« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

ある夜の出来事。

ある夜の出来事。

ベットに入ったのは、午前0時少し前だったと思う。
しばらくして、多分眠りが深くなったころ、1Fで足音がしたような気がした。
フローリングを歩き回る犬の足音がする。

「あれ?月見、またトイレかな。。。」とぼんやり思った。

リビングのある1Fから寝室は吹き抜けで繋がっているので音がすると結構聞こえるが
寝入りばなだったので、全然まともには考えられなかった。

しばらくしても、歩き回る音がしている。
チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、、、、、。

チャ、チャ、チャ、チャ、、、、。
速くなってきた。やっぱりトイレや。

いや??なんだか近い音?

寝ぼけ眼でベット脇のランプをつけると、日生がベッド脇に立っていた。
この時の私の驚きは、他の人には想像できないかもしれないけど、2号に言うと同じように驚くと思う。

Img_1785

普段、うちでは犬は2Fには上がらないことになっている。
私は月見には教えたけれど、日生に教えたことは無い。
だけど1Fでフリーで寝かせても、日生は決して勝手に2Fには上がって来ない。
(多分、月見が教えたに違いない)

その日生が、真っ暗な階段を上がって、少し開いていた寝室のドアを鼻で押し開け、
2Fまで上がってきていた。


Img_1787

殆ど寝ぼけた状態で照明をつけて一緒に階下に降りたところ、
玄関ドアの前に行くので外に出すとトイレをした。
少し軟便だったので、結局のところ、「トイレに行きたい」と言いに来たのだった。

実はその日、ゴールデンの友達の家にいった時に、牛のアキレスをおやつにもらった。
目の端で、「日生には少し大きすぎる」と思ったけど、切る事もできないしそのまま完食してしまった。
案の定、夕食後に消化不良ぎみのウンチをしていた。
それもあってフリーで寝かせることにしたのだ。
寝る前に勝手口前にトイレをセットして。。。。。そう、日生さんはお家トイレもできるから。

お家トイレが出来なかった月見は、夜中にトイレに行きたくなると、
階下で歩き回って音を立て私を起こしたものだ。
それでも私が起きなければ、小さな声で『ウォン』と鳴く。
歳を取ってからは、夜中2時や4時ごろに起こされるのははしょっちゅうの事だった。
月見がいなくなっても暫くは、トイレ大丈夫かな?と夜中に何度も目が覚めた。
習慣になってしまってたのだけど、それでも、この頃はそういうこともかなり減った。

Img_1786
おもしろがって、タオルとかぶせると、固まった(笑)


日生は教えたわけでもないのに、まるで月見のように振舞う時がある。

さっきも、、、
散歩から帰って玄関においてある水入れの水をガブガブと飲んでいる音が聞こえた。

月見は、散歩から戻ってバケツの水を入れ替えると、いつも一番に水を飲んでいた。
日生は月見が飲み終わるのを待って飲んでいたけれど、
月見がいなくなってからは、外の水バケツでは水を飲まなくなった。
毎回、新しい水に入れ替えるのだけど、いちいち部屋の中に入ってクレート横の水を飲む。

今日は暑かったし、お腹がゆるくて脱水気味なのかもしれないけど、
さっきもわざわざ玄関に出て水を飲んでいた。
ガブガブ、ガブガブ、、、
音だけ聞いていると、まるで玄関先に月見がいるような気がする。

ご飯を待つときの仕草、部屋でくつろぐ時の仕草。
日生が、日生らしからぬ振る舞いをすることが以前にもあった。
気のせいかもしれない。
でも、そういう時は2号も「いつもの日生とは違う」と同意見だ。
これを、うちでは「月見の、のりうつり」、、と呼ぶ。

そういったことは何回も続くわけではなくて、大抵は一回こっきりで終わる。
水バケツも、多分、明日あさってには見向きもしなくなるはずだ。

会いたいと私が沈んでいると、どうやら帰って来てくれてるみたいだ。

おかえり、月見。誕生日やね。

Img_2073_large

去年の秋は、展覧会でトライのコリーを見ると辛いんじゃないか、、と思ったりしたけど、そうでも無かった。
トライのパピーを見ると衝動的に欲しくなるのでは、、とも思ったけど、
(可愛いなぁとは思うものの)それほどでもなかった。
どの子も可愛いけど、月見ではない、、とひと目でわかってしまう。

それでも、どこかで生まれ変わってたら、その時はひと目で見つけられる。






日生は迷惑かもしれないけど、
今のところは、「のりうつり」でもいいから、
こうして時々帰って来てくれたら、それだけでうれしい。

Img_1720_large

白い守護神も、頑張ってるみたいやから、心配はしなくても大丈夫。
ちょっと様子を見にくるだけでもいい。

Img_1332
日生がんばってるでつよ。

Img_1332_1
                                         日生の瞳の中に映る私。

26日は、2号と月見の誕生日。

残念ながら主役の2人は不在だけど、日生とお茶でもしよう。

お腹が治っていればだけど。

2011年2月21日 (月)

クロクロの練習会

20日は2月の2度目のJCCの練習会でした。

downwardleft先輩犬の千里(チリ)ちゃん。
千里ちゃんの『臭気選別』はとっても正確で迅速。見ていて気持ちがいいhappy01
Img_1825

downwardleft同じく先輩犬のランディ君。『脚側行進』がとても綺麗。みんなのお手本です。
Img_1819

さてさて、他には、、、、、この日は偶然ですが『高クロクロ率』でした。
ブルーというより黒shineshineですよ。

downwardleftさて、何頭?(後方はジェシカ)
Img_1823

downwardleft左、マストさんちのマナちゃん(ブルーのシェルティ)はmieさんと練習初参加。
初めてだけどえらい。CDP科目は、ほぼクリアでしたhappy01

マナちゃんはmieさんちのショコラちゃんの娘です。
日生より少しお姉さんで、うざったい日生にムキーッannoyって怒るんだけど、
それが日生にとってはうれしいらしいからタチが悪い。
Img_1863

downwardleft右、ちょっと通好みのシェルティは、ともちゃん☆彡さんちのリゼルちゃん。(だったよね?)
バイブラックのシェルティは街中でそうそう見かけることありません。

ショー一筋なんで練習は見学だけど、
お遊びタイムには沢山、日生と走ってくれました。

Img_1855_1_2

downwardleftこの日撮った写真で一番好きなものがこちら。(大きくしちゃう)
日生、うれしそうです。
右端はともちゃん☆彡さんの秘密兵器?カイト君。

Img_1905_4


downwardleft午前中、いっぱい遊んだジェシカは午後からはせっせと枝を運んでおりました。
ボールより枝、ショーリングにも枝を持っていくほどの『枝好きじぇっち』(笑)

Img_1882

他にも沢山のコリー&シェルティの参加で、ベビーのシン君heart04にも会えました。
その様子は、それぞれでUPしてくださるかと期待しております。

んで、練習会後はmieさんちに寄港。。。。

朝から1日外にいて、人間は少~し眠くなってたけど、
移動中に車中で小休憩して復活した日生は、またもやジェシカとお部屋で暴れておりました。
日生、今日は1日、楽しかったやろ~ね。遊んで遊んで遊んで食べて遊んで、、(苦笑)
mieさん、ありがとうございました。お鍋ごちそうさま~heart04

1日、楽しく運動した日生ですが、、、、
ココからは真面目な話(笑)で、肝心の日生のUD。

なんか、出来なくなってるし~gawk、、、ところどころ、、いや、かなりの部分で。
2月に入って密度も精度も上げてきたつもりで、
今日はその辺りもWさんに見てもらえるかと思っていましたが、、かなりショック。


場所が変わっても、刺激が多くても、
モードの切り替えができて、マズマズ集中できるのが日生の良い所。
しかし、ぼーっと突っ立っております。
やる内容は理解してきているはずなので、別の事を考えているようです。
休憩中の他のコのことでしょうか?
それとも、お昼のおにぎりのことでしょうか?

gawk gawk gawk gawk gawk gawk gawk gawk


downwardleftもっと遊ばせろ、と文句タレタレの日生。非常にウルサイです。
Img_1813

待ち時間の調整が上手く出来ずに、『訓練モード』に切り替わらない日生。
そして、そんな日生をコントロールできてない私。

う~~んsweat02

2011年2月15日 (火)

足跡

雪の日の散歩は、新しいことの発見が多い。

Img_1646_large  

downwardleft誰かは知らないけど、雪についたワンコの足跡。
上側に大きめの犬、下側に小さめの犬?

P1070113_3

downwardleftこちらは日生の足跡。
ニオイを嗅ぎながらゆっくり歩いていたので蛇行していますが、上の写真とは少し違います。
P1070103_1_5

downwardleftさらに、トロットしている時の足跡をよく見ると、ほぼ一本の線に。。。
P1070104_2

downwardleft拡大すると、さらにおもしろい。

P1070104_1

前脚の足跡に、後脚の足跡が重なっています。
マジマジ見ると、、なんだか不思議じゃないですか?
脚、どうやって動かしてるのか、、って。



展覧会で「歩様を見る」ということをよく聞きますが、こういうことdownwardleftらしいです。

歩様はコリー&シェルティが他犬種と異なる最も大きな特徴といえますから、よく注意して観察する必要があります。
 一般に駆け足を常用としている犬種が多い中で、コリー&シェルティは速足を常用しています。
この速度の時に、最も特徴とされるシングル・トラックで走ります。


シングル・トラックとは地上に引いた一本の線の上を四本の足が全部踏んで歩く歩様です。
速度の速い速足の時、右の前足は左前足のすぐ前に踏み出します。
次に左前足が地を離れた瞬間に、今まで左前足のあったその位置に左後肢が接地します。
 4本の足で歩きながら、2個ずつの足跡を残します。
このような歩様は他犬種にはほとんど認められませんが、狼、鹿などに認められます。


なるほど、、、、。





他にも、他所の犬の臭跡は人間の目には見えませんが、(←もち、犬の目にも見えないけど)
雪の日は足跡が残っているので、日生がその跡を嗅覚で追っているのがわかります。

誰かの足跡を追い、誰かが立ち止まったところで立ち止まる、、、
雪の無い日でも、日生にはこういう風に足跡が「見える」てるんでしょう。
すごいことです。

Img_1634_large

Img_1626_large

そうそう、
雪道散歩の問題点のひとつ、飾り毛や指の間にに付く雪球ですが、、
どうやら「親水軟膏」って言うのがいいらしいです。

すぐに手に入らなかったので、「白色ワセリン」で実験したところ、マズマズいい感じでした。
お散歩前に足裏タップリ、手に延ばして飾り毛にも少しつけたところ、雪球ほとんど無しscissors

ワセリンはベタつくのが難点だけど、散歩から帰ってくると殆ど落ちているのか
タオルで脚を拭いたら全然わからなくなりました。パッドの保湿にもよさそうです。
「親水軟膏」ならもっとつけた感じが軽いのではないかと思いますね。

現在の日生は飾り毛が乏しいので、モフモフの子はどうかわからないですけどね。

Img_1660_2

2011年2月14日 (月)

雪、4日連続。




午後から雪が積もりました。
金、土、日、月の連続で降雪。近年では珍しいことです。

今回は南からの低気圧の影響で太平洋側にたくさん降ったみたいです。

Img_1771

で、午後に配達してもらうはずのお米が届きません(笑)
(もう、お米は一粒もないの~)
日生近所は一応、住宅街ですが、下から登ってくる地形なので
道路に雪が積もるとノーマルタイヤでは上がってこれないから。

雪国の方は毎日これなので大変なんでしょうね。

門扉の前も除雪しておかなければ、明日の朝、凍ってしまうに違いないです。
植木も倒れそうだし。


Img_1775


コートがスッテンテンなのでちょっと寒そう。。でも、本人は気にしてない?

Img_1627

いつもの散歩コースも、風景が一変してます。

P1070102

P1000305

P1070100




車はほとんど通らないし、音が雪に吸収されてとっても静か、、、
乾燥していた空気も湿気を帯びて寒いけど気持ちがいい。

どうせキンキンに寒いんだから雪が積もった方が楽しいなぁ。。。

P1000314_large

P1070106_2

いつもの公園の広場も雪。寒すぎて誰もいません(笑)
人を連れた犬を時々見かけるぐらい。

P1070115

雪の日の思い出は、いつも楽しいものばかり。
だから、昔の写真を見ても楽しかったことばかり思い出す。

今年の積雪もこれで終わりでしょうかね?。。。もう一回あるかな。

Img_1644

(注:音が出ます)

2011年2月 8日 (火)

祝☆おてち

昨日はJCCの訓練試験の練習会でした。

Wさんのご指導のもと、月に2回程度の開催で、日生と私も月に1,2回は参加しています。
余りブログ記事に出来ていないのは、練習会のお写真がいつもないからであって、
秘密にしているわけではありません(笑)

Img_1610
(毛がないので、流石に夜は敷物の上で寝ています。でも、日中はテラコッタにジカ座り)


練習の時はなぜか頭がいっぱいで写真を撮る事ができてないのです。
(次回は、、なんとかお写真撮れるようにしてみます)

Img_1607
(mieさんにもらった、カモノハシ、、、脚の指がない、、、、)

新しい方が増えて、この春は日生を含めてお受験するのが5組。
いままでずっと下級生の日生と私でしたが、ちょっと上級生になりましたhappy02

今やレア犬種化してきたコリシェル。。。。
試験を受ける受けないに関わらず、こうやってオーナーが集まるのは楽しいものです。
資格試験は受けなくてお勉強だけでも、もちろんOK。
だけどチャレンジすれば、みんなで共通の目標がもてるし、
やることがはっきりしてくるので、やりがい&達成感が出るかな。
CDPからおリボンと認定証がもらえますし、CD以上は入賞すればクリスタルもshine

練習会は、
ひととおり個別に状態を見てもらって、団体の練習をして、
軽いお昼(おにぎりとか)を食べて、、遊びたい犬は走らす、人間は談笑、、って感じでやっています。
もっと沢山のコリ&シェルオーナーさんに知ってもらって、参加してもらえたらいいなと思います。

Img_1613
(ちょっと、やらせ写真を撮っていると、、)

Img_1608
(なにしてるでつか、、、、)

練習会に行くのは楽しい、、、と日生は思ってるみたいです。
お道具を車に積むと、ギャンギャン、ピーピー、早く行こうと騒ぎますから。

最近は9ヶ月のコリーのマリアンちゃんに会うのも楽しみの一つ。
マリアンちゃんはよく走るので、日生も思う存分走れて、
おまけにマリアンちゃんを転がすこともできて(ごめんねsweat01)大満足です。
さらにお姉ちゃん子の日生は、
コリーのお姉ちゃん二人(風花ちゃん、千里ちゃん)に会うのも楽しみにしていますよ。

昨日は、ジョリ君(9ヶ月のシェルティ)となにやら遊んでいました。
その様子は、こちらでどうぞ。

「練習1」で「お遊び2」の日生ですが、好きになってくれたらいいのです。
そういう風に仕向けてくださった先輩方に感謝です。

Img_1598_1

肝心のUDの出来ばえですが、、
「前進」を含む課目は少しずつ進んできてますが、細部がアマアマcoldsweats01
さらに、今まで出来ていた課目にも昨日はほころびが目立ちました。
うーん、出来ばえ50%ってとこでしょうか。あ~、先は長いです。

これからいろんなところを詰めていかなくては、、、
(詰めていく課程でひと悶着が予想されるのですが、この話はまた今度)

とにかく精一杯、出来るところまで、頑張ろうと思います。

Img_1602

ところで、タイトルの「祝☆おてち」ですが、

おてち、、と言うと「お手」をします。

、、、ただ、それだけ。。。。。(笑)

downwardleftちょっと嫌そうな「おてち」。

Img_1617

downwardleft立ったまま「おてち」、、手というより腕やん。

Img_1621


downwardleft左手。手の甲。

Img_1615


downwardleftちゃんと、手のひらに「おてち」

Img_1618



「お手」の写真が4連続。 
笑われそうですが、ただそれだけ、、



ですがっsign03、日生はお手が大嫌いです。
前脚をもたれることを極端に嫌がるのです。
(月見は手を触られるのが好きで、撫でていると寝てしまうほどでした)

多分、オスワリと同じくらいポピュラーなこの芸。
今までずっと拒否・拒否・拒否~sign03していました。
覚えられないのではなくて、なにか精神的なものだったと思います。
それが私にとっては寂しいことでした。

今日、出来るようになりました。(喜んでしてはいないけれど、、、、)
他の人にはなんでもないこと、、、、でも、とてもうれしく思いますheart04

Img_1624
えへ。おてち、、、でつよ。

2011年2月 3日 (木)

走る姿が変?カモ

日生の走り方は、、あまりコリーっぽくない?。。。と思い出したのはいつだったか?

Img_4829

全速力で走って曲がるときに、すっぽ抜けて転がらなくなったのは1歳半ぐらいから。
それまでは、スピードスケーターがトラックのカーブですっぽ抜けて転倒するようにコロコロ転んでいた。

Img_1286

もともとコリーやシェルティの脚の構成は、走りながらすばやく右左に転回できるようになっているらしい。

Img_1287
(右に傾く)

曲がる方向に身体を傾けることによって出来るだけスピードを落とさず回っていく。

それは丁度、4輪の自動車と2輪のオートバイの曲がり方の違いのように。

Img_1292
(左に傾く)

このところはヒラリ、ヒラリと進行方向を変える事ができるようになったと思う。
特に2歳を過ぎてからのことだ。

それはいいんだけど、

日生の場合は、
コリーってこんな風に走ったっけなぁ??って思うときがある。

Img_4837

ボールやディスクを追いかける時は、低い姿勢のままイノシシのように突進して
それでもって、ターゲットにガバッ、、、と食いつく。

(いつの日か、カラスでも捕まえようと「しょうじん」しているのか?)



Img_4825

Img_4774

そりゃ、私は重心の低いコリーが好きだけど、
低い姿勢のまま、ドタドタと音がしそうな勢いで走る様子は、ナマで見た人は思わず笑うと思う。
(実際は、ドタドタ、びよーん、ガブッ だから)

downwardleftこういう風に、後脚を伸ばして直線を走っているときでさえ、ほとんど背中が上下しない。
Img_1127

月見は走り相手にならなかったので、成長期に運動不足になるのがいつも気がかりだった。
ちゃんと筋肉が付いているのか、今でも私にはわからないけど、
「運動をもっと入れて、、」とは最近は言われなくなった。

でも、なにか違う気がする、、(笑)

私の記憶の中のコリーって、
少し身体を上下に揺らしながら、コートをゆっくりなびかせて、優雅な足運びで走るのではなかったか??
お友達のブログで、コリーたちが群れて走っている写真を見ては特に思う。
ウチの子もイノシシ走りのコリー、、という方、教えてください。

Img_1256

このところ乾燥していて、ドッグランの地面も硬くなってるから、
どれだけ蹴りこんでるのか知らないけど、またもやパッドを擦りむいて傷が、、、、gawk

薬塗って、今日も月見姉ちゃんの靴下を履かされている日生でありました。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »