« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

日生、避暑地に行く

1泊目のお宿は「高山わんわんパラダイス」。標高1300m。

『常陸宮さま、ご宿泊記念』、、なんて記念碑があったりして、
その昔は避暑地のホテルだったんでしょう。
今は、、なぜかワンコも泊まれるホテルに。。。その斜陽にちょっと複雑な気分。

昼間は薄暗くて、???な感じでしたが、
夜になるとかなり雰囲気が良いホテルでした。
さすがはshine、、、って感じです。

downwardleft玄関ロビーの辺り。
Img_2827

downwardleftラウンジのシャンデリアshineshineshineがスゴイの。
ダイニングにも、いくつもぶら下がってました。

Img_2805

downwardleft避暑地のお嬢様風。。。。犬。

Img_2815_1

あ、お嬢様、脚がカエルやで。

Img_2808_1

downwardleftこちらはダイニングでの夕食の様子。

Img_2778

downwardleft懐石でした。(写真は一部)

Img_2788

お嬢様はこちらに。微妙に目がテーブルクロスから出ているところがミソですよ。
ひなさんは、残念ながら、お持ち込みのフードでした。

Img_2785

夏なのに、ライトアップされた木々が紅葉のようです。
日が落ちると、気温が下がってかなり快適。
避暑地気分を満喫できました。

Img_2820

滞在しているのは、ファミリーではなく中高年が多かったです。
犬たちも、わりとおとなし目で静かでした。

夜になって気温が下がったので、人間達は近くの平湯温泉へ。(日生は車中待機)
「ひらゆの森」(だったか?)。
ひろーい露天風呂があって、湯質もとてもよかったです。おすすめですgood

さてホテルですが、、、お部屋はちょっとザンネン〜down
広さは十分でしたが、床に臭いが残りすぎ。
(臭いに対する許容って人によって違いますから、私にとって、、です)

宿泊者はみんな犬連れだし、ある程度は仕方ないって思ってるけど。
館内では気にならなかったので、こういうの部屋によって違うとか、当たりハズレがあるのかな?
前日のお泊りの子がマーキング魔だったとか。。
だとしたら、この日はハズレだわ。
次回からお初の場所へは自分の好きなお香とか持参していけばいいかな、、などど思いました。


で、日生は床で寝るのを拒否pout。ベッドで寝ることにしたようです。
持っていったカバーを広げてあげると、そそくさ乗ってオヤスミです。
(普段はベットは暑いので寝ません)
Img_2828

ひっついてます。(いいなぁ)

Img_2835

downwardleft敷地内にある小(?)川で。

Img_2842

ここは川遊びが好きなワンコなら大喜び間違いなし。

ただ、私も水に入りましたけど、叫び声が出るほど水が冷たいのwobbly。。
まるで氷水〜。
流れ、、場所によっては結構速くて、深さもあったけど、
それでも、ずんずん入っていく日生です。
お腹が付くほどの深さに入り込んではゴクゴク。。。sign02、そうゴクゴク。。。coldsweats01

Img_2857_2

本人は川がとっても気に入ったようで、
お散歩のたび、勝手にスタスタと川へ入っていき、その度ゴクゴク。
この小川を横断して、行ったり来たりしてましたよ。

Img_2843

普段でも水入れの水よりも蛇口飲みですからね。
流れる冷たい水、とても気に入ったようです。よかった。happy01

下界が36度のこの日、こちらは最高気温28度でした。
朝晩は18度に。
避暑地ってこういうことなんや〜。長毛種にとっては快適な場所ですよね。



そして2日目、食べそびれたお蕎麦を探しながら、次の場所へと移動したのでした。
(途中のSAはやはり暑かったsweat01

Img_2865

2011年8月23日 (火)

日生、高原に行く

日生は海はママにつきあってあげてるでつよ。塩っ、しお〜sign03、でつよ。
だいたい、こんな全身毛皮着て、
海水に入るなんてかんがえられないでつよね、みなさん。

downwardleftママ譲りの褐色の瞳、きわだつheart04
Img_2712



昨年の夏休みは、伊勢でした。
いいところだったけど、夏に行くには暑すぎ。。。
犬に優しい町だったけど、それでも暑すぎ〜。

なので、今年は、、涼しい所へ行くぞ〜punch

downwardleft、、出発した往路のSAエリアにて。
2号が獲物を(売店で)ゲットしてくるのを待っている妙な後ろ姿のイヌ。gawk
Img_2717_large

SA休憩は、トイレはもちろんだけど、ご飯食べたり、オヤツ食べたり、、、
楽しいこといっぱいですから日生はSAが大好きです。

高速に乗って車が40キロぐらいに減速すると、SAだと思って大騒ぎ。
はやく降りるでつ〜notesって。。。
(渋滞で止まろうと減速しても大騒ぎするのは困りものだけどな。coldsweats01

でも、この季節、SAの路面は温度が高くて歩いたり休憩するのも大変ですよね。




その点、ここのSAは違いました。超おすすめでししたよ。

Img_2725

ひるがの高原SA』。北緯35度、東経136度、標高874m。

(明石って東経135度だから、1度東へ来たわけですね)

ここは、、、
晴れていても、とっても爽やか〜。空気、爽やか〜。来てよかった〜。

Img_2724
うまうま、クレープ食べたでつheart04

ここのドッグランは急斜面の草地でした。それもとっても◎。

downwardleftヒャッホーhorse見るなり日生はじけマス。Img_2743

うまく写ってないんですけど、すごく急なんですよ。

Img_2728_2

背景が雄大じゃ〜sign01

Img_2735

ドッグランにいた牛さんsweat02、、、ではなくて。。。ワンコさん。
(ニューファンの8ヵ月だって。こういう毛色あるんですねぇ)

Img_2746

ちょっと、一緒に遊んだけど日生の勢いに引き気味でしたsweat02(笑)

そのまま、松本→飛騨高山→上高地へ。
(松本って暑いところなんですねぇ、死にそうでしたよ。)

ようやく山にたどり着き、お宿のチェックインには早かったので
近くの日本の滝100選「平湯大滝」へ寄りました。

落差64mの滝だそうです。

Img_2762

滝からの水はとっても冷たくて、思わずザブザブ、

んで、ガブガブ。ゴクゴク。(大丈夫?って言うほど飲みました)

Img_2770

休憩所には、ものすごーく長い足湯(温泉)があって、
ホントはそこでお蕎麦を食べようと思ってたんだけど、終わってしまってましたdown

なんでぇ、ここまで来たらお蕎麦たべたいやん。
『お蕎麦の呪い』にかかった私です。

Img_2826

この日のお泊りは、『高山わんわんパラダイス』。
ライトアップが綺麗な雰囲気のあるホテルでした。(つづく)

2011年8月20日 (土)

日生、海に行く

お盆前のお話です。
梅雨が空けて、夏の恒例の(?)海水浴に行きました。

downwardleftテーブルの下に入り込んで(逃げ込む)日生。
警戒してる、してる、、、私を。。。coldsweats01

Img_2599

でも、今年は少し進歩がありました。

パラソルの下と言えど砂は熱くて、
それよりも波打ち際で足を付けている方が気持ち良いと思ったみたい。

自ら水へ足をつけてましたし、波打ちぎわでは他のワンコと挨拶したり遊んだり。。。。

Img_2607_large

浮き輪にさえ乗っていれば大丈夫(ほんとは違うけど)って、
結構、落ち着いて乗っかってます。

イルカの搬送みたいに、時々背中にジャブジャブ水をかけながら、
ゆ〜ら、ゆ〜ら、ちゃ〜ぷ、ちゃ〜ぷ。

downwardleftこーんなところでも、乗っかっていれば大丈夫でつnote

Img_2577

、、ってここは浅いんですけど。水はかなり綺麗です。

downwardleft浮き輪があれば大丈夫でつnote

Img_2587

そんなに乗ると重いです。しかも私は浮き輪ではありません。


ビーチはこの日も沢山の犬種で賑ってました。
犬の数の2倍ぐらいの大人たちと、犬の数と同じぐらいの子供たち。

みんな一緒に浮き輪でゆらゆら、、ほのぼのといい感じですよ。

Img_2601_large

この、わんわんビーチ、確実に呼び戻しができるワンはノーリード可です。
確実、、って、、100%ってことなんでしょうか?(笑)

日生、場所によりますが、ここでは呼び戻し率95%以上ということでオフリードに。

Img_2641

昨年はオフリードにすると、2号のいるパラソルの下に逃げ込んでましたが、
今年は、私が水に入っていると気になるのか、様子を見に来ます。

Img_2627

Img_2633

Img_2637

とにかく、去年よりは余裕があるようでした。

まだ浸かって泳ぎたくはないようですが、
そのうち、その気になってくれるかもしれない、、up
なんて夢想したり(笑)。

Img_2614

観光協会のおじさんが日生の写真を撮ってたけど、、、
あれはどうなったのかな?HPを見ても載ってはいない(笑)
何犬かわからなかったとか。。。

Img_2619

とにかく、
暑いけれど、日生の夏遊びはじまりましたscissors

2011年8月 8日 (月)

3歳の日生

8月4日は日生、3歳のお誕生日でした〜birthday
08パーキッズのみんな、おめでとう〜lovely

お里のパーママもニッキーパパも元気ということで何よりです。

Img_2673

実は1歳と2歳のお誕生日の当日には、(その頃2号は東京にいたので)お留守番部隊のみでのお祝いでした。
3歳の今年は、、、
何も言わなくてもちゃーんと仕事帰りにケーキを買って帰ってくれましたよ。

Img_2674_1

ふふふ、ケーキ屋さんに寄って、
「お誕生日のなんで、おめでとうのプレートを。ローソクは3本で」って言ったのでしょうか?(笑)

クリスマスの夜なんかに、
ケーキの箱を下げて電車で帰宅を急ぐスーツ姿のお父さん達を見かけますが、
例え他所のお父さんでも、なんだか気持ちがホンワカします。

うちの場合は、、、、可愛い娘は犬なんですけどね。

このブログにきてくださる皆さんのおうちも同じでしょうね。

Img_2670_1

コリーって、子犬の時はもちろん可愛くて、2歳も元気いっぱいでいいですけど、
長毛種の美しさは、やっぱり大人になってからだし、
利口といわれるコリーの特性はこれからでしょう?楽しみで、、同時にもったいなくて、
3歳が3年ぐらい続いてもいいなぁ〜って思います(笑)
もちろん、これから3,4,5,6って体も中身もどんどん充実していくんで、楽しみはずーっと続くんですけどね。

日生もこのところ、少し大人になりました。
脳内キッズ、飛びつき癖は相変わらずで、猪走りも健在ですが、
人間の言うことがわかるようになってきた気がします。
小さな声で言ってもちゃんと聞いてるし、
興奮して制御不能になることも減ってきたかなぁ。。。。(まだまだですけど)


downwardleft翌日、ケーキ大好きなおーちゃんにもおすそ分け。

Img_2690

Img_2693_large

downwardleftおーちゃんが怖い日生も、ケーキが気になってこの距離で決死のスタンバイです。
そうそう、今年は昨年ほどみどちゃん(ミドリガメ)が怖くなくなってきたみたい。
おーちゃんとの距離も近づいてきた?

Img_2699

自由気ままに闊歩するおーちゃん。ほとんど飛ばす歩き回ります。

Img_2698_2

downwardleftこんな、顔していました。やっぱり怖いみたいです(笑)
Img_2692

ケーキはこの後、私と二人でわけました。

3歳のこの1年が、素晴らしい年でありますように。

あ、日生のお里でコリーの子犬のオーナー様募集しています。
ラッシー色(セーブル)のかわいい、かわいい子達ですlovely


2011年8月 1日 (月)

日生のお留守番

、、、という訳で、お留守番の日が多くなった日生です。

期限付きなので、ずっとということでもありません。しばらく我慢してもらうことになりました。
月見もこの年頃は日中はお留守番だったことを思うと、そんなに大層なことではないんですけど、
日生依存度が上がっている私達のほうが、少しつらいみたいです(笑)

Sbca0009

日中、退屈してるかな?と気になってたのですが、
夏ということもあって、室内では、寝てばかりいるみたいです。
朝、日の出前に2号が運動させてくれてるのもあるかもしれません。
(一番とばっちりを受けたのは日生、、ではなくてどうやら2号のよう)

朝夕のお散歩と週末たっぷり遊んであげるようにしたいと思います。

Sbca0015

高温多湿な日や雨の日は室内で、そうでもない日は庭で過ごすこともあります。
日陰で風の通る東側通路は、朝に水をまいておくと玉砂利のところがヒンヤリして
いいみたい。


Sbca0005

downwardleftなぜ、ここ(窓の下の花壇)なのか不明なんですが、

Sbca0006_large

ある日見ると、でっかい穴がありましたcoldsweats01

Sbca0007

ここは決して涼しいところではないのですが、
そういえば月見もここを掘ってましたから、なにかが気になるのでしょうか?

庭は複数の施錠はもちろん、外部から日生にアクセスできないように行動範囲も制限してます。
日生にとっての大敵は「退屈」なので、
夕方、散歩の犬やウォーキングの人が通るのが見える庭の方が 好みのようなのです。

でも、この暑さですからね。やはり室内に居てもらうほうが私としては安心です。
終わるや否やすっ飛んで帰って(笑)、何はともあれ夜の散歩が一番の楽しみかな。

Sbca0010

そうそう、フルコートの日生は6月で終了しました。
冬の間スッテンテンだった日生は、2月に抜け止まって、
「コート伸びるの、まだかな〜まだかな〜」と首を長くして待ちわびてたんですが、

やっとフルコートと思ったら梅雨の真っ最中crying
もったいないからと(往生際悪くも)ショーには出してみましたが、
暑がりの日生は気温が25度超で活動を完全停止。

大変無駄な努力でございました(笑)

今は、バサバサ抜けて尻尾はネズミのようになってます。
8、9月は涼しく過ごせてよさようです。confident

1年後の6月の終わり

ご無沙汰してます。

お友達コリーさんの闘病などがあって、延ばし延ばしになっていた記事。
6月の終わりと言っても、もう7月が終わるけれど(いや今日は8月だった)
やはりこのままでは前に進めないので。

Img_2567

6月17日にはお花を頂いたり、私たちのことを気遣ってお電話くださったり、
南の島からはハイビスカスの苗が送られてきたり、、
(きっと、鮮やかな花を咲かせてくれるんでしょうね)

Img_2560

優しい色いっぱいの花籠や、あの日と同じバラ咲きの芍薬、
真紅のバラのブリザード。
ありがとう皆さん、月見のこと覚えててくださってありがとう。

(決して私はそうは思っていないけど)
世間一般に言うところの『犬』なのに、幸せな子。

それ以外にも、
月見のことを思い出して話題にしてくださった方達がいたと伝え聞き、
とても有難い気持ちになった。

Pa0_0011_2

去年の夏は暑かった。でも、ほとんど夏の記憶がない。

あれから、秋がきて、冬がきて、春がきて、また夏になった、、ということ。

時間と共に、月見との沢山の思い出は少し優しい色に変わっていくような、
そんなところもあったけど、
自分の半分をどこかにやってしまったような喪失感は、寄せては引く波のように、
繰り返し繰り返しやってくる。

P1030870


どんな決断にも後悔は残る。
そう自分に言い聞かせていたのに、少し冷静になってくると、
『本当に他に方法はなかったのか?』と考えを巡らせている自分がいる。


Sbca1139_1

どこにいるのかなぁ、、って。
私の黒い天使。

P1020221

玄関ドアを開けたとき、帰宅したとき、もしかして、

P1060101

P1020980

もう一度、姿を見せてくれるかもしれないと、、、ふと思う。

Pa0_0033_2

Dsc00028

P1030219

晩ご飯まだですか?、、、とトコトコくるような。

P1050032_2

P1050163

この想い、いつ空に昇るのか。
もう会えないと思うと前に進めなくなってしまう。

P1060376







ただ、いつ、どうやって教わったのか永遠の謎?だけど、
最近、月見と同じ仕草をする「白いやつ」はいる。
(白いのはまだ天使ではなくて、白い悪魔もどき)

Sbca0021_2

Sbca0023_6    

『今までは月見ちゃんがある意味支えの存在やったんやろうけど、
ある日、日生ちゃんがそうなってることに気がつくんよ』

と、ある人の言葉。
そうやね。共に時を刻むって、きっとそういうこと。
すでに日生に依存しているという自覚はあるし。

P1010796
日生4ヶ月。『招呼』の練習をはじめる。なんでも、かんでも月見のマネをしたこの頃。
大人になった最近でも日生は急に月見になって私達を驚かせる。
誰がそんなことを教えたん?って聞いても、日生は答えない。

この6月から、新しいこと始めることにしました。
私としては大きなチャレンジ。テンテコ舞いな毎日。

downwardleft商売道具はコレ。
Sbca0017_2

凹むこともあるけれど、ぎゅっと目をつむれば黒い姿を見ることができる。
側で見ていてくれると信じてる。


そして、また巡り会える。いつか必ず会えると信じよう。


その時は日生と立場が逆になってるのかもしれないけど、、
それはそれで面白いだろうから。

Img_3180

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »