« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月 9日 (月)

記録 トライアル成績



日生のトライアルの成績を記録として記事に残しとかないと。。。
                   (たとえ、親ばか記事であっても)

Img_4011_1

2009.6.21 岡山支部 CDP宮川氏
 
2009.6.21 岡山支部 CD1・2次 競技会1席 宮川氏・辰元氏 
2010.3.22 奈良支部 CDX1次 競技会1席 南平氏 
2010.6.13  岡山支部 CDX2次 競技会2席 前田氏 
2011.3.21  奈良支部 UD1次 南平氏 
2011.9.19 岡山支部 UD2次 競技会1席 遠藤氏

Img_4081

合格証のシール、、、銀(CD)→金(CDX)ときて、
UDは何色だろう?(青銅かな?)って思ってたら「赤いギサギサ付き金」でした(笑)


今回、右肩のところに合格No.があるのに気がつきましたよ。
CDP  No.5896
CD   No.4486
CDX  No.705
UD   No.365


合格犬の通し番号のようです。(コリシェル混合です)
UDなら、365番目の合格、、ってことですね。

日本コリークラブ(JCC)は今年60周年なので、60年の通年分って考えてよいのでしょうか?




downwardleftT-CHとD-CHの認定証も先日届きました。

Img_4086
(ははぁ、、「赤いギサギサ付き金」はCHの共通マークなんですね。)

こちらも、右肩に番号がありました。

T-CH No.164(C-164 ←コリーの164頭目、って意味です)
D-CH No.46(C-46 ←コリーの46頭目)

C-はコリー、シェルティはSS-で犬種別に発番されます。

ちなみに日生のショーCHの方は C-CH No,2868ですから、
コリー2868頭目のチャンピオンなんですね。ずいぶん沢山ですよ。


あ、でも、60年分としたら、、、そう多くはないか。  



downwardleft記念の楯は(自費希望者申し込みデスsweat01
D-CHとT-CHの両方があるのですが、今回はあえて銀色のT-CHの方にしました。

「TRIAL」って文字が入っているのが欲しかったからです。

Img_4011_2

G-D-CHになれたら、見開きの大きな記念楯がもらえるそう(進呈heart04

でも、
G-D-CHのコリーは、60年間で、今のところ28番までしか発番されてないんです。
28頭しか達成してない。。。

むぅ〜〜〜 think です。

Img_4019

もし
道半ばで諦めることになったら、
その時にはD-CHの金色の楯を注文したらいい、、って思ってます。


Img_4030
目標は30番台、、でつね?らじゃ〜でつよ。







2012年1月 8日 (日)

やっぱり、コリーが、、、

怒涛の記事作成、、だって週開けちゃうと、ペース落ちるのわかってるもん。coldsweats01

10月頃の日生は、、、何してたんやったか。。。

すっかり貧毛モードになり、ショーにも行かず、行けず。
訓練の方も、UD完成後の小休止で、
平日はお留守番が長くてエネルギーを持て余し、、
帰宅後、疲れモードの私に容赦なく、襲いかかる。。crying

暑い中、ガス抜きのためのドッグランへ。

downwardleftどうか、一人で走ってください。
飼い主とではなく、犬と走ってください。お願いや。Img_3043

downwardleft走ってくれるなら、、お相手の大小は問いません。
    (つぶされんように、はよ〜逃げてな)Img_3041

downwardleft犬種も問いません。(おヨダ、少なめが希望です)
Img_3040

Img_3062

downwardleft暑いので、みんなすぐに日陰に避難する中、一人、動き回る。。Img_3060

結局、人間が相手。
Img_3067Img_3069 Img_3070

downwardleftじっとしてるのは、食べてる時だけかも。

     (ここに来たら、ハンバーガーは外せないわぁ←私の話)

Img_3047

downwardleftこの日のベストショットはコチラ。綺麗な綺麗な若いボルゾイ君。
Img_3074

シャイでワンコが少し苦手らしい、、のに、
無理やり勝手に横に座らせてお写真撮らせてもらいました。

なんて華麗な瞳でひょ〜heart04

Img_3078

もし、あなたがコリー以外の犬を飼うとしたら、どの犬種?

シェルティ?ゴールデン?ボーダー。。。。?

ボルゾイがいいな〜って、ずっと思ってる私。
JKCのショーでも、ボルゾイのリングに引き寄せられる。
あの瞳、長いマズル、しなやかな歩様。。。heart04

これからもずっと、憧れ続けるんでしょうけど、
お迎えするのは、、、多分、ラフコリーばっかり、、、な気がする。

やっぱりコリーが好きなのよね〜 。lovely




2012年1月 5日 (木)

日生、高いところにも行く

避暑地に行くの続きであります。

初日、高山で見かけてから無性に食べたくなったお蕎麦を食べに、
近くの観光地?(名前忘れちゃった)に行きました。

『湧き水』が有名で、そのお水を使ったお蕎麦がおいしいとか、なんとか。。。

それよりも、私たちに重要だったのは、テラス席があって、犬も同伴できる事。
山中湖近辺でも、ありそうで見つけられないんですよね。
私たちが知らないだけなのかもしれませんが。

Img_2966_2
テーブルの下は冷たいでつ

Img_2963

downwardleft人間は、大満足。。でも、日生は。。。

Img_2967
冷たくていいけど、暑いでつ。お蕎麦、一本ください。

downwardleft湧き水の池?があって、水温は低くてとても澄み切ってて。。。Img_2962

downwardleft水深10m以上でも、こんな感じ。
マスが空中を泳いでいるようにも見えませんか?

Img_2957

downwardleftで、その後、かねての計画おりこちらへ。

、、って、わからない(笑)
曇ってたのて、、いえ、雲の中cloudcloudcloudcloudだったので。。。。。まっしろけ。

Img_2969

downwardleftこれでどうだsign02

Img_2978

downwardleft変な看板をバックにしているけど、重要なのは「売店・食堂はコチラ」ではなくて
標高2400mってところですから。
 

Img_2973

ずいぶんと、高いところまで来れました。新五合目、、っていうのかな。
5合目って言っても、2400mだったら半分は越してますよね?
気温は下界の37度に比べて25度ぐらい、とっても涼しくてよかったけど、
ここまでの道は大渋滞、山小屋?売店辺りは人がいっぱい。
夏の富士山はスゴイ混雑だとは知らなかったなぁ。

ともかく、標高2400mまで登ったコリーは、、、あまりいないかも。
         

景色は朝方と違って雲だらけ、下界は(駿河湾だっけ?)見られませんでした。

今度は、雪を頂いた富士山やで!!
なんて思いながら、夏休み旅行(そう、夏のお話なんですよsign01)を終えて帰路についたのでした。





日生避暑地に行く、、の2日目

新年からなんですが、、(人様より少しだけ長い)冬休みのうちに、いくつか記事を書いておかないと、、。というわけで、

遠い記憶の彼方の、、(笑) 
なんと、『日生避暑地に行く』の続きです。

記憶も薄れかけた、、暑くて、最高気温37度とかの昨年の8月。。。。
ははは、私的日記ですから、記録ですから、、、、どうぞご勘弁を。

Img_2877
upwardright2日目のお泊りはこちらでした。『ドッグリゾート woof』

あれ!?  って、ご存知の方も多いと思います。
秋に、日生のお里のオフ会もここで行われましたよね。
年末にJKCのコリーの単独展の会場でもありました。

どちらも行けそうにない日程だったので、、、
でも、未練タラタラの私、、えいやっ、、、と早期単独決行。
私たちが訪れたのは8月でした。

Img_2880

宿泊された方はご存知かと思いますが、
廊下、お部屋とも、マーキング対策が徹底されて、見事なほど残臭無し。
エントランスフロアーに入ると、かすかにハーブのお香、、、
とても快適なホテルでしたよ。

Img_2866
upwardrightレストランにて。ナプキンを被せられる。

Img_2872

食事もとても美味しかったです。
でも、(個人的好みがあると思いますが)私はカーロ派かな。
なんたってカーロはボリュームがあるもんで(笑)

Img_2933

日生にとって、一番うれしかった(であろう)のは広いドッグラン。

Img_2929

downwardleftコリー連れの方にも遭遇です。とっても綺麗なトライの男の子。
そういえば山中湖は有名ブリーダーさんの地元ですもんね。

Img_2948
意気投合して、遊ぶ日生さん。
写真はお部屋の窓越しに写してます。2Fのお部屋でましたが真下がランでした。

Img_2940
upwardright手前のセーブルの子は、シェルティの女の子なんです。コリーみたいです。


こういう宿泊施設って
『食う・寝る・遊ぶ』
が一箇所にあるんですから、、で、その繰り返しなんですから(笑)
日生は、「なんて、ここは楽しいのheart01、楽しいのheart04って
そりゃもう、すっかりお気に召した様子です。
そりゃ、そうでしょうね(笑)、でも、喜んでくれてよかったわぁ。








Img_2901
upwardrightこれは、早朝。お部屋からのショット。夏の富士山。
             (真ん中の木、、ちょっと邪魔やわね)

お部屋に居ながら富士山が見られるなんて、、、スゴイ。
関西人は感激しました。

downwardleftそのまま山中湖畔にも出てみました。
Img_2923
(スワン、、、おっきいなぁ。。)

Img_2925

Img_2917

2010年11月にオフ会があって以来の山中湖。
さしずめ、『日生、山中湖、再び』ってタイトルかな。
そして、人間の方も『富士山、リベンジ』成功でした。

気になってたwoofに止まって、前回見れなかった富士山を満喫して、
3日目に続くのでした。。。

                                

2012年1月 2日 (月)

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

Img_3938_2

旧年中は、お世話になりました。

、、、なのに、、途中からブログ放置状態になってしまって、、、
案外、二つのことを同時にできない、不器用な私なのでした。

Img_3678

今年は、(心を入れ替えてcoldsweats01)頑張りますから、よろしくお願いします。
、、とりあえず、頑張るつもりです。(すでに不安)

Img_3670

というか、日生の成長記録が何ケ月も抜けてしまうのはね。
後から見て残念に思うのはヨロシクナイ。

Img_3631

今夏は4才になります。

充実の1年shineshineでありますように。

やりかけている事が無事完成できますように。

なによりも、健康で楽しい一年でありますように。

私も、日生と一緒に成長出来ますように。

Img_3948

今年もどうぞ、どうぞ、どうぞ、
みなさま、よろしくお願いします。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »