« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

JKC-CH認定書

昨日、JKCのチャンピオン認定書が届きました。
(想像してたよりあっさりしたものでしたがせっかくなので記録のためUP happy01
次回よりCHクラスでの出陳となります。

当日および、手続きにお世話になりました方々に、この場を借りて改めてお礼申し上げます。confident

downwardleftちなみに右の2枚は家庭犬訓練試験CDⅠとⅡのものです。
牝のCH登録には犬舎号登録が必須とのことで、(なんか場違いな感じですが)同時に登録しています。
犬舎名は、、、ふふふ、内緒です。

Img_6842

1_img_5215hdr


JKC-CH  THE MOTHER LAKE LAVENDER


         2010.10.17  FCI中国インター        G4th M.CC

         2011.04.24 姫路しらさぎ愛犬クラブ展  G3rd CC

         2011.05.06 大阪南三国愛犬クラブ展   G3rd M.CC

         2012.06.10 丸亀ファミリードッグクラブ展 G2nd CC NewChampion

2012年8月20日 (月)

泳げたよ~♪

兵庫県竹野海岸「わんわんビーチ」に今夏2度出没した日生家。
でも、お盆も過ぎたので日本海の海水浴はおしまいになっちゃった。
(波が高くなる&水温低下でクラゲが出るから~)

で、今年からペットOKのエリアができたという「二色の浜海水浴場」(大阪府)をリサーチしてきましたよ。

関西国際空港より少しだけ北側、大阪市内寄り、、、。(関空橋が見えていました)
大阪湾impact、、とは言いませんが、大阪湾の端っこに位置すると思われます。
、、ということで、水質の方は期待しない様にしました。coldsweats01日本海と比べたらアカンよね。

それでも、海水浴で有名な場所で、初夏は潮干狩りでも賑わうらしい。
初めて行きましたが公園は広くて整備されていて綺麗でした。
ペットエリアに近いのは、第一駐車場です。(¥600)。少し歩きます。

downwardleft駐車場から公園に入ったあたり。海に向かって右側の砂浜がペット入水OK。

Sbca0206

補足情報も。。。。
夏休み期間だけと思いますが、海の家(着替え&シャワー ¥300)があって、
一番気になるところの、犬用のシャワー(水 ¥300)も外にありました。
メインの大きめ売店は「人間エリア」(笑)の方にありました。

んで、公営の公園では珍しく、バーベキューOKのエリアもあるんですよ。

Sbca0192

downwardleft朝早くからグループや家族連れで賑わっていました。
実は上を走っているのは「阪神高速」なんですが、これがちょうど良い日陰を作ってるんですね
Sbca0197

Sbca0200

で、早速、水へGO。

Img_0784

downwardleft波打ち際から泳ぎ出す私。
Img_0812

(写真でみると水もマズマズ?の綺麗さです。神戸の須磨海水浴場よりマシかも。。)

downwardleft沖に向かいます。それを見送る日生。

Img_0813

downwardleft振り返ると、日生がついて来てる~~~~~heart04
(浅いのですが、この時点で日生は脚が着いていません)

Img_0814

downwardleftまっすぐ泳いできます。

Img_0815

downwardleftもうちょっと~。(近寄ってくるときの一生懸命な顔がとてもかわいい~happy01

Img_0817

downwardleft到着。よく来れたね~って。

Img_0818

downwardleftそこから岸に向かって一緒に泳ぎます。punchImg_0823

一緒に泳ぐことが、かねてからの願いでした。
もう、私は有頂天ですsign03

Img_0824

昨年までは水の中でカエル脚になってて、蹴る力が推進力になっていなかったのですが、
今年見てみると、ちゃんと後方に蹴っていました。
結構速くて、私も一生懸命泳がないと負けそう。

Img_0825

downwardleft脚がつくまで、もうちょっと。

Img_0792

downwardleft上陸でつ~note

Img_0795

脚がつかない所へ連れて行って離せば、、、
ほとんどの犬は(岸に向かって)泳ぐことができます。

月見だって泳げることは泳げた。

でも、私を追って自ら深いほうに向かって泳いでくるのは、、それとは違う。
呼ぼうがオヤツでつろうが、本当に嫌だったら来ないです。
しかも岸では撮影していた2号がいたのですから。


downwardleftその後も私が泳げば何度でもついてくる。
遠くの防波堤まで泳いで行くことにしました。(とても浅いのだけど、やはり日生は脚がつかない)

Img_0834

初めから泳ぐことが好きな子はいるけど、日生は水があまり好きではなかった。
泳ぐことはそんなに怖いことじゃない、、と思い始めてるのだと思います。


なぜか「自分の犬と泳ぐ」のが夢だった私。
コリーを飼う前は泳ぎの上手なレト種にしようと考えたこともあったぐらい。
なので、この日、私がどれだけ有頂天になったことか。。。(笑)

ま、いつでも私の願いをかなえてくれる日生ですけど。


downwardleftこの防波堤まで、50m以上あったと思います。
ブロックに上陸して、魚ウォッチングしているおじさんに挨拶をしました。
おじさんは、「よ~泳いできたなぁ~」って言ってくれました。

Img_0835

downwardleft運動したあとは、お弁当を食べて木陰でゆっくりしましたよ。
泳ぐのはかなりの運動量のようです。

Sbca0198

Sbca0204_2

大阪市内からも近くて(ウチからでも1時間強)
水遊びしてバーキューもできて、、なかなか良い場所でした。
私達が行った日は犬が少なくてガラガラ。(人間エリアには子供連れなどそれなりに人がいた)

ペットOKエリアにも普通に(犬無しの)人が泳いでたし、、
犬が怖い人はこっちには来ない、、ってシステムなのかもしれませんね。
どちらにせよペットOKなんだから、周りに気兼ねすることなく連れて行けて気楽でした。


問題の帰り支度ですが、、、
シャンプーが憚られるような場所だったので、水洗いだけを念入りに。
でも、やっぱり海草みたいなニオイが残ってる気がして、、、bearing
家に帰ってからのシャンプーは覚悟して、、かもしれません。

行かれるなら防波ブロックのある一番右手の浜が(ワカメがなくて)お勧めですよscissors




2012年8月16日 (木)

トリミングバサミ

日生のトリミング用のハサミ。hairsalon

それまではペットショップで買った¥800ぐらいのもので、
そんなにアチコチ切るわけでないので月見の代から10年ほど、これで十分だった。

Sbca0168_2
(海水浴に行ったときに竹野で買ったスイカ。鳥取産。普通に丸い。記事には関係ないけど。)

日生をショーに出すようになって、アンド自分でカットするようになって、
周りの人が持ってるようなハサミが欲しくなった。

が、、ハサミって高いのsign03
こんなに高いって知らなかった。
万の単位や。(一番安いのでも1,2万円。高くなると6,7万円~きりがない)

聞けば、人間の美容師さんの持ってるハサミ(シザーという、、confident)も、むちゃむちゃ高いらしい。。。
あんなに無造作に腰にぶら下げてるのに。
(知ってからは髪を切りにいって美容師さんのハサミばっかり見ていた)


高い。でも、最低でも長いのと、短いのと、スキバサミの3本は欲しい。

で、いいものを見つけた。
トリミングスクールの新入生用の3本セットとケースがついて、お値段は上記の1本程度。
どうせシロウトが趣味で使うものだからコレで十分やろう。
切れなくなったら研いで使うことができるレベルの品、、というのが気に入って買った。これが2年前のこと。

Sbca0173_2

この春のショーシーズンが終わって、スキバサミ(セニングという)が切れにくくなったので、
研ぎに出した。

もちろんハサミ研ぎは初めて。どこに出していいのかわからない。(←周りの人に聞けよ coldsweats01

いつもの包丁研ぎ屋さんでもハサミを研いでくれるけど、
「裁縫バサミ」とか「植木バサミ」とは違うんでないかい?と思い、
美容用のハサミとかペットトリマーさんの道具を扱うところに出した。

Sbca0182_3

時間かかるのかな~?って思ってたら、
研いで欲しいハサミを郵送すると4日ほどで戻ってきた。
はやっ。
もちろん切れ味も良くなって、気持ちいい。

果たして、前のハサミを10年使ってたことを思えば、
2年で切れにくくなるってどうなんか知らんけど、(使用頻度によるか?)
安いハサミでも研ぎに出せば気持ちよく使える、、ってことがうれしかった。

Sbca0180_3
(こちらは横長。枕スイカというらしい。わらじは履いてなかった)

戻ってくるとき、
右利き用ハサミを左手で使っているみたいな癖があり調整したとメモが入ってた。
そう、私は左利きなんよね。ありがとう職人さん。happy01

Sbca0181_4
(最近、日生家の冷蔵庫はスイカに占領されている)

早速、「切り試し」したかったけど、切るところが全然無かったわ。

Sbca0177
(これも関係ない画像だけど、窓ガラス越しに外の空を凝視する日生)

今欲しいのは、歯にカーブのついているハサミ。
アレだと下手な私でも脚先が丸く揃えられそうやねん。
どっかで安いの無いかなぁ。。。

Sbca0175
(見ていたのは電線に並ぶツバメさん。  こういった上空のものに目が行く日生はちょっと変わっていると思う)

まだまだ、暑い日が続いてるけど、
夏前から飛来していたツバメ家族は南に旅立つ練習をしているみたい。
やっと抜け止まった感の日生の毛は、
生え揃うのにここから何ヶ月かかるんかな~。(遠い目)

おまけ。chick

downwardleftドギーマンの高い方のシリーズ(匠とかなんとか)のスキバサミ。
他のペット用のものより高めで¥1800ぐらいと記憶しているけど品は良かったよ。
ちょっといいのが欲しい人にはお勧めデス。
Sbca0190

んで、ありちゃん、毛先が折れるから、とりあえず100均のはアカンで。

2012年8月12日 (日)

ひるがの高原 2日目②

2日目の昼前。
お宿と「ひるがの高原IC」を挟んで反対側の山腹にある「高鷲スノーパークsnowboard」に到着。

Img_6273

冬の間はスキー場だけど、夏期間限定で山頂までのゴンドラが運行されてて、
大型犬でもオンリードで乗せてもらえます。

小型犬で抱けばOKとか、ケージに入れればOKというところは他でもあったけどね。
日生をバリケンに入れたら完璧にサイズオーバーやもん。coldsweats01
(ドアから入らんわ)

Img_6196

日生、さっそうと乗り込んだのはいいけれど、

  ゆらゆら~、ガタガタッ

に、かなりビビッてました。 bleah

Img_0681_a

不安定で高いところだとわかるみたい。。。。smile

downwardleftちょっと慣れてくると好奇心が勝って外をのぞきこむ。

Img_6224

行き交うゴンドラを不思議そうに凝視しておりました。smile

Img_6203
あれは、何でつか?(自分が同じものに乗っている、、ってとこまでは想像できないやろな)

本人が喜んだかどうかは別にして、 これが本日のメインイベント。shineshineshine

日生、4歳の誕生日に空を飛ぶ?

おめでとぉ~fuji






downwardleftこんなに高いところまで上ってきた。(矢印のところが1枚目の場所です)
標高1500mまでどんどん登る。

Img_6239_5

頂上にはレストハウスがあったけど、犬は入れなかったのでpunch
日陰でソフトクリーム食べて広大な景色を満喫。


downwardleft日本カモシカの記念撮影。

Img_6242_3

downwardleft子供用の台に乗って、頑張って顔を出してるのんnote

Img_6244_4

downwardleftゴンドラの下にはゲレンデが見える。
この斜面を駆け降りたら気持ちいいやろうな~なんて思ったり。。
しばらく過ごしてして帰路につきました。

Img_6253_4

実は、このゴンドラ、ちっこい窓しか開かなくて中は暑い。
係りのお兄さんは「頂上ついたら涼しいですから」って言ってて、
確かに上は涼しくて生き返ったけど。。。
  
     

帰りも乗って帰るのよね。sweat02
しかも、降りたら下界で当たり前に暑かった。
高いところに行けば涼しいはず、、と思ったけど、上がったら降りる、、想像力が欠如してたわ。

                
               






、、下へ降りて、しっかり暖まった体を冷やすため、次に訪れたのがここ。

downwardleft夫婦滝。(二つあれば何でも夫婦とつくんやなぁ)

Img_6311

伊勢湾に注ぐ延長166kmの長良川はひるがの高原が源流だそうですが、
この滝の近くに、水が太平洋側と日本海側に分かれて行く場所「分水嶺」があるんですって。


downwardleftでもクールダウンだから、私たちはこちらが目的。

Img_6284_2

幸い他に誰もいなかったし。。滝つぼへGO、GO。

Img_6297

またもや、ザブザブ、ゴクゴク 。。。。
長良川最上流の水ですからね、、んまい、、。confident



その後、お昼に再度、お蕎麦。
前日の「心打亭」と同じ国道沿いにある「蕎麦正」へ。

「ひとくち目は蕎麦に直接あら塩をふって、つゆなしで食べてみてください」と言われて、そうしてみたら、すごくおいしかった。
地野菜のてんぷらも。。。

Sbca0162

人間も満腹になって、西へと帰途につく。

downwardleft昨日から車の中では、はしゃぎっぱなし。
今日も朝から走って、ゴンドラに乗って、水に入って、、さすがの日生もネムネムやね。sleepy

楽しかったかなぁ?

Img_6315

休憩した多賀SAではアスファルトが熱鉄板状態たったので、用意した靴が活躍しました。
(車の中で履かせるのには一苦労したけど)
ちゃんとトイレもできたよ~。scissors
とにかく夏の移動は冬に比べて気を使うことが多くて大変よねぇ。早く涼しくならへんかな。

それでも、
2日前に急遽計画して出かけた夏のプチ旅行。涼しさも味わえたし、
盛りだくさんで楽しかったよ~。

(最後まで読んでくださって、ありがとうheart04

2012年8月 9日 (木)

ひるがの高原 2日目①

翌朝は、これこそ高原の朝sign01、、って感じの気温と爽やかさ。

downwardleft日生は朝からコテージの周りで昨夜の小動物?のトラッキングに忙しい。
しばらく雨が降ってない様子だったからか、
こんなに鬱蒼としているのに、滞在中は蚊に一度も刺されなかったのが有難かった。

Img_6053

避暑地といわれるような高原も、お昼間は思ったより暑い。
下界よりも5度以上は気温が低いんだろうけど、それでもお盆前の8月なら30度ぐらいはあると思う。
だから日中犬連れでウロウロするのはちょっとツライ。
でも、どんなに日向が暑くても、日陰に入るとサラッとしていて驚くほど涼しい。

Img_6188
敷地内の遊歩道を散策。

朝の散歩がてら、近くのドッグラン、『まきばの森』へ歩いていく。

downwardleftどこに境界の柵があるのかわからないぐらい広いsign03Img_6079
公園のような広さ。でも写っているのは、ほんの一部分。

 
downwardleftしばらく行くと丘の部分がフェンスで囲まれてて、「森のドッグラン」って看板があった。
(ここだけで広さ5500㎡だそう)

でも、「売店横のゲートを抜けたらフリーOKですよ」、、ってお店の人が言ってくれたので、
ドッグランもそこに続く散歩道も広場もぜーんぶフリーでノビノビ楽しめた。

朝だったのでバーベキューとかの利用者がいなかったからかな?
いや、ここは日常的におおらかな雰囲気のような気がする(笑)

Img_6105

あいにく他の犬がいなかったので、人間とかくれんぼして走らすことに。

Img_6116

Img_6129
(みぃ~つけたheart04

木陰でとても涼しいし、
平坦に写ってるけど、実際は起伏があっていい感じ。

Img_6136

どれだけ走っても境界に行き着かない。。。
久しぶりの爆走にご機嫌の日生。

Img_6138_2

これで1頭¥500、1日出入り自由とは、、。
他の施設付随のドッグランは日生には狭かったので、ここを見つけられて良かったなぁ。happy01
ただし、休みが不定期なのと営業時間もアバウトっぽかった(笑)ので
訪れる際には注意が必要ですよ。

downwardleft入り口のところにあるレストラン?でモーニング。
Img_6160

見晴らしも抜群。
(このテラスだけが特等席だと思います)

Img_6158

downwardleft隣に見える建物は『牧歌の里』の施設。
今の時期、一面のラベンダー畑が見れるそうですが、犬は入れないのでパスしました。

Img_6093

downwardleftきれいな景色をバックに。。。

『良いときも悪いときも、病めるときも健やかなるときも、
死がふたりを分かつまで、、、
一緒にいることを誓います。』 ブチュッheart01

Img_6097_3

downwardleft抜けるような青空。

Img_6147

コテージに戻り、チェックアウトした後、
次の目的地は、向こう側に見える山腹です。

(つづく)

2012年8月 8日 (水)

ひるがの高原 1日目

夏のプチ旅行。
涼しい場所を求めて行ってきました岐阜県『ひるがの高原』
去年は高山から山中湖、富士山だったけど、今年は1泊なのでその手前。

中国道、名神高速を通り、一宮ICから東海北陸道で岐阜県高山へ。
昼食にお蕎麦を食べるべく「荘川IC」から出て、「荘川そば街道」へ向かう。

本当は昨夏に寄った「ひるがの高原SA」のドッグランで日生を走らす予定だったのに、
行ってみてビックリsign01、ドッグランエリアが消失してた。crying
なので、昼食前にまずはガス抜きの川遊び。

Img_5885

庄川?って名前だったか、
そばの里を流れる川の水は清流でとても冷たかったscissors

Img_5878

先週の海水浴の成果?ズンズン入水する日生。
流されんよーにね。

Img_5892

ついでに喉もうるおし、しっぽもブンブンです。
(うちの近くの川の水は決して飲まない日生。きっと汚いんやね)

涼を取った後、人間は『そばの里荘川』でお蕎麦をいただきました。
どちらかというと私はうどん派だけど、ここまで来たらお蕎麦を食べないとね。
大阪のお蕎麦とこのあたりのお蕎麦は食感がかなり違う。
それは、「お好み焼き」や「たこ焼き」が大阪と他所ではかなり違うのと同じなんやろうな。
もちろん、お蕎麦はおいしかったです。付けつゆが最高でした。

Img_0670
半分ぐらい食べてから撮影したから、盛りがバラバラ。 gawk  お店は「心打亭」。

downwardleftお店の横にあった、「5連水車」(1連目しか写ってないですけど)
水車横の建物の中には、蕎麦の実を引く巨大石臼がありました。

Img_5898_1

downwardleft地面が熱かったので敷物を引いて記念撮影。
耳が離れているのは、水車のガタガタいう音が怖かったみたい(笑)
ひまわり群の後ろの畑には、一面に蕎麦の白い花が咲いていました。

Img_5922

downwardleftスーパーで食材を確保してから、お宿の『貸し別荘Orkひるがの』 へ。

Img_6179
(エントランスにて)

downwardleftペットOKの貸しコテージです。
Img_6069

downwardleft広いウッドデッキと屋根つきのバーベキューテラス。

Img_6070

直前のキャンセルをGETしたので、私たちにはちょっと大きめでした。

downwardleft1Fに LDK18帖とトイレ、ユニットバス。
Img_6057

downwardleftお部屋はビックリするほど清潔で、天然木が足に気持ちいい。
備品も調理器具、食器、電子レンジから洗濯機までなんでもそろってましたよ。
(使いきれなかったけど)

Img_6040

downwardleft2Fは12畳のベッドルームが2室。これなら犬連れグループ滞在も余裕。

Img_6061

downwardleftベランダからの様子。森の中にコテージが点在しています。
冬は一面雪になるそうです。(誰か一緒に行きましょう!)

Img_6059

downwardleftエントランスには大きめのバーベキューテラスとカフェがあって、基本、犬が行けないところはないです。
一応のドッグランがあったけど、日生には小さすぎるので(笑)敷地の中を散歩して池で遊んだ。
(また、水だ)

Img_6169

Img_6175

この後、日生はバリケンで休ませておいて。人間は近くの温泉施設に。



downwardleft夕食はBBQ

Img_5955

現地でセットを頼むこともできるけど、私たちは備品だけ借りて食材持込しました。
肉は「大量の牛肉だけを食べたい!」という2号のリクエストで
家から冷凍した牛肉を持参(笑)
飛騨牛じゃないのが残念だったけど。道中で野菜や大アサリもGETしました。

Img_5987

Img_5946

downwardleft日生には、赤身のもも肉を別に用意して素焼きに。

Img_5978

downwardleft何グラムあったんやろ?1パックをしっかりお食べになりました。(フードは抜き)

Img_5965_2

夜は外の小動物の気配?に落ち着かない日生のために、1FでTVを見ながら雑魚寝することに決定。
昼間はさすがに暑かったけど夕方から気温が下がって、クーラー切って、窓閉めて、
大阪では考えられないようなブ厚い掛け布団をスッポリかぶって寝ました。

downwardleftなぜか私の布団で鎮座して動かない日生。
普段、日生家には敷き布団というものは存在しない。(ベッドは2Fにあって犬は2Fにあがらないから)
床にある敷物=自分のもの、、と認識しているのか、シーツがさらさらしてて気持ちよかったのか。。。


Img_6025

翌日お誕生日だったので、プチ祝いのシュークリームをあげました。
(食べるときはお布団から出てもらいましたよ)

明日はどこに行こうかね。(うっしっし~catface

2日目につづく。

2012年8月 5日 (日)

夏の修行

日生家の夏場の修行、、と言えばコレ。

Img_5786_1_2

3年目の今年も行って来ました、『わんわんビーチ青井浜』♪

泳げるコリー目指して精進です。punch

                           ⇒昨年のしゅぎょうの様子はこちら。

Img_5804
  
、、、ってか、むっちゃ浅いし。。。。

進歩してな~いsign03

と、思ったらそうでもなかった。catface




downwardleftボートは安全で快適?と覚えていたのか、、ボートを見ると自分からサッサと乗り込もうとする。
(泳がされるよりマシと思ったのか?)
Img_5810_1

downwardleft沖合い20mをゆらゆら回遊すること20分。
その間、移動中のイルカのように背中から水を補給する。

Img_5815_1

downwardleftちゃんとお耳が立ってますよね。

Img_5816

downwardleft浜にいる他のワンコを眺めて、ゆら~り、ゆら~り。

Img_5821

他の海水浴の人に、『おとなしく乗っててかわいい~heart04』と言われまんざらでもない様子。
おとなしく、、、というより降りられないんだけどさ。

それでも、去年までは脚先より深くなると浜へ逃げようとしてた。
downwardleft今年はホラsign03肩までの深さに。

Img_5832_1


実は水の中で脚側行進させられてる。  coldsweats01
「ついて」って言ったら素直に従うところが、おかしいやら、健気やら 。。
(これも訓練の賜物やね、しめしめ)

この後、背中の上までの深さまで行けて、1メートルほどは泳ぐことができた。

(その後、実は水没したんだけど、、、gawk

日生の脚がギリギリ立つような深さの所で、「おいで」って呼べばザブザブ来るようにもなった。

(去年は、波打ち際で引き返してたからなぁ。
おととしは波打ち際にも来ず2号のところへ逃げ帰ってた)

これは大きな進歩やなnote      

(大きな迷惑とも言うが)


downwardleft帰り道、「道の駅」でウマウマGET。

Img_5844_2

もっと近ければ頻繁に行けて進歩も早いとは思うけれど、せいぜい1年に2回ぐらい。
それでも、すこしずつ慣れてきているから、私はと~ってもうれしい。happy01

Img_5853_2

夏はどこに行っても暑くて暑くて、、、
水にさえ入れれば結構快適に遊べるからね。
この日も水中でバタバタして運動になったようだし、この後は爆睡。

今年も、あと1回は海水浴に行く予定です。



あ、日生のタオルで口を拭いてるわ、私 。coldsweats02




2012年8月 2日 (木)

日生のお里帰り(姉妹再会)

みおちゃんと日生は同胎の姉妹です。
この日は2年ぶりの再会なのに、この二人、眼が合ったとたん、スイッチONflairflair

お互いのこと、覚えているんでしょうか?

あんまり楽しそうなので、似たような写真ですがUPしちゃいます。 note

Img_5654_1_4


downwardleft日生が誘えば、みおちゃんが応え。。。

Img_5650_1_11


downwardleft体高はほとんど同じ。(若干日生が低い)
体つきも良く似ています。みおちゃんのほうがスレンダーですね。
顔も、トライとブルーなんで印象は違いますが、パーツで見ると眼なんかそっくりなんですよ。

_2_2

重心が低くて後脚がしっかりしているため、爆走していてもバランスよく回転できます。
日生を黒く塗ったら、、動いている状態では私にはわからないと思います。

体の構成が同じだから、動きが同じということなのでしょうか?
血統、、って本当に不思議です。


Img_5661_1_6


downwardleft尾っぽが輪になってますねぇ。
二人とも換毛期で、只今ハゲハゲ~゙ってところも同じ(笑)

Img_5660_1_8

downwardleft興奮してくると、ガウガウ、バウバウうなりながら遊びます。
その声が瓜二つで、いつも笑ってしまいます。
だって、コリー独特の高い声ではなく、体に似合わないほどの野太い「おっさん声」なんだもん(笑)
こんなところまで同じなんて。。。

動きは過激だけど、この二人、心配するようなことにはなりませんから大丈夫。

Img_5655_1_6

(ってか、、日生、みおちゃんの脚食ってるし。。。)

downwardleft日生の普段の爆走ぶりをご存知の方は、
同じ動きをする黒い子がもう1頭いると思ってくださいねぇ。
危険でしょう~?こわいでしょう~?(笑)

Img_5667_2

性格はちょっと違います。
みおちゃんは甘えたさんだし、慎重派。
最近弟ができたせいか、日生よりお姉さんぽいかも。。。

Img_5668

この日のお里地方は、気温38度に届くかという酷暑。
クーラーの効いたお部屋の中は快適でしたが
部屋では物足りず、二人はお庭で何度も遊んでいました。

25度超えたら、ドッグランでもあまり走らないという日生なのに、
みおちゃんは特別なのかな。

いつまでも、こうやって遊べる間柄でいて欲しいなぁ。。と思います。

Img_5666




downwardleftおまけ、、、

この日もハジ叔父さんは、走ってました。
「何年ぶり~!?」ってお里のママさんは驚かれてましたけど、
前回、日生がお里帰りしたときも絡んで走ってましたよ。
(その時も驚かれてました)

つまり、それ以来、、、、ですかね?(笑)

Img_5752

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »