« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

パーちゃん 快気祝オフ会①

先週の金曜日、日生のお里主催のオフ会が名古屋地方でありました。
お天気も良くて、久しぶりの方や、初めまして~♪の方などお会い出来て
とても楽しい時間を過ごしました。

Img_8327


関西~関東の日生の親戚を中心に、コリー25頭、シェルティ3頭。
あまりの写真の多さに整理がつかない状態です(笑)

当日の様子などはお里のHPで順次紹介されるみたいなので(他力本願ですが、、)
こちらを是非ご覧くださいね。

「コリーの大家族が棲む家」 マザーレイク犬舎

数あるお写真の中から、わたくし目線で綴っていきたいと思っているのですが、
何しろやることが遅い。。。



今日は、取り急ぎハロウィーンバージョンのお写真をUPします。

題して、「パーちゃん快気祝オフ会。。。やっぱりパーちゃんはカワイイ」

Img_8500



申し遅れましたが、、、パー(Par)ちゃんは日生のママです。11歳7か月。

今年7月上旬くらいに病変が見つかり、一時は余命1~3か月とまで言われ、
私達はとてもショックを受けました。

、、、が、その後、手術を乗り越えて回復、
発覚から3ヶ月超のこの日、「快気祝いのオフ会」が開催されたのです。


Img_8494

この日、終始ご機嫌さんのパーちゃんでした。

こんな笑顔を見せてくれるなんて、、heart04

本当にうれしい。。。。



Img_8497



オフ会は平日開催だったので、2号は仕事だったのですが、

「パーちゃんの快気祝いのオフ会やで、、」と言うと、
とっとと有給休暇を取得し、この日をとても楽しみにしていた2号でありました。

もちろん私も楽しみにしていましたよ。


日生のお里のコリーズはどの子も特別な存在ですが、
パーちゃんは(日生のママという理由だけでなく)
私達夫婦にとって「最も特別な存在」と言えるのです。

それは、もうちょっと後に綴らせていただきます。





今日はハロウィーン。。。
家の横の道路を仮装した子供達が練り歩いていました。
(子供英会話教室のイベントらしく、毎年恒例)

でも、コリーズだって負けてはいませんよ。

Img_8514_2

前列左から、レインちゃん、パーちゃん、みおちゃん、日生。
後列左から、なぜかすっぴんのフェーちゃん、ランディ君。


Img_8518

パーママ、黒にオレンジと紫が映えています。笑顔もステキ。
日生は、、、かぶりものが苦手で凝固中。。。(笑)

Img_8491

日生家にしばらくの間修行に来ていたランディ君にも1ヶ月ぶりに会えました。

ランディ君も被りものは平気らしいですね。似合ってますよ。scissors

Img_8528

一番決まっていたと思うのは、、後列のフェーちゃんです。
ちょっと斜めに構えておすましポーズ、、、モデルみたいよ。

こうやって、みんなで仮装してお散歩で練り歩いたら、注目の的でしょうね。


それにしても、、日生、さっぱり似合いませんな。sweat02



                 

       (バタバタしてて、お返事遅れそうなので、今日はコメント欄閉じてます)

2012年10月19日 (金)

展覧会を見に行こう♪(JCC)

お出かけに良い気候になってきましたよね~。
オフ会、ドッグランに行楽に、、、いろんな楽しいお出かけ話を聞きますが、
日生のお友達ワン(の一部)は只今ショーシーズン真っ盛り  lovely
JCCの秋季展も気温が下がるのとは反対にヒートアップの模様です。

残念ながら、日生はコート待ちで出陳ならず。

、、、って、『ひなちゃん、タイトル完成したんじゃ?』

そうなんですけど、JCCではグランドクラス、、っていうステージがあるので
そこに出陳することができるんですよ。

(これは以前のお写真デス。兵庫展かな)
Img_4852

JKCでも、CHタイトルは全体からみると実は通過点。
それ以上にチャレンジするかどうかは、オーナーさん次第だけど、
まだまだ上のステージはあるんですねぇ。。。


Dsc_4650_3
2012年 特別記念展より。富士山がきれいでした。
みなさん、出陳目録片手に真剣に観戦のご様子。





「展覧会(ドッグショー)って、なんだか敷居が高い。。。」そういうイメージあるかもしれませんが、
中に入って見て見ると、そんな特別な子ばっかりが出てるわけでもない、、、ことに気づきます。
(モチロン特別な子、、も出てますけどね confident
一定の条件を満たせれば、日生のように「ウチの子」も出陳できるのです。

『そんなん日常的やないわ~』 sign02
じゃ、観戦やお友達ワンの応援はどうでしょう?。

特に、JCC(日本コリークラブ)は
シェルティやコリーが好きな方なら、沢山のコリシェルが集まってるのを見るだけで楽しめるかも。
(残念ながらな~んにもお店とかでてないんですけどね)

秋のJCC展覧会、毎週アチコチで行われています。
リングサイドの間際以外は、愛犬を連れていけますよ。

Dsc_4619_2
ギャラリーもいっぱい。

Img_4458
特別記念展なので、1クラスにも沢山の出陳でした。



沢山のショードッグ達が綺麗にドレスアップして並ぶのを見るだけでも、
目の保養にはなるのですが、
ショーの基本的なルールを知れば、おもしろさもUPするというものです。

なので、「初めてさん向け」の解説をちょっとしたいな~って思います。

(先輩の皆さま、間違ってたら指摘よろしくお願いします)



では、JCCの場合で。

1.スケジュール
シェルティは午前中(基本的に9:00~)、コリーは午後(12:30とか13:00ぐらい~)です。
お目当てがシェルティなら午前中にお越しください。。。ということです。

2.出陳クラス
コリーシェルティとも、4つのクラスで牡牝別(4×2=8クラス)に分かれています。
ショーはこの順番に進められて行きますよ。

A:オープンクラス(平場ともいう)
B:スペシャルクラス(特別犬組ともいう)
C:チャンピオンクラス
D:グランドクラス、、、

「オープン牡」とか、「チャン牝」とかいうのは、
「オープンクラスの牡組」、「チャンピオンクラスの牝組」、、という意味だったんですね~。paper

3.簡単なルール説明

A:オープンクラス
生後6ヶ月以上。どんな年齢の子でも、ここからスタートです。
ここで1席になった子を牡をWD(ウィナードッグ)、牝をWB(ウィナービッチ)と言います。
クラスに4頭以上揃うと成立なのですが、4頭以上、何頭いても(例え10頭いても)1番の子しかもらえない「狭き門」です。


お友達の話で恐縮ですが、
最近、「モンモンがWBをもらった~!」とか、「アルフィーがWDゲット」。。。というのは、この事だったのです。catface
ショー犬生にたった1度しかもらえないので、おリボン以外に大抵、記念のトロフィーや盾が
もらえますよ。

Img_8052_4


このクラスでウィナーshineになると、次回からはチャンピオンを目指すBのクラスで出陳です。


B:スペシャルクラス
ここば、WD,WBを経て、JCC-CHタイトル完成にチャレンジする子達のステージです。
ざっくり言うと、出陳4頭ごとに認定証(カード)が出ます。8頭なら2枚、12頭なら3枚という具合です。

例えば出陳が8頭なら、1席、2席の子がおリボンと銀色のコリー像とカードがもらえます。
スペシャルクラスなので、
牡の入賞犬をBSD(ベストスペシャルドッグ)、牝の入賞犬をBSB(ヘストスペシャルビッチ)と呼びます。

Img_8053_2

このカードを条件付きで4枚集めると、めでたくチャンピオン(JCC-CH)shineとなり
次のCのクラスに出陳可能となります。


日生の知り合いで言うと、アロハちゃん、ココちゃんモンモン、コリーの夢芽ちゃん、ケリーたんがこのステージで只今チャレンジ中です。good



C:チャンピオンクラス

CHタイトル獲得後、グランドタイトルにチャレンジする子達です。
出ている子達は当然CHばかりですが、ルールはBと同じです。


入賞するとおリボンと青銅色のコリー像とカードを頂けます。
チャンピオンクラスなので、
牡の入賞犬をBCD(ベストチャンピオンドッグ)、牝の入賞犬をBCB(ヘストチャンピオンビッチ)と呼びます。

条件つきで5枚集めるとグランドチャンピオン(JCC-G-CH)shineと認定され、次のDのクラスに出陳できるようになるのです。

Img_8047_2
どれ見ても同じっぽいですが、色が違うんですよ。


日生の知り合いでは、ジェシカがこのクラスであと1枚のリーチです。scissors


D:グランドクラス

グランドCHのタイトルを持った子達が、
BOB、BOSといって、その日の展覧会でのBEST犬みたいなもの、、を競います。

グランドクラス出陳の中から牡牝から1頭ずつの2頭をまず選出して、1対1で対決。
どちらかが1席のBOB(ベストオブブリードだっけ?)、反対の性の子がBOS(ベストオポジットセックス)となります。

BOBやBOSに選出されると、でっかいコリー像shineや立派なおリボンribbonがもらえるそうです。
日生はこのクラス(姫ちゃん、つばちゃん、イヴちゃんも同じ)ですが、
まだチャレンジしたことないので遠目でしか見たことがありませんし、お写真もありません。
どんなんでしょうね~?





このように4クラスに分かれているのですが、あくまでも各クラス内での比較審査です。
絶対評価じゃないので、どんなに自分ちの子がコンディションが良くても、
それ以上のパーフォマンスをする子がいれば負けちゃうわけですね。weep
もちろん、ラッキーな並びのときもありますけどね。



Dsc_4672_3

クラスは異なっても審査員が犬の何を見ているか、、、、というのは
実は全部同じなんですよ。

すごく長くなっちゃったので、
何をどのように見ているか、、、、それはまた今度にしますね。confident


顔見知りのワンコがこの秋はたくさん出ているので、
我が家はお休みでも、なんだかウキウキ、ドキドキしてる私です。

2012年10月15日 (月)

どんな時も、、

どんな時も、どんな時も♪君が君らしくある(かぎり)~♪



何をしている時でも、、、、

Img_8029

自分ちの子の顔は可愛いheart04




                   、、、、と信じていた。

Img_8045


   だけど、、、、、 sweat01




















Img_8046_1_2


黒目、、どこかに行っちゃってる。


Img_8046_2_2


4年目にしての、新たな発見。




              

                        
                       ※補足  シャッタースピードを上げて連写した中の
                              ヒトコマで、たぶん肉眼では見えない捕獲
                             の瞬間。 
                              




                     

2012年10月12日 (金)

訓練練習会(10月1回目)

朝晩がやっと涼しく感じられるようになりました。
トレーニングに最適な時期です。8日は1回目の練習会でした。
夏場、食欲が落ちてしまった子も挽回して、イヤシイ度は日増しにUPup
日生もそろそろ始動させなければ、、と思うこのごろです。

例によって練習中のお写真がないのですが、この日私はCDX組の担当でした。
CDX組ともなると、私の不器用な説明でも練習はサクサク進みます。
(課目が多いので結局時間はかかってるけど)

日常の中でも練習されてる事がお話の中から十分想像できるし、
練習会は問題の発見と解決の場と認識されてるよう。さすが、CDXチャレンジ組notes

それでも家でやってるようには、なかなか外ではできなくて、
ちょっとガッカリされることもあるようだけど、それは普通のことですからご安心を。
家の中で安定してくれば、必ず外でもできるようになりますから、
次回、または次々回にでも成果を拝見させて頂くのを楽しみにしてます。


練習の様子はmieさんがUPしてくださったので、こちらでどうぞ。
 こりー♪しぇるてぃ♪うえすてぃ♪ scissors



この日、練習会にはゲストが、、、happy01

downwardleft京都在住のAさん家の
ミリシュちゃん(セーブル1歳4ヶ月)とシルヴィちゃん(ブルー1歳2ヶ月)です。

Img_7988


downwardleftミリシュちゃんは、お里が日生と同じマザーレイク犬舎。ママはワカコさんです。

(ワカコさんのママ、ローズ様は日生のおばあちゃんになります)

Img_7991

とても、温厚で穏やかな性格のミリシュちゃん。
1歳ちょっとでこの落ち着きはどうよ~ to日生さん。coldsweats02

美人さんですね~。

Img_7995

downwardleftそして、妹のシルヴィちゃん。
ちゃんとしたお写真がなくてごめんなさい。でも、こんな可愛い表情をしてくれました。

Img_8019_1_3

只今、換毛期でちっこい体がさらにちっこく見えますが、とってもパワフルnotes
オーナーさんによると底なしの体力らしいです。
練習が終わってから、空き地で日生といっぱい走ってくれました。ありがとうね~。
ちょっと遠いですけど、またご参加くださいね。





downwardleftそしてこちらは、お久しぶりの風花ちゃん。
後輩たちの練習を見学に来てくれました。

風花ちゃんとオーナーのTさんは私達の大先輩です。
シェーピングを取り入れた練習がお上手で、
(私にはなかなかマネできないけど)色々教えて頂いた事がとても役に立ちました。


Img_8010

Img_8022

12歳になっても、ちっとも変わっていない風花ちゃん。
久しぶりの練習会の雰囲気、楽しんでもらえたでしょうか?
Tさん、また是非いらっしゃって日生の練習をみてやってください。お願いします。

downwardleft実は風花ちゃんとシルヴィちゃんはお里が同じ(F犬舎)なんですよ。
シェルティもそうですけど、必ずどこかで『ご縁』がつながってる、、とも言えますね。

Img_8006

この日はほかに、AさんのRのつく4コリーズも参加されてました。
が、バタバタしてた私はお写真撮りそこね。
モフモフでステキな男の子達だったのに~~~crying

CDXお受験に向けて練習されてるので、またお会いできますよね。
そのときは必ずcameraをば。




downwardleftこのところ、カメラを向けると必ず入ってくるかわいいジェっち。
(この日はコリーが8頭!デカイ軍団にシェルティ達はビビッてた?ごめんなさいね。。)

Img_8003




さて、最後に日生の練習ですが、、、

数日前からsweat02、ちょっとまじめに自主練を始めた私達。
「今日こそはWさんに様子を見てもらおう!」と張り切って問題の『命令によるジャンプ』をやってみましたが、
日生はあらぬ方向に、ふら~りふら~り。。どこ行くねん~。。crying

全身の力が抜けちゃうぐらいガッカリ、、down

そこで、冒頭の自分自身が言った言葉を思い出す。。。
「家の中で安定してくれば、必ず外でもできるようになりますから、
次回、または次々回に拝見させて頂くのを楽しみにしてます。」

はい、その通りですね。がんばります。(自己完結やな)

Wさんより、
どうやら赤い色のターゲット(位置を教える目印)は見えにくいらしい、、、というアドバイスをいただきました。
思いあたる節はあったので、かなり納得sign03
どうやら日生に難しいことを強いてたみたいです。
感謝、感謝です。confident

一人でやってたら気付かず遠回りしてたでしょう。ありがとうございます。
こういうところも練習会の良い点ですね。


2012年10月 9日 (火)

もうひとりの王子さま

さて、ランディ君がお家に帰ったあとの日生、、、

当日は、、(取り返した)自分のクッションでヘソ天でくつろいでおりました。
が、、翌日にはヒマヒマに、、、。
人間に、「たいくつ~あそんで~どっか行こう~」と絡みます。

しかたないので、いつもの宝塚ガーデンフールズのドッグランへ。。。
ハスキーの男の子に走るお相手をしてもらってました。

すると、受付の辺りに、コリーの姿が、、eye  しかも若そう。。。

宝塚という場所でも、コリーにドッグランで出会うのは珍しいんですが、
チラチラ見てますと、どうやらランに入ってくるみたい。note

日生に「ほら~、ランディ君が来たで~」って言うと、キョロキョロ探しておりました。

downwardleftでしょ? happy02

Img_0870


だけど、ちょっと違うsign02

、、、、ランディ君じゃない。


Img_0875

でも、なんだか「見たことある感」の、お顔。。。

この、可愛い王子さまは、、、、、

Img_0893

12レインキッズのあらし君でした~。lovely

あらし君のお家は、日生家と同じ地方、、ですが、超ご近所というわけでもありません。

この日がドッグランデビューのあらし君、待ち合わせたわけではなく全くの偶然でした。notes


downwardleft日生、あらし君のお母さんにご挨拶。

Img_0886

あらし君は、、、はじめてのドッグランで、ちょっと緊張してたかな?

しかも、押しが強すぎる日生にちょっと引き気味でした(笑)

強引な姉ちゃんでごめんね~。


Img_0878

明るいセーブルのコートは超モフモフで触りたかったのだけど、
変な馴れなれしいオバサンは怪しかったよね~。

お顔は、、レインちゃんそっくりheart04
(写真では上手く写ってないですが、ほんとに似ています)



Img_0894

ランチでもう一度お会いしたので、並んだところをパチリcamera


Img_0905

ドッグランの会員になられたそうなので、またお会いできると思います。

そのうちランに慣れてきたら、、今度は日生と一緒に走ってね~。


2012年10月 6日 (土)

ランの修行日記(日常のこと)

22日からお預かりしてたランディ君ですが、
10月2日、お引越しが一段落してオーナーのyueさんがお迎えに来られました。

お迎えが来て、まぁ、どれだけランディ君が喜んだことか、、、happy01
大興奮のあまりパニック状態が収まりません。

どんなに楽しく毎日遊んでも、いろんなところに出かけても、
仮に美味しいものをいっぱいもらえたとしても、、
やっぱりオーナーさんが一番なんですよねぇ。。。。

もちろん私もわかってはいましたが、、、そりゃまぁ、ちょっと寂しい気分にも。。。confident
今頃は新しいお部屋にも馴れて、おもいっきりyueさんに甘えていることでしょう 。



週の中から忙しくて続きをUPできてませんでしたが、日常の様子をいくつか。。。

Img_7895

ランディ君、日生の幼少のときと似た感じでした。好奇心が強くて怖いものがあまりありません。

いつもチキチキnotes、嬉しそうに甘えてくる様子はとにかく可愛かったですよ。
これは日生とは違うところ。
男の子の甘えたぶり、、ってこういうものなんでしょうか?

大きなナリで膝に乗り、私の腕に頭を預けて寝てしまうなんて。。
「ひっつき虫コリー」を堪能させてもらいました。 lovely

家の中や庭にあるもの(電気コードや履物、掃除道具なと)へのいたずらはゼロ。
ヒトが大好きで、人間に対して無条件の信頼を寄せています。
愛情たっぷり、大事に大事に育てられたんでしょうね。。。

P1070372

downwardleft日生家の敷地は道路から少し高くなっている角地です。
朝は小学生の群れ、日中は、バイク、自転車、宅配便
夕方以降は、またもや道路で遊ぶ幼児の群れ、新聞配達、ウォーキングの人、犬の散歩と様々なものが通ります。

Img_7901

セキュリティをほとんどしない日生に代わって、ランディ君はお仕事にいそしんでました。
しかも日生より前に立って、似合わぬ野太い声でBOWBOWと。。。(笑)
なかなか強気のオコサマです。さすが、フジコママの息子だけあるsign02


Img_7907_2

downwardleft夕ご飯を待つふたり。よく見ると『カエル脚2重奏』ですね。
Img_7891

downwardleftたまに、こうなってました。
日生は定位置で、後から来たランディ君が堂々と前に座る。。coldsweats01
もしもし、オコサマ、、、なにか間違ってませんかぁ?(笑)

Img_7555_2


日生はことあるごとに、ランディ君を転がそうとしてましたが、
体高がほぼ同じランディ君をなかなか転がすことができません。

長い時間かけてようやく転がしても、ランディ君は決して降参せず、
すぐに反撃punchを食らう日生でした。

(日生、どうやら下手くそみたいです。みおちゃんに教えてもらわなきゃ)

人間が転がすと、すぐに「ボクは降参でつ~」っておとなしくなる従順なランディ君なのですが、
どうやら日生のことは上だとは思わなかったようですね。sweat02

かと言って、日生が降参することはないですから、
「どっちがつおいのか」のマウント合戦が繰り広げられるわけです。
6ヶ月と4歳ですが、、(笑)


Img_7515_2

とにかく、2頭でよく遊んでくれ、おかげさまで人間は楽チン~。

Img_7536

日生の、「遊ぼう~遊ぼう~、日生ヒマヒマ~」攻撃から、すっかり開放された10日間でした。

Img_7552


Img_7509_2

狭い場所ではランディ君も互角ですが、広い場所ではまだまだ日生がぶっちぎり。
自分の優位を見せびらかすように走り抜けてましたよ。Img_7182

日生は日常の運動量がかなり増えていたと思います。
2人で遊びつかれて寝ても、30分もすればランディ君は急速フル充電ですからね。

夏の運動不足解消になったと思います。
ありがたや、ありがたやデス。

Img_7955

Img_7944

Img_7946_3

引っ張りっこ遊び、、、子犬同士では普通の遊びですが、
一人っ子の場合、犬同士で引っ張りっこ遊びができないことがあるんです。
人間が相手なら楽しんでやるのですけど、犬同士ではやらない。。。

理由はよくわかりませんが、ランディ君も日生もそうです。
小さいときに犬同士でやる機会がなかったからなのか、
「この遊びは人間とするもの」、、とでも思ってるかのような感じです。

でも、後半になって、この二人の「引っ張りあいっこ」を見ることができるようになりました。


Img_7937

Img_7958

明けても暮れても、こうやって遊んでいました。

Img_7870

ランディ君、ありがとう。
日生も私達もとっても楽しく過ごせました。



次に会うときは、日生よりも大きくなってるかもしれないけど、
また、いっぱい遊べるといいな。

よろしくね。


Img_7875

2012年10月 2日 (火)

ランの修行日記(六甲山)

六甲アイランドから向かった先は「六甲山牧場」。rvcar
どちらの場所も日生家からは車で1時間ほどの距離です。

標高が高い六甲山は下界よりかなり涼しくて半そでが寒いぐらい。

ランディ君が夏を過ごした釧路はきっとこんな感じだったんでしょうねぇ。
犬達には最高ですよね。

Img_7807

午前中だったので沢山の羊さんが食事に出ていましたよ。

(柵は閉じていないので入ろうと思えば中まで入れます。)


downwardleftさっそく、ご挨拶を。

Img_7860

  もしもし、ボクはランディといいまつ。はじめまして。
  お鼻の感じといい、毛のモコモコしたところといい、親戚のような気がしまつが、
  そうでつか?

Img_7861

怖がることなく、好奇心の赴くまま接近しているランディ君。

羊もヤギも時に頭ツキしてくるので注意ですよ~。
(なんたって空気読めないランディ君ですから、、、sweat02

downwardleftこちらの羊は多分、若い牝。これなら安心そう。

Img_7803

   チュしてくれたでつheart04。ボクはもてるのでつね。

Img_7804



downwardleftこちらは日生。群れからはぐれた羊をねらっている、、、、、、、のではありません。


Img_7825_5

downwardleft日生は羊が怖いのです。catface
羊もヤギも馬も、犬ではない(←ここが重要)正体不明の生物、、と思っています。

Img_7826


ランディ君、羊をこわがるでもなく、ひたすら羊が食べているものを気にしてました。
(ただの草です)
さすがです。

落ちている羊のコロコロのうんPもとても気になって、気になって、、(笑)
(確かに見た目がドッグフードに似てなくもない)




Img_7831

ドッグランから牧場へ、、、
駆け足でしたが、この日のお出かけ、楽しんでくれたでしょうか?

Img_7833



牧場と羊とコリー、、、やっぱり似合いますよね happy01

Img_7840

2012年10月 1日 (月)

ランの修行日記(六アイ)

週末は台風の影響でお天気が荒れるというので、
土曜日の朝早めに六甲アイランドのドッグランに行ってきました。

ボーダー2頭と、この子(ポインターかな?)が遊んでくれましたよ。

Img_7579

Img_7566

今回の修行の数あるミッションのひとつは、、、(って私が勝手に決めたんですけどね)

ランディ君は、いっぱい走って運動すること。
日生は、いっぱい走ってダイエットすること。。。(笑)

通常のお散歩に加えて、暗くなってから人気の無くなったグランドで日生と走らせる。
できるだけ直線コースでダッシュさせることを意識しました。

downwardleftまだまだ成長途上で、走ってても手脚がバラバラ、、前に進みませんけど coldsweats01
そこがまた、かわいいんです(笑)

Img_7571

downwardleftそれでも1週間程の間に、少し走り馴れてきたように思います。

Img_7561_2

downwardleft楽しそうでしょ?

Img_7639

Img_7638_2

Img_7649

downwardleftそれでも、まだまだ、この方のイノシシ走りには追いつけません。
瞬間的にランディ君を数メートル引き離しますnote

Img_7607_2

downwardleft後半、2頭の若いパグフレブルちゃん達とも遊びました。

Img_7704_2

ちっちゃい子とも、上手に遊べるランディ君です。

Img_7715_3

downwardleftこちらは、「爆走」とはいかず、「余裕でルンルン」ですね。

Img_7723_2

最後に、六甲アイランド訪問の記念撮影をパチリ。
(マストさんは残念ながらOPEN前でした)

Img_7780_2

うちから六甲アイランドは、山麓越えになるためグネグネ道が心配でしたが、
ランディ君、往路を難なくクリアnote

少し蒸し暑くなってきたので、この後、涼しいところに行くことにしました。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »