« またもや後退中(涙) | トップページ | DNA登録 »

2012年7月12日 (木)

好きこそものの、、、①

JCCの家庭犬訓練練習会では、今年になってから自分達の練習よりも他の人にアドバイスする機会が増えてきました。
参加人数も増えて時間的な理由から、Wさんと私とで手分けして進めているわけですが、
私には気になることがあります。

週によって担当する子が変ることがよくあるので、
アドバイスの方法がマチマチになってしまって飼い主さんを混乱させないか、、ということです。
(一応、どの子がどのレベルまで達しているか、今の問題点は何か、ということはWさんと毎回摺り合わせをしているのですが、、)

Img_5399_2
(ボール投げ♪)

担当する人によって少しずつアドバイスが違っているかもしれません。
前回言われたことと違うことを言われて、混乱する方がいらっしゃらなければいいのですが、、。

私達は正式なトレーナーの資格を持っているプロではありません。
なので、犬種団体の公認訓練資格のように一環した指導方針に従って教えている、、、というわけではないのです。
自分の経験を元に(コリークラブの伝統として)経験者が新しい方にアドバイスしますよ、、、
という、まあ言えば「クラブ活動」なのです。



、、とは言え、
Wさんにおいてはこれまで何頭ものコリーやシェルティを教えてこられた経験をお持ちなので、
とても信頼できるアドバイスを頂けると思います。
片や私はこれまで日生(ガサツ系コリー)にしか訓練を入れたことがありません。
「強制」によって教えることが苦手で、基本「遊びの中で教える」方法です。
そういうことから考えると、私のアドバイスなんて
「こういう方法もあるのね」ぐらいのレベルで受け取ってもらえたら丁度いいと思えます。
でも、練習会に参加されてる方は皆さん熱心なので、私が言ったことを一生懸命実践しようとされます(汗)

どうぞ、『自分の知識の引き出しの数を増やす』ぐらいの気持ちで私の話を聞いてくださいね(笑)
コリーとシェルティでは気質が異なりますし、同じ犬種でも性格も色々ですから。
私も日生とは違うタイプの子を知ることで勉強させてもらってる、、という気持ちでやっています。

このブログのトレーニング記事ついても同じです。
自分勝手に解釈して書いてますから、その点ヨロシクお願いします。happy01

Img_5401_3

最近では犬のトレーニングについて、色々な手法・考え方がありますよね。

「訓練は可哀相」、、というイメージを持っている飼い主さんは、
”嫌な事を我慢して、健気に命令に従っている犬”
を想像したりするのではないかと思うんだけど、どうなんでしょう?

盲導犬や警察犬のような職業犬ならば、100%の確実性を求めるために厳しい訓練が必要なのは仕方が無いことですが、
元々その訓練に耐えられる素質を持った犬だけが選ばれてトレーニングされます。

でも、家庭犬であれば、「そこまでしなくても、、」と思うオーナーさんが大半で、
あまりにも犬が嫌そうに練習しているのをみると、
「そんなに嫌ならば無理して練習しなくても、家では十分いい子なんだし、、」と思うんじゃないでしょうか。

誰だって自分の愛犬が楽しそうにしているのを見ていたい、、、ですよねぇ。
私も日生が本当に嫌なら無理してやりたくないなぁ、、って思います。




Img_5427_2
(走るのは楽しい、でも、あついsweat01

私も、基本は「服従訓練」だと思うんです。自分の犬を自分のコントロール下に置く。
もともと人間の指示に従うように改良されてきた動物ですから、
「人の指示に従うこと」は(人が感じるほど)犬にとっては苦痛ではないのだと思いますし、
むしろ喜びである、、という解釈には賛成です。

でも、日生はNoと言われることでテンションが下がってしまうのです。


Img_5440_5
(ぐびぐび、グビグビ)

どんな練習でも家庭犬訓練のレベルなら、Noを連発せずに、チョークをきつく引かずに、
ハンドラーのやり方次第で、楽しく練習することはできるのでは?と思ったりして。
手っ取り早いのは、ご褒美のオヤツだったり、おもちゃだったりするのだけれど、
とりあえず何でも楽しければいい。(と、私は思う)
「好きこそ物の上手なれ」
人間も犬も楽しければ続けれるし、楽しければ上達も早いに違いない、、と。

幸いなことに、日生は始めたときからずっと練習会に行くのを楽しみにしています。
訓練道具を見ただけで、大興奮coldsweats01
例え頭の中は「走り回って遊べる~」とか「ウマウマ~!」が浮かんでいるだけだとしても。

Img_5442_large
(なんか、ひなせに用でつか?)

というわけで、
最近は「遊びの中で覚える」とか「褒めて教える」などの練習方法が人気があるようです。
犬と人間の両方の気持ちに優しい、、という感じでしょうか。

日生と私は「強制」の訓練が上手く出来なかったので、もっぱらこの方法でやってきました。


でも、経験からして、この方法にはいくつか気をつけないといけないことがあると思います。


まず、、、、
「楽しく訓練したい」というのは、多くの人が思うことで魅力的だけど、
でもそれは、「イヌの嫌がることをやらない」という意味とはちがう、、、ってこと。
ワタシ的には「ちょっと嫌そうな素振りを見せる何でもないこと」を、
教える人の知恵で楽しく感じさせること、、って考えてます。

次に、、、
本当に「遊び」だけになってしまったら、
ボールはボール遊びが好きだからとってくるけど、新聞は楽しくないから言われても持ってこない、、で終わってしまう。
言葉の通りいつまでも遊んでいたら、なかなか目的の動作にはたどりつけないことがあります。

もし、ゲーム感覚で覚えさせたいのなら、
「ボールをもってくる遊び」はどこかで「地面にある言われたものを持ってくるゲーム」に意図的に置き換えたらいい。
それには、「この遊び(ゲーム)で最終的に何を教えたいのか(→持来)」を人間が意識しておけば良いのでは?、、、と思います。

Img_5444_3
(はぁ~~~生き返った)



さらにもうひとつ、
「自分(犬)の気分でやりたいときはするけど、やりたくない時はコマンドに従わない」
これも、遊びで終わってしまってる状態ですよね。(報酬が犬自信の楽しみになってる)
良く見かける話です。


自分のしたいときしか従わない素振りを見せる場合、どうやってなおしていけばいいのでしょう?

(さあ、ここで「服従」が入ってないから、、とかいう話になってくると、
話がさらにながーくなるので、これはまた今度です。)


難しい話ですが、、、ヒントはあると思います。


トレーニングの本などに、
「犬はいつでも飼い主のために何かしたいと思っている」
「いつも、あなたに褒められたいと思っている」とか書いてあったのを読んで、
今まで、「こんなのホントかぁ?」、、って疑問に思ってたけれど、

日生は私のためを思って(笑)何かしたい、、と考えるほど健気な子ではなくても(笑)
「何か仕事をして褒められたい」とは考えているみたいです。(作業犬の本能か?)。

だから、
「言われたものを持ってくるゲーム」は、その先いつか、本に書いてあったように
「言われたことをすれば飼い主に褒められて嬉しい」、、という絵に置き換えていくことができるのかな、、と。(ハイ、どうやってとは聞かないでsweat01

あと、経験的にですが、「一旦コマンドがキッチリ入ってしまうと、そのコマンドに対しての気分ムラが無くなる」ようにも感じています。
なんでキッチリ入ると素直に従うのか、、、不安定な状態のときほどムラがでる??

このあたりにヒントがありそう、、わかりそうでわからない、、今はそんな感じです。

Img_5450
(遊びつかれて寝る日生は天使に見えますgood



現実には、前記事のとおり「命令による、、」が後退して悩んでいるわけですけどね。

これは、「まだまだやることがあって良かったね」、、、ぐらいに思っておきますか。

« またもや後退中(涙) | トップページ | DNA登録 »

コメント

お勉強になります。
アレックスは放置しすぎちゃいましたけど・・・・・ま、いっか。(笑)

いやあ、Wさん、Yumiraさん、それぞれトレーニングメソッドが違うかも知れませんが、お二人のわんこをとても思ってくださっている気持ちはいつもとっても伝わっています。教え方のアドバイスが違ったとしても、十人十色、どれも納得のいくものばかりで、本当にお勉強になります。

だって、UDを実際に取った先輩方の苦労や、それまでの過程がわかるってことだけで、すごいすごいヒントになりますもの。まったく先の見えないことをやるのとはわけがちがいます。

それに、お二人のアドバイスはそれぞれ、トレーニング方法だけでなく、
ほんとにうちのおばかなリンココの性格をよーく、よーく把握してくださっていて、
なんでそんなところまでお見通しなの!!って感じですよ~

GCT受験なんかで超有名なトレーナーのジャッジからの一言でも、「わかってないくせに。。。」とおもうことが多々あったのですが、ほんとにお二人はすごい!!

私も矯正よりも、陽性強化でずっとやってきてるんで、いかにリンココと楽しく
トレーニングするか、訓練でもそれができることにより、お互いの気持ちがつながる達成感、より強い絆を感じられるよう、ゆるーく楽しみながら、やっていきたいなと思ってます。


「自分のしたいときしか従わない素振りを見せる場合、どうやってなおしていけばいいのでしょう?」

できなくてもやるやるーーとやる気だけはあるコッコと違って、リンリンはほんとに動かすのが難しいですが、最近、動かすコツはつかんだ気がします。

でも、いつも実践するにはめんどくさいので、ここ一番でしかしませんが。。。

それに、いつも私がいやだったらやらなくてもいいねんでって、気持ちで
接してるのを読まれているんですよね。

長くなりましたが、これからもよろしくお願いします。

うん、うん、同じような考えだなぁ
Joshが訓練やアジをやってた時に、「アジ楽しいヨ」ってお友達を誘ったら、
犬がかわいそうやから、って断られた。
それ聞いて、「う~~~ん???」って思ったヨ
犬って、人間と一緒に何かやること、かかわることが好きな動物なんだと思うナ
だって世界中どこにも、野生の犬っていないやん(野良は違うんじゃない?)
訓練、服従ができることによって、出かけられる場所や可能性も広がるし
そもそも盲導犬も警察犬もかわいそうじゃないよぉ
彼らは楽しんでるし、またプライドも持ってるよね!!

houseまみまみさんへ

月見の時は、やる必要性が感じられなかったので、意識して教えることはしませんでした。
でも、それでも「家庭犬」としては日生より優秀だったと思います(笑)
アレ君もきっと同じなんでしょうね。
もともとコリーって勝手にアレコレ覚えてますもの、放置OKですhappy01

ただ、月見もいつも何か仕事をしたがってた気がします。
片や日生さんは退屈が大嫌いで
何かさせておかなければ「不良犬」に育つことマチガイなしたっだのでやらせています。
青少年のクラブ活動みたいなものですcoldsweats01


houseリンココさんへ

何が言いたいのかわからないような長い記事に、コメントありがとうございます。

他の子に教えるのは難しいですが、とてもよい勉強になります。
なので私自身はとても楽しいんですよ。

リンちゃんとココちゃんは、正反対な性格といっても過言ではない、、ので
その2頭をトレーニングしているリンココさんの知識ってスゴイな~と
いつも思います。
日生は絶対合格しないだろうGCTもってますものね。

最近の日生はかなり「ムラ」が無くなって、気分でやったりやらなかったりというのが減ってきました。
でも、何が原因なのかがわかってないので気になるところなんです。


houseJoshKaisMumさんへ

そう、警察犬とか盲導犬とかは健気なほどの仕事ぶりですが、
犬は仕事を楽しんでいるらしいですね。

う~ん、アジリティの何がかわいそうなんでしょう?
怖がりさんなのかなぁ。
穏やかなタイプのJosh君だって楽しくやってたと十分想像できますよ。
競技会に出るとかは別として、自分達にあったペースでなら、
飼い主と一緒に走って飛んで、、楽しいと思うんですけどねぇ。

訓練も一生ものですし、何より飼い主の言葉に耳を傾ける子になりますよね。


怒る、反撃、怒る、反撃の繰り返して飼い主と犬の関係が崩壊していた私。
千里で皆さんに見て頂いて「怒り方」をまず習いました。
というか「怒りすぎ!」「褒めが無い!」って私がめっちゃ叱られ続けました。
・・・・今でもそうですが(^_^;)。
強制ではないですが、叱りどころ褒めどころはあると最近すこ~し分かってきました。
そのタイミングで叱りも褒めも出来てないとこがミソですが(爆)。
うちの犬は叱られてもめげない、褒められると有頂天タイプのようです。
こういう風に冷静に自分の犬を見られるようになったのも、千里にお邪魔して
皆さんの犬との接し方やたくさんのお話をお聞きする内に分かってきました。
凹まない犬なので多少の強制は問題なく出来ました。
お蔭で褒めるだけよりは少し早めに困ったちゃんを治すことが出来たように思います。
でもこれからは、褒めて褒めて一緒にしていく作業が増えそうな気がします。
自分が苦手な褒めで日生ちゃんをスーパーウーマンに育てられたママ様、
本当にすごいと思います。
果たして自分に出来るのか、、、それが課題というか今の悩みです。
褒めとご褒美で新しい事にチャレンジ出来れば良いなぁと思っています。
今まで以上にとてつもない時間がかかりそうですが、これからもご指導
宜しくお願い致します。

houseアイラの姉さんへ

お返事遅くなってごめんなさい。

初め会った時は、姉さんは「怒こる係り」で、褒めたり甘えたりアイラちゃんにとって楽しいことは職人さんの係り、、だったように思います。
姉さんがアイラちゃんを認めるようになって褒めるようになった頃から、関係が変ってきたのではないでしょうか?
アイラちゃんにとって姉さんとの時間が「規律はあるけど、とても楽しい時間」になったのでしょうね。
それは姉さんにとっても同じことで、
愛犬連れで友達の家に遊びにいったり、北海道まで旅行にいったり、
いつのまにか、以前、思い描いてたような理想の生活になっていますものね。
無事やり遂げた、、って感じ。おめでとう。

アイラちゃんの叱られてもメゲナイ、褒められたら有頂天、、というタイプはとても羨ましいです。
(多分この方法が一番時間的に短く仕上がるので訓練所なんかでは
殆どこうします。陽性強化だけでは時間がかかりすぎますから)
でも、日生はとても叱られ弱いんです。
私がちょっとムッとして怒ると怖がって逃げて出てきません。
そのあと褒めても全然喜ばないし。
私が上手く叱れないのかもしれません。
、、なので、叱らない方法にしただけのことなんですよ。

でも、アイラちゃんもこれからは「褒めて一緒にしていく」方法でやってみるのもいいかも。色々試して見てください。
アジなんかも褒める事が多いので楽しいでしょうね。

「果たして自分にできるのか?」
ここまで自分でやって来たのだから自信持って!(笑)
CDXについて言えば、、完成するまで皆さん「何年も」やってますから。
数ヶ月で完成なんてのは普通ではありませんから、
気長に楽しんでください。
常に前に進んでる必要はなくて、「足踏みOK後退OK」ですからまた練習にも来てね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またもや後退中(涙) | トップページ | DNA登録 »