« 6月のこと、、6月の終わり | トップページ | 六甲アイランド »

2010年7月17日 (土)

もう、1ヶ月でした。

月見がいなくなって今日で1ヶ月。
早いなぁ、、、まだ2週間ぐらいしか経ってないように感じます。

はじめは月見の姿が部屋にないことがつらかったけど、
なんとなく、それにはすこし慣れてきたような気も。。。

でも、1ヶ月経って、
今度は不意に月見が帰ってくるような気がしてなりません。

ちょっと出かけてたんけど、戻ってきたような、、
「お散歩、暑かったですわ。お水ください」って、玄関から入ってくるような。

それとか、、、、今は、いないけど、来週ぐらい帰ってくるような。

Img_2378_large

でも、いろんな人の励ましで、元気になってますからね。
ゆっくり、ゆっくり、いきますね。

« 6月のこと、、6月の終わり | トップページ | 六甲アイランド »

コメント

1ヶ月ですね。
ゆっくりと新しいペースが始まったのかなと感じる事ができて嬉しくも思います。
訃報を知り、荼毘に臥された日にお花を挿し芽しました。1ヶ月で根が出ているようです。
もう少ししっかりしたらお送りしますね。
来年の今頃は、咲いてくれると思います。
うちの凸凹コンビは、日生ちゃんと同じ日にやっと2歳になります。(笑)DANAは初めてのノーエアコンの夏、さわらと違い要領が判らず少しバテ気味です
めいがいつも月見ちゃんいいお顔、ってたくさんの写真を眺めてるんですよ。で、パパは会ったんだよね~っと・・・。
梅雨明けですね。
ご自愛くださいませ。

すっかりご無沙汰してしまいました。


そうですね、ゆっ~くり、ゆっ~くりでいいと思います。
一昨日、親父から電話がありました。
よ~く考えてみたら、実家のシーズーがなくなって以降、初めて親父と話しました。
こちらの雨がひどくて心配をして電話をかけてきたようです。
ちゃ~んと、こちらの心配をしてくれるくらいになるまでに元気になってましたよ(笑)

月見さんがいなくなって、もう1カ月も経つのですね。
たしかに早いですよね。
↑のルナちゃんのお写真、ママさんと2号さんのお気持ちわかりますよ。
似てますもんね~

日生ちゃん、六甲アイランドは楽しかったかな?

catさわら父さんへ

お花ありがとうございます。
でも、このところバラを4鉢も枯らしてしまった私です。。(汗)
しっかり成長してからの方が良さそうですね~。

めいちゃんのやさしい気持ちうれしいです。
DANAちゃん、月見の若い時に少し似ていますよ。
「ありがとう」って伝えてください。
敏感なお年頃ですから、さわら父さんの方でフォローお願いしますね。


catライト&エルの父さんへ

こちらこそご無沙汰してます。暑いですがL&Lのお二人は元気にしていますか?

ほんと大雨でした。
お父様まだお寂しいでしょうに、自分のことは置いておいても、
息子一家のことはやはり心配になるんですね。ありがたいですね。
確かに、人のことを心配できるようになれば
少し心にゆとりができた印なのかもでしれません。

六アイに限らず、遊べるワンコがたくさんいれば
日生はいつも楽しいみたいですよ(笑)
もうすぐ2歳なんですが落ち着く気配もありません。

こんにちは。
うちもラッキーがいなくなって1カ月と半分が過ぎました。
早いようなまだ1カ月のような。
同じように 「ちょっと出かけてて帰ってきたよ」って帰ってくるかも。とついつい考えたり
昨日は夜中眠れないでポロポロと涙が出てしまい
胸が苦しくなってしまいました。
ゆっくりゆっくりと思いつつ ラッキーの為にも
早く元気になろうと 前向きを意識するのですが
時々 ググッとあの日に戻ってしまいます。
たくさんの励ましをもらいながら コレではいけないですね!

catラッキーママさんへ

とてもつらくて、ゆっくりいこう、、と思いつつも、
元気にならなきゃと思う気持ちがどこかにもあって、、、お気持ちわかります。
夜中、眠れなくなってしまうことも度々です。
私なんか、周囲の人に甘えちゃって(苦笑)
「前向きに立ち直ろうとするラッキーママさん、強いなぁ」って思いますよ。

でも、この悲しみって、少し慣れたかと思う時もあれば、寄せる波のように何度も何度も押し寄せてきますよね。その度にあの日に戻る、、仕方ないですよ。
そして、たまには「つらいよ~さびしいよ~」って、言ってもいいと思うんですよ。
ねっ、ゆっくり行きましょう。

たまに、そちらにお邪魔してラッキー君の動画や寝姿を見ています。大きさは違うでしょうけど、同じトライのシニアさんが懐かしい感じです。
ラッキーママさん、ずいぶん関西弁ですね?(笑)
また気の向いた時にメールでもくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月のこと、、6月の終わり | トップページ | 六甲アイランド »