« 日生のお籠 | トップページ | 日生、パパに会う »

2012年4月 2日 (月)

JCC岐阜展

日曜日はJCC岐阜展でした。
春の時期、ここはいつも天気が不安定で案の定、にわか雨、砂嵐、さむかった〜。sad

downwardleft気合入ってるのはわかるけど、尻尾の付け根は上げんといて。尻尾や、尻尾!
Img_4509_2

downwardleft個体審査待ちの間、作戦をねる二人。ごにょ、ごにょ。17686014_1587855321_209large

downwardleft作戦その1。ギャロップしないように80%の速度をキープ?。私は必死。
Mvi_4504_5

downwardleft作戦その2、今日はこの角度でちゃんと止まる。(決して審査員さんにブチ当たらない) Mvi_4504_6

でも、作戦むなしく予想どおりdown down

downwardleftこの日のCH牝の入賞はこのコリーさん達、、、だったと思う。1 2

どちらも綺麗なセーブルのコリーさん。
オーソドックスと言ってよいのかわからないけど(JCCのシンボルマークに出てくるような)お顔です。

ふんっ、日生とはタイプが違うからしゃーない。
(でも、綺麗だわ。。)

前回の記念展もこの岐阜展も、入賞した子達を見ると、
オープン、スペシャルクラスまではバラエティに富んだ感じだったけど、
CHクラス、G-CHクラスになると審査員の意思がはっきり出ていたと思えました。

記念展はアメリカンコリータイプ?(、、と言っていいのか、これまたわからないsweat02
岐阜展の入賞犬とは全く違うタイプでしたけどね。

downwardleftちなみに、記念展で私と2号が一番好きだった女の子heart04  この子はだぁれ?3

こういうところが、面白い気がするし難しいと思うところ。
『審査員の好み』、、ってよく言ってしまうけど、これって誤解がありそうです。
審査員によって重要視するところが違うだけ。
そして描く理想のコリー像も少しずつ違うんでしょう。

いづれにしても両展覧会については、一貫性が感じられて、
残念だったけど納得は納得。
めずらしく、「ショーが終わってからのお楽しみ」があったので、それも良かったのかな。

つづく。

« 日生のお籠 | トップページ | 日生、パパに会う »

コメント

岐阜展、お疲れ様でした~
こちらむさしの展は快晴、突風でした~。

つばさの結果も日生ちゃんと同じ~weepなかなか思うようにはいきませんね。
ちなみに岐阜の入賞犬はつばさの同胎レディーちゃんですね

あー、わかるわかる!
オーソドックスな気品あふるるコリーさん。
キレイだ、立派だ、とは思うんだけどね。
わたしにとっては、我が家のコリーではないのよ。
選ぶとき、いろんなチョイスはあったと思うけど、ロイやアレンの顔になっちゃった(笑)
このタイプが我が家のコリーsign01
好みだから仕方ないgood
皆、お家に帰ったらへそ天で寝るんだよ、一緒だよ(笑)

わたしには、日生ちゃんがママさんの顔を見ていろいろ考えているその瞳が大好きです。
はいsign01わたしには、日生ちゃんが一等賞fujihappy02

typhoonひめつばさんへ

突風も困りますよね〜。
コートもバサバサしちゃいますが、屋外だとテントが飛ばないか始終気になります。
ウッディドームは屋根があって(JCCだと)屋内にパドックを取ることができます。ただ下の土が黄色くて、降ろしたとたん脚が黄色に染まりますが、、(涙)

はい、レディちゃんですよね。
確か愛知展でもおリボンGETされてました。ハンドラーは別の人だったような。。

typhoonchiakiさんへ

そうそう、「我が家のコリー」はこの顔ですよね(笑)
目が大きすぎるとか、色が茶褐色とか言われることもありますが、
この「モノ言う瞳」が日生のなかで一番好きなパーツです。
chiakiさん、ありがとう。元気出てきたわscissors
同じ瞳のお二人によろしく。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日生のお籠 | トップページ | 日生、パパに会う »