« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

日生のお里帰り

日生、実家にお里帰りしたでつよnote

日生の実家って知ってるでつか?愛知県のマザーレイクっていうところでつ。
遠かったでつ~。(ずっと寝てたけど)


downwardleftここでつ、ここでつsign01
早く入るでつよ。だってここは日生の実家でつから。
Img_5768_3


downwardleftほら~、みんないるでつよ。ひさしぶりでつよ。

Img_5770_2

downwardleftこの子も来てたでつ。みおた~ん。happy01

Img_5700


久しぶりでつね~。

みおたんと日生は同胎の姉妹でつ。
60日間、同じお腹に入ってたのでつ~♪


downwardleftこの日は、マーじいちゃんの14歳のお誕生日だったでつ。
で、みんなでお祝いしてケーキ食べたでつよ。

Img_5730_2

downwardleftパーママにも会ってご挨拶したでつ。

「ママ、お久しぶりでつ、日生でつ。」
「あら、日生、元気してた?」


Img_5689_2

Img_5692_2

日生のママは「鉄の女」
マー爺ちゃんの後を継ぐ、一家の長老でつ。

Img_5672_3


downwardleft「みおたん、なんで離れてるでつか?」

Img_5671_2

ぷぷっ。みおたん、
さては、ママが怖いでつね?

downwardleftこの日はヴィー姉ちゃんともお写真ん撮ったでつ。

ヴィー姉ちゃんとはパパとママが同じだけど、
姉ちゃんは元ヅカガールっだったそうで、カッコいいんでつ。

Img_5720_2

Img_5707_2
                (シンクロで目をつぶる3姉妹)

この後はみんなで一杯あそんだでつ。
最高に楽しかったでつよ。


(その様子は次回にて。)

2012年7月26日 (木)

お出かけ準備完了!

夏休み、
犬にとってはお出かけによい季節ではないけれと、
人間のお休みの都合で日生家はお出かけの機会が増えます。


暑がりな日生には、真冬でも服は着せませんが(着ませんが think
真夏の日差しを避けるためには、やはり何か対策があったほうがよろしい、、、


で、「Coo Couture」(Cool ×Cool)

昨夏、在庫切れで手に入らず、
今年早々に(冬だったけど)マストさんが確保してくださったのがコレ。

Img_5641


ド派手~(爆) kissmark  
が、着せてみると、案外よろしい heart02。(マストさんありがとうございました)

Img_5639


Img_5648

もちろん肝心なのは機能性。こちらもGOODです。
水に濡らさないのに、手を入れたら確かにひんやり snow
もう一枚欲しいと思うほどに、、、、でした。

そしたら、、偶然にも、、、プレゼントで頂いたのです catface
こちらは、ブルーが爽やかで涼しげでしょう?

Sbca0159

しかし問題が、、、、サイズは同じJLなのに、
なぜか日生さん、肩周りがパツパツで身動きとれなくなり固まってます。
がーん coldsweats02

リンココさんのブログでの、
コリーのナミちゃんが着ているのと同じ大きさ(JL)のはずなんですがね。
ちなみに、ナミちゃんより日生の方が体高は低いです。

どうやらデザインの違いのようなので、「タンク」→「キャミソール」にお直しを決意 rock
(キャミタイプはどうやらレア品みたい。ほとんどのデザインが小型犬用?)

でもでも、肩開いて、伸びるバイアスつけるだけやん?
、、、とはいっても、私、ミシンは直線しか縫えないってば、、sign02

downwardleftラベンダー色のところが、手直しの部分。

Img_5637

downwardleft毛の量によって、調節したいので、肩のところはリボンで結ぶようにした。

Img_5638

ふ~ん、犬のためなら、苦手なことでも何でもするんや。

           新たな自分を発見しました。。。。

Img_5635

(コレで爆走ってもズレてこないかは、要検証やな)

リンココさん、ナミちゃんのオーナーさん、ありがとうございました。
これを着て日生は、夏休みお出かけします。

    (つぶやき)
    でもなぁ、リンココさん、りんちゃん、どんだけ毛があんねん?
    日生とリンちゃんが同じサイズなのは、
    おかしいで~。




もひとつ、おまけアイテムを。

高速道路のSAエリアが大好きな日生さんは、人間が休憩するときは必ず同伴します。

昨年は、灼熱のアスファルトを移動するときは、「抱っこ」でした。
どれだけ重かったか、、前が見えなくなるし。

今年は自分で歩いてもらいます!


Sbca0160

「犬に服着せて靴、、、」個人的感覚では、ちょっとタメライがありますが、
これはお互いの安全のためのアイテムということで、、。

簡易版なので(しかも50%OFF)¥2000以下という安価でGETしたことだし、
裏がラバーなので目的は果たします。(硬すぎると逆に歩けないのよね)

Sbca0157

ただね、、違和感があるのか履かせると固まっちゃって、、、、
妙に足を広げてしか立てないみたいです。(開いてるでしょ?)
歩くときも、まるでペリカンさん。パタパタ。

「それで走れるんか?」と2号。

いえいえ、SAエリアで走るわけではないですから。。。

後は氷をたくさん持ったら、お出かけ準備万端だね。good

2012年7月25日 (水)

つーちゃん、咲いたよ。

はるばる南の島から、月見へと送られてきた、ハイビズカス。

咲きました。

甘い南国の香りのような、アプリコットイエロー。


Img_5630_2

今年までは、私の想いをうつすかのように一度も蕾をつけなかった。

さわら家の皆さん改めてありがとう  confident




9332926_919980456_181large_3


日生と同胎のDANAちゃん(左)さわら君(右)は沖永良部島に住んでます。

いつか再会できる日を、本土の兄弟姉妹たちは夢見てるんですよ。sun

2012年7月20日 (金)

ダンベル持来、、のつづき

さて、「ダンベル持来」の続きの記事を書かなくては、、

とはいうものの、日生の持来の練習はもう2年以上も前のことなので、
正直良く覚えていないcoldsweats01

咥えることから持ってくることを教えている途中で、何かのきっかけでおかしくなった。
ダンベルを断固拒否、部屋においておくと避けて歩く、
食器の横に置くと飯も食べない(笑)
「テイク」という言葉だけで反転してキッチンに逃げていく。。。
こんな感じで完全座礁していた。



で、結局どうしたのか思い出してみると、
ダンベルの練習を一旦やめて(ダンベルは見えないところにしまって)
1ヶ月ぐらい他の事をしていた気がする。(CDXの高跳びとか、脚側とか)
「テイク」という言葉も封印。しばらくは「もってきて」に変えた。

部屋の中で沢山のヌイグルミを投げては取ってくる遊びをひたすらやった。
持ってきたら、引っ張って取り合いして、また投げる。
クッションの下やソファの後に隠したオヤツやおもちゃを探して持ってくる遊び、
床にヌイグルミを沢山並べておいて取らせて、それを投げて遊ぶこともしたなぁ。。

①投げたものをもってくる→②探してもってくる→③置いたものを取る
意図してたのはこういう図だけど、そういうコチラの考えは一応隠して、
ひたすら遊んだ記憶がある。


「玄関にあるスリッパをコマンドで持ってくる」とか
「朝刊をもってくる」とかの「お仕事」を喜んでやるようになったころ、
沢山のおもちゃに混ぜてダンベル登場。

一瞬、躊躇を見せたけど、、そのまま遊びで押し切ったら大丈夫だった。


以降、ダンベルを見せると日生はいつも喜ぶ。
審査会でも、ダンベルを取り出すとテンションUPupして踊り出すぐらい大好き(笑)

Img_5628
トップコートも抜けてきて、かなり幼犬体型になってきた。



こんな記録、他の人の参考にはならない気がするけど、
私について言えば「ダンベル持来」でつまづいたことから、いくつかのヒントが得られた気がする。
①日生の場合、行き詰った時はきっぱりやめて遊ぶ。(笑)




訓練は「根気よくやる」とは言うけれど、そもそも、「根気よくやる」対象は何なのか?
何度も同じ手順を踏んでやって繰り返すことで覚える子もいれば、
(手順を変えると混乱してしまうタイプ)
アプローチをどんどん変えていって興味をひきつける方が良い子もいる。
(同じ事を繰り返すと飽きるタイプ)

どちらも根気が必要には違いない。だけど根気よくする対象は異なる。
オーソドックスなのは前者。だけど日生は後者のタイプ。



そもそも、ダンベルを完全拒否し出したきっかけは何だったのか、、というところから、
③日生にはYes、No以外にTrue、Falseの言葉が必要。(長くなるんでまた今度)



まぁ、こんなこと、アレコレ気づきながらやっていくのが楽しい、、って言うのが本音かな。

Img_5627
シッポももうすぐ、ネズミの尻尾になる。

余談。

JCC発行コリーファンシーの「レイナの訓練日記」。読んでます?

レイナちゃんをCDPデビューの頃から知ってます。
明るくて元気一杯のレイナちゃんは、楽しい事が一杯ありすぎて、試験の紐無しではいつも大脱走(笑)
若いオーナーさんご夫婦を困らせていましたが、とうとうCDXにチャレンジするほどになったんですね。shineshine
記事からもコツコツと練習されてるご様子と、カタチが出来てきた時のご夫婦の喜びが書かれていて、いつも楽しみにしています。

Img_5629
完全脱毛まで、残り1/3。このピラピラしているときが一番みすぼらしい。
だけど笑顔は健在なり。だって本人にはコートコンディションなんて関係ないもん。



そして22日は千里の練習会。

CDXチャレンジ中のペアは皆さん苦戦中のようですが、
ここ(CDX)からが、トライアルのいちばん面白いところなのよ~。(太字強調)

だから、楽しんでくださいね~。good

2012年7月16日 (月)

DNA登録

日生、DNA登録するそうです。、、、私だってしたこと無いのにナマイキ。

downwardleft登録キットが送られてきました。
Img_5353

なになに?
ブラシの使い方の写真を見ると、くちびる?のところをめくってブラシでこすってる。


こう、、か??

Img_5356
                あ、歯に歯垢が、、、赤くなってるし、(歯磨きサボったのばれちゃった。coldsweats01

ともあれ、ブラシでコシコシ。


なになに?文章には「頬の内側の細胞をとる、、、」
「歯茎ではない」、、とある。


Img_5359

頬の内側?  どこが頬やろ?  こうかな?

ゴシゴシ。
とりあえず、ながーい頬らしきところをゴシゴシしておこう。

送り先はココdownwardleft

Img_5360

家畜改良だって。(牛みたい)


パーママ、ニッキーパパ、日生のDNAが登録されたそうです。
ご報告します(笑)


JKCのチャンピオン登録に必要な作業のひとつでした。(必須だそうです)


この後、念入りに歯磨き&スケーラーしましたからね。  coldsweats01





2012年7月12日 (木)

好きこそものの、、、①

JCCの家庭犬訓練練習会では、今年になってから自分達の練習よりも他の人にアドバイスする機会が増えてきました。
参加人数も増えて時間的な理由から、Wさんと私とで手分けして進めているわけですが、
私には気になることがあります。

週によって担当する子が変ることがよくあるので、
アドバイスの方法がマチマチになってしまって飼い主さんを混乱させないか、、ということです。
(一応、どの子がどのレベルまで達しているか、今の問題点は何か、ということはWさんと毎回摺り合わせをしているのですが、、)

Img_5399_2
(ボール投げ♪)

担当する人によって少しずつアドバイスが違っているかもしれません。
前回言われたことと違うことを言われて、混乱する方がいらっしゃらなければいいのですが、、。

私達は正式なトレーナーの資格を持っているプロではありません。
なので、犬種団体の公認訓練資格のように一環した指導方針に従って教えている、、、というわけではないのです。
自分の経験を元に(コリークラブの伝統として)経験者が新しい方にアドバイスしますよ、、、
という、まあ言えば「クラブ活動」なのです。



、、とは言え、
Wさんにおいてはこれまで何頭ものコリーやシェルティを教えてこられた経験をお持ちなので、
とても信頼できるアドバイスを頂けると思います。
片や私はこれまで日生(ガサツ系コリー)にしか訓練を入れたことがありません。
「強制」によって教えることが苦手で、基本「遊びの中で教える」方法です。
そういうことから考えると、私のアドバイスなんて
「こういう方法もあるのね」ぐらいのレベルで受け取ってもらえたら丁度いいと思えます。
でも、練習会に参加されてる方は皆さん熱心なので、私が言ったことを一生懸命実践しようとされます(汗)

どうぞ、『自分の知識の引き出しの数を増やす』ぐらいの気持ちで私の話を聞いてくださいね(笑)
コリーとシェルティでは気質が異なりますし、同じ犬種でも性格も色々ですから。
私も日生とは違うタイプの子を知ることで勉強させてもらってる、、という気持ちでやっています。

このブログのトレーニング記事ついても同じです。
自分勝手に解釈して書いてますから、その点ヨロシクお願いします。happy01

Img_5401_3

最近では犬のトレーニングについて、色々な手法・考え方がありますよね。

「訓練は可哀相」、、というイメージを持っている飼い主さんは、
”嫌な事を我慢して、健気に命令に従っている犬”
を想像したりするのではないかと思うんだけど、どうなんでしょう?

盲導犬や警察犬のような職業犬ならば、100%の確実性を求めるために厳しい訓練が必要なのは仕方が無いことですが、
元々その訓練に耐えられる素質を持った犬だけが選ばれてトレーニングされます。

でも、家庭犬であれば、「そこまでしなくても、、」と思うオーナーさんが大半で、
あまりにも犬が嫌そうに練習しているのをみると、
「そんなに嫌ならば無理して練習しなくても、家では十分いい子なんだし、、」と思うんじゃないでしょうか。

誰だって自分の愛犬が楽しそうにしているのを見ていたい、、、ですよねぇ。
私も日生が本当に嫌なら無理してやりたくないなぁ、、って思います。




Img_5427_2
(走るのは楽しい、でも、あついsweat01

私も、基本は「服従訓練」だと思うんです。自分の犬を自分のコントロール下に置く。
もともと人間の指示に従うように改良されてきた動物ですから、
「人の指示に従うこと」は(人が感じるほど)犬にとっては苦痛ではないのだと思いますし、
むしろ喜びである、、という解釈には賛成です。

でも、日生はNoと言われることでテンションが下がってしまうのです。


Img_5440_5
(ぐびぐび、グビグビ)

どんな練習でも家庭犬訓練のレベルなら、Noを連発せずに、チョークをきつく引かずに、
ハンドラーのやり方次第で、楽しく練習することはできるのでは?と思ったりして。
手っ取り早いのは、ご褒美のオヤツだったり、おもちゃだったりするのだけれど、
とりあえず何でも楽しければいい。(と、私は思う)
「好きこそ物の上手なれ」
人間も犬も楽しければ続けれるし、楽しければ上達も早いに違いない、、と。

幸いなことに、日生は始めたときからずっと練習会に行くのを楽しみにしています。
訓練道具を見ただけで、大興奮coldsweats01
例え頭の中は「走り回って遊べる~」とか「ウマウマ~!」が浮かんでいるだけだとしても。

Img_5442_large
(なんか、ひなせに用でつか?)

というわけで、
最近は「遊びの中で覚える」とか「褒めて教える」などの練習方法が人気があるようです。
犬と人間の両方の気持ちに優しい、、という感じでしょうか。

日生と私は「強制」の訓練が上手く出来なかったので、もっぱらこの方法でやってきました。


でも、経験からして、この方法にはいくつか気をつけないといけないことがあると思います。


まず、、、、
「楽しく訓練したい」というのは、多くの人が思うことで魅力的だけど、
でもそれは、「イヌの嫌がることをやらない」という意味とはちがう、、、ってこと。
ワタシ的には「ちょっと嫌そうな素振りを見せる何でもないこと」を、
教える人の知恵で楽しく感じさせること、、って考えてます。

次に、、、
本当に「遊び」だけになってしまったら、
ボールはボール遊びが好きだからとってくるけど、新聞は楽しくないから言われても持ってこない、、で終わってしまう。
言葉の通りいつまでも遊んでいたら、なかなか目的の動作にはたどりつけないことがあります。

もし、ゲーム感覚で覚えさせたいのなら、
「ボールをもってくる遊び」はどこかで「地面にある言われたものを持ってくるゲーム」に意図的に置き換えたらいい。
それには、「この遊び(ゲーム)で最終的に何を教えたいのか(→持来)」を人間が意識しておけば良いのでは?、、、と思います。

Img_5444_3
(はぁ~~~生き返った)



さらにもうひとつ、
「自分(犬)の気分でやりたいときはするけど、やりたくない時はコマンドに従わない」
これも、遊びで終わってしまってる状態ですよね。(報酬が犬自信の楽しみになってる)
良く見かける話です。


自分のしたいときしか従わない素振りを見せる場合、どうやってなおしていけばいいのでしょう?

(さあ、ここで「服従」が入ってないから、、とかいう話になってくると、
話がさらにながーくなるので、これはまた今度です。)


難しい話ですが、、、ヒントはあると思います。


トレーニングの本などに、
「犬はいつでも飼い主のために何かしたいと思っている」
「いつも、あなたに褒められたいと思っている」とか書いてあったのを読んで、
今まで、「こんなのホントかぁ?」、、って疑問に思ってたけれど、

日生は私のためを思って(笑)何かしたい、、と考えるほど健気な子ではなくても(笑)
「何か仕事をして褒められたい」とは考えているみたいです。(作業犬の本能か?)。

だから、
「言われたものを持ってくるゲーム」は、その先いつか、本に書いてあったように
「言われたことをすれば飼い主に褒められて嬉しい」、、という絵に置き換えていくことができるのかな、、と。(ハイ、どうやってとは聞かないでsweat01

あと、経験的にですが、「一旦コマンドがキッチリ入ってしまうと、そのコマンドに対しての気分ムラが無くなる」ようにも感じています。
なんでキッチリ入ると素直に従うのか、、、不安定な状態のときほどムラがでる??

このあたりにヒントがありそう、、わかりそうでわからない、、今はそんな感じです。

Img_5450
(遊びつかれて寝る日生は天使に見えますgood



現実には、前記事のとおり「命令による、、」が後退して悩んでいるわけですけどね。

これは、「まだまだやることがあって良かったね」、、、ぐらいに思っておきますか。

2012年7月 9日 (月)

またもや後退中(涙)

さて、土曜日は千里の練習会の日。

当日の未明まで大雨と雷雨で、どこでやっても地面は水を含んでズブズブ間違いなし。
それにもめけず結構な出席率でした。
最近は皆さん(←オーナーさん)が豪快になってきて、長毛種がドロドロになるのもお構いなし??(笑)

おつかれさまです。後が大変でしたでしょう?
でも、みんな楽しそうでなによりでした(笑)

17686014_1697401979_220large

固定メンバーのセーブル達も参加してましたが、この日はブルーマールが高率でした。
(お写真はさくら&ゆめちゃんの父さんより頂いてます)

17686014_1697401988_112large_2

最近の日生さん、練習会が相変わらず楽しいのはいいのですが、
待ってる間も、私がヨソのワンコを引きようものならは
「ひなせもやる~!」とワンワン要求吠え。お恥ずかしい限りです。
「トライアルチャンピオンともなれば、おりこうね~」ってお手本になれればいいのですが、
相変わらず自己主張激しいガサツ系コリーです。

そのくせ自分の番になるとテンションdown
以前から、怪しい完成度だった「命令によるジャンプ」が、只今、大迷走中です(涙)
(「前進」で真っ直ぐ進み、左右の指示で右左90度の方向へ犬を移動させるもの)

UD受験の時よりかなり後退しております。
なんでこうなるかなぁ。。。思わず溜息が。

17686014_1697402017_109large

「臭気選別」は何を要求しているのか教えるまでが難しかったのですが、
一度理解してしまうと手堅くやってくれてます。

反対に「脚側行進」や前述の遠隔の移動、などは、一度カタチが出来たあとにも
なんとなく不安定さが消えず、日によって出来ばえが違う。。
多分、キッチリと入っていないからなのでしょうね。

さて、どこまで遡ってやり直さなくてはならないのか不明ですが、
しばらくこの課目で苦労しそうな私たちです。


「何でですかねぇ?」ってWさんに泣きついても、
「皆、そうなるのよね、ハハハ」、、、って(笑)
「ですよねぇ、、」って、、、、それ位のレベルの話なんですけどね。

17686014_1697401996_104large

CDX、CD練習中の皆さん、
ダンベル持来や、招呼も、「できるようになった!」と思っていたら、
ある日急にやらなくなることがありますよ。

「前は出来てたのに~!」って、慌てるかもしれませんが、
そういうこと日生でも他の子でもよく見かけました。経験的には大丈夫です。
(なぜか団体の課目やジャンプは後退しないのも謎なん)


またできるようになるし、
ちゃんとやり直せば完成度は以前より上がってくるんですよね。多分ですけど。
(受験の時は不安定だった日生のCDXも今なら、ほぼ100%信頼できるもの)



うーん、ここに何かあるんですよね。何だろう?
(ご存知の方アドバイス頂けたらうれしいです)

遊びの中で教えているから?
服従がちゃんと入ってないから??

頑固な私は、他にも理由がある気がしてならないのです。



そのうち何か手掛かりが見つかるのを期待して。
こうやって、模索していくのが大事なことなんでしょう。(と、自分を納得させる)


downwardleft私の悩みをヨソに、本人はとても楽しそうに走りまわっておりました。17686014_1697401978_56large

2012年7月 8日 (日)

薔薇とプラーク

日生へのお祝いにと、お花やプレゼントを頂きました。
最後の1輪までコップに挿して大事に楽しませていただきました。
ウマウマも、、みんなで美味しく頂きました。catface

どうもありがとうございました。


それ以外にも、、、、遅くなってしまいましたが、
downwardleft日生のお里(マザーレイク犬舎)のママさんから頂いたものです。
Img_5338

沢山のバラがリースになってます
1つずつがリアルで、ベルベット状の生地の深い赤がとても豪華shineshine

巣立って3年以上にもなるのに、いつも日生を見守ってくださってます。
ありがたいことです。


Img_5318

downwardleftほにゃらら顔は、巣立ちの頃と変わってませんでしょう?
(8月になると08キッズは皆、4歳になります)

Img_5311

真紅のバラは月見のイメージだったけど、こうやって見ると日生も似合いますね。

Img_5330

お里ではパーママも健在。
毎年暑い時期になっちゃうのだけど、またお里帰りしなきゃね。

downwardleftそしてこちらも頂き物、、モデルは誰でしょう?

Img_5374

すごいでしょう?
誰が見ても日生とわかりますよね。

プラークと呼ぶのだそうです。mieさんの手描きです。
トールペイントに似た感じ?でアイアンのフレームが付いています。
(絵心が無いのでなんと説明したらよいかわかりません)

細かいところまで描いてあるのでとても時間がかかったことでしょうね。
ありがとうございます。とても嬉しいです。

downwardleftさらにこちら、、、、

Img_5376

トライは、、描くのが難しいと思うんです。(黒くてなかなか表情が出ないので)
でも、鼻先から口角のカーブ、立ち耳の先っちょの、ちょっとした曲がり具合、、
飼い主ぐらいしかわからないような特徴、、、

これは、世界にたったひとつの月見。
ウルウルものです。







« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »