« 30日の訓練審査会 | トップページ | 展覧会もろもろショット »

2012年5月17日 (木)

13日の練習会

13日は5月の1回目の訓練練習会でした。

downwardleftでっかいお尻。
Img_4916

この日は私の担当だったのだけれど、
参加人数か多くなりそうだったのでWさんにも来ていただいて、
朝10時過ぎからお昼をはさんで15時近くまで順次練習。

downwardleft何をしているのかと言いますと、、、Img_4913


新しく参加のコリーのナミちゃん(11ヶ月)も来てたのに
練習中はずっとフィールドに出ているため、お写真が無ぁ〜しcrying

、、、というわけで、さっきから脈絡の無い「マダラ軟体動物」の画像をはってる次第です。

downwardleft舐めていたラザニアの皮のついた箱がソファの下に入ったのを、
そのままの体制で舐め続けているのでありました(笑)
Img_4915

ナミちゃんは、ふわふわの綺麗なコリーのお嬢さん。
見た目は(日生と同じお里の)ベリー君に似てる気が。。。
とにかく、最近はシェルティ率が高かったので、久しぶりのコリーさんに私はウキウキ。
次回は必ずカメラ持参するぞ〜。

とは言え、やっぱり画像がないのは寂しいので、、、
練習の様子は一緒に頑張っているシェルティのゆずちゃん&レモンちゃんのブログ
「レモンとゆずのブログ」で見てもらえそう。。。(勝手にリンクしてごめんなさい)

(注)途中、エンジュ君(BM)とレモンちゃん(T)に並んでオヤツをせびっている
「でっかいおチリ」は日生ですcoldsweats01

downwardleft暑くなってきたので、昼寝は常にこの体勢となる。Img_4906

いつも思うのだけど、、、、
ベテランのWさんと違って私は、犬に教えるのも、飼い主さんに教えるのも全然上手くない。
今までやってきた事も、あくまでも日生専属の「訓練パートナー」で、「ショーハンドラーもどき」で、「お手入れ係」にすぎないから。
ましてやシェルティって、、、小さくて繊細で、コリーに比べたら感じが違うとところもある。

そんな私の言うことを一生懸命聞いてくださる飼い主さん達。
私で役に立つのか?、、、と思う時もしばしば。

でも、日生と私が訓練を始めたときからずっと、先輩方に教えてもらうばかりだったから、
今度は何らかの形でお返ししたいという気持ちはいつもある。
次の方に繋げていけたら、、、
指導というより、経験からのアドバイスぐらいの重みになろうけれども。

downwardleft過去の練習会画像。写真撮影でひとりだけ「マテ」が続かず動く日生。
左から、日生(当時CD)、風花ちゃん(UD)、千里ちゃん(UD)、ランディ君(UD)

Img_1761

それでも、
他犬が苦手だった子が段々環境に慣れてきたり、
ゆっくりでも上達していく様子を見ているのはとても楽しくて、自分ちの子でなくてもかなり嬉しい。


downwardleft兵庫支部の皆さんとの合同練習にて。
左から、フランツ君(?、、と思う)、コッカのキャンディちゃん、ミルキーちゃん、
日生(10ヶ月!ノンタイトル)、風花ちゃん、千里ちゃん。


P1050893

脚側行進やダンベル持来、臭覚選別ができたから、、、って、
それ自体にそんなに意味はないとも思うけれど、
練習を通して確実に飼い主さんと愛犬との結びつきは強くなっている。

それを飼い主さんに感じてもらえたらいいなぁ。。。

そんなふうに(自分の力を返りみず)思う私でありました。

« 30日の訓練審査会 | トップページ | 展覧会もろもろショット »

コメント

13日の練習会ではお世話になりました。
日生ちゃんのでっかいお尻とその体勢でも舐め舐めする根性に笑ってしまいました。
ママ様の先生としての教え方ですけど、とっても丁寧で分かりやすいです。
ご自身の経験に基づいてこうしてみれば?とかああしてみれば?とか言って頂けて
なるほどと納得すること多しです。
しかも日生ちゃんも同じような道を通ってきたのを聞けば、ちょびっと安心出来たり(^_^;)。
元々の出来が違うんで、うちの犬が日生ちゃんのように出来るようになるとは思えませんが(涙)。
それでも変わって来つつある犬を実感できるのが嬉しくて続けています。
この度躓いているダンベルも、逆に犬の事を考えるきっかけになっていますし。
犬が何を嫌がっているのがどうすれば喜ぶのか、自分の犬の扱いを学んでいるところです。
犬をわかろうとして犬をよく見ると犬も見返してくれるようになるのを感じつつあります。
とはいえたまーにわかった気になる程度なんでまだまだ先は見えないです(>_<)。
これからもどうか宜しくお願い致します!

いつもお世話になっています。私にとって、W さんやyumiraさん、mie さんはほんとに尊敬する先輩方です。いつも、練習みて頂いていても、私が行き詰まっているところをすぐに見抜かれて、的確なアドバイスを下さいますし、この前アドバイス頂いた単に、脚側で歩くのではなく、綺麗に見せるってこと、目からウロコの感動ものでしたーeye そして、アドバイス頂いてから、ココとは左肩の近くでココの大好きなボールを持ちながら歩くと、よくついて歩くようになった気がします。
ほんとに、ショーも訓練も頑張っているyumiraさんと日生ちゃんは私の理想、憧れでそんな方から教えて頂けるなんてほんとにありがたいとおもっています。ココなんて、日生ちゃんの足元にも及ばないですが、楽しく頑張ろうをモットーにやっていこうと思っていますので、これからもご指導よろしくお願いいたします。

taurusアイラの姉さんへ

「変わって来つつある犬を実感できるのが嬉しくて続けています」、、、

あ〜ありがとうございます。
アイラちゃん、ずいぶん成長しましたもんね。今ではみんなのお手本だし。
もちろん姉さんもですよ。
練習方法はいろいろあると思うんで、私の話も「数ある方法のひとつ」
ぐらいで考えてもらって、アイディアの抽斗しを増やしていってくださいね。


taurusリンココさんへ

ありがとうございます。

ココちゃんは動きがいいのでこれからが楽しみですよね。
両建てでチャレンジするお仲間が増えて嬉しいです。
ショーを走るなら訓練ではあまりきつく強制しない方が良いと。Wさんは言われています。やっぱり。楽しく、、ですね。

意外と思われるかもしれませんが、
訓練競技会でも「ジャッジ&ギャラリーに見せる」という要素が
結構重要なんですよ。色々と奥深いです。

「ハンドラーの動きが美しくない」これって、私の永久の課題かも(汗)
とくに展覧会では自分のハンドリングを見て頭を抱えちゃうの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30日の訓練審査会 | トップページ | 展覧会もろもろショット »