを食らう日生でした。

(日生、どうやら下手くそみたいです。みおちゃんに教えてもらわなきゃ)

人間が転がすと、すぐに「ボクは降参でつ~」っておとなしくなる従順なランディ君なのですが、
どうやら日生のことは上だとは思わなかったようですね。sweat02

かと言って、日生が降参することはないですから、
「どっちがつおいのか」のマウント合戦が繰り広げられるわけです。
6ヶ月と4歳ですが、、(笑)


Img_7515_2

とにかく、2頭でよく遊んでくれ、おかげさまで人間は楽チン~。

Img_7536

日生の、「遊ぼう~遊ぼう~、日生ヒマヒマ~」攻撃から、すっかり開放された10日間でした。

Img_7552


Img_7509_2

狭い場所ではランディ君も互角ですが、広い場所ではまだまだ日生がぶっちぎり。
自分の優位を見せびらかすように走り抜けてましたよ。Img_7182

日生は日常の運動量がかなり増えていたと思います。
2人で遊びつかれて寝ても、30分もすればランディ君は急速フル充電ですからね。

夏の運動不足解消になったと思います。
ありがたや、ありがたやデス。

Img_7955

Img_7944

Img_7946_3

引っ張りっこ遊び、、、子犬同士では普通の遊びですが、
一人っ子の場合、犬同士で引っ張りっこ遊びができないことがあるんです。
人間が相手なら楽しんでやるのですけど、犬同士ではやらない。。。

理由はよくわかりませんが、ランディ君も日生もそうです。
小さいときに犬同士でやる機会がなかったからなのか、
「この遊びは人間とするもの」、、とでも思ってるかのような感じです。

でも、後半になって、この二人の「引っ張りあいっこ」を見ることができるようになりました。


Img_7937

Img_7958

明けても暮れても、こうやって遊んでいました。

Img_7870

ランディ君、ありがとう。
日生も私達もとっても楽しく過ごせました。



次に会うときは、日生よりも大きくなってるかもしれないけど、
また、いっぱい遊べるといいな。

よろしくね。


Img_7875

« ランの修行日記(六甲山) | トップページ | もうひとりの王子さま »

コメント

楽しい10日間だったんですね。引っ張りっこはうちも良くやってます。もっとも、4歳同士ですけどねぇ。
+1を真剣に考えるこのごろであります(笑)。

さわら父さん、そうやってどんどんコリーにどっぷりはまって行くんですよね~smile
ランディくんと遊ぶヒナたんの表情がとっても可愛い~heart04
家族が増えるのが楽しみやねnote

ランディ君、帰っちゃったんですね。
帰られる方は淋しいですが、きっとランディ君には飼い主様の元が一番なんでしょうね。
日生ちゃん、やっぱり兄弟欲しいのでは!?
男の子だと意地の張り合い(?)になりそうですね。
やっぱりここは妹ちゃんがベストなんでしょうか?
おもちゃの引っ張り合いもできるようになるもんなんですね。
日生ちゃんの変化、とっても楽しく拝見しました。
うちは・・・まったりえんちゃんでしたので一緒に遊ぶという姿は見れませんでしたが(^_^;)。

ひなたん、一人っ子に戻っちゃたんですね。

ママさんの一抹の寂しさにもまして、ひなたんの寂しさがわかるような気が・・・。

男の子って人間でもそうですが、甘え上手ですよね。だから・・・次も男の子かなって思っちゃいます。

男の子同士を未去勢で飼育するのは大変なのかしら?

ひなたん、ママにはならないのかしら?ひなたんの2世みたいなぁ・・・・。

日生ちゃんとランディくんのコラボ、楽しく読ませてもらいました。
また一人っ子に戻った日生ちゃん、暇になっちゃいましたか?
また追っかけてもらうのを、りんちゃんは楽しみにしているそうです(???)

素敵な10日間でしたのね♪

あ~~~~いいなぁ~~~こばんがもう少し若かったら~とか、
先日の里親募集ちゃんが売れ残ってたら~と思ってしまいます。
こばんの妹を迎える勇気?タイミングを失ってるあたしです。
このまま一人っ子でとも思うし、いたらいいなぁ~とも思うしふんぎりがつかない。
誰か、強制的に押し付けてくれたら~なんていう他力本願なので、、、
それにうちに来るより、もっと可愛がってもらえるお家があるんじゃないかな?って・・・
ふんぎりがつかないことの言い訳なんでしょうけど・・・

houseさわら父さんへ

楽しかったです。かなり賑やかでしたが、、(笑)
やっぱり若い子がいると華やぎますね。
日生、まだまだ子供、、って思ってましたが、ランディ君のパワーに比べると
やっぱりオトナになった?とか、落ち着いたの?とか、
寂しく思ったり、愛しくおもったり、私達にも新しい発見が沢山ありました。

+1計画、、頑張ってくださいね~scissors


housemieさんへ

コリーだったら、何頭まで飼えるか?、、って考えると、幸せな気分になるわ。
反面、自分の一生で何頭飼えるかな?って思うとあせっちゃう(笑)

なかなか踏ん切りがつかない私だけど、今はとにかくガマンよ。
容量を空けておかないとねscissors


houseアイラの姉さんへ

帰っちゃったんですよ~。
ほんの数日でも、そのスペースがぽっかり開いた感じしません?
不思議ですよねぇ。。。。

先住犬と異なる性の方がトラブルにはなりにくい、、って聞きますけどね。
ウチは基本的に女の子です。(だって、手術してないもん)

アイラちゃんには、えんちゃんがピッタリだったと思うわ。
お互いオトナの距離を保てるような相手じゃないとねscissors


houseスコルママさんへ

にぎやかで元気な子だっただけに、妙にスペースが空く感じです(笑)
日生も翌日ぐらいまでは、リラックスしてヘソ天してたんですけど、
2日目には遊び相手がいなくて退屈そうにしてました。

男の子同士を未去勢で飼育するのは大変???
私は男の子の経験がないのでわからないんですけど、
相性が悪くて大変、、っていう所と、仲良くしてる、、って所とあるみたい。
歳の近さとか、女の子の存在とか要因は色々?
どうなんでしょうね。

houseラム&りんのオーナーさんへ

帰った当日はね、自分のクッション(←ランディ君に占拠されてた)に座って、
へそ天でくつろいで寝てたんですけどね、
翌日にはヒマになったらしくて、矛先がこっちに、、(笑)

リンちゃん、月末会ったら、どうぞよろしくお願いしますね。

house山口のおばちゃんさんへ


うちも、パーちゃんの出産を待って2年以上。
結局、日生をお迎えしたのは月見が10歳6ヶ月のときだったんですよ。
だから、おばちゃんさんのお気持ちわかる気がします。

余り歳が離れると、パピーのエネルギーがすごくて、
先住犬に負担がかかっちゃうんですよね。
でも、反面、若返るとも言います。
つーちゃんには苦労かけたけど、今では良かったと思っています。

こういうのって、タイミングの問題かもですね~。
(「ご縁」とも言える?)
でも、おばちゃんさん家にくればシアワセまちがいなしですよ!

あーうらやましい。
パニックになってお迎えを喜ぶ、ランディ君。
私なんて、飼い主として危機感を覚えましたよ。

あの時の、さぶい空気。
一気に真冬の氷点下!

月見&日生&○○ママと変わるのは近々でしょうかww

houseありさんへ

えんちゃん、お怒りだったんよね(爆)

ランディ君はまだ子供だから、感情に素直なんよ、きっと。
えんちゃんは心の中で本当はうれしいんだけど、反面置いてきぼりは腹立たしくて、
その複雑さがオトナならでは、、なんかな。
私達が思ってる以上にワンコって複雑よね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランの修行日記(六甲山) | トップページ | もうひとりの王子さま »