« 6月のこと、、18日 | トップページ | 6月のこと、、6月の終わり »

2010年6月29日 (火)

6月のこと、、姉妹

ひなタンは元気にしているかなぁ。。。って心配してくださってる方もいるかと思う。

日生はあれから、、、、挙動不審である。
2頭飼いで1頭が亡くなったとき、もう一方もしばらくおかしくなるよ、、とは聞いていたが、なるほど、おかしい。

散歩はいつもどおりに行き、雨の合間をぬってドッグランへもつれて行き、
ご飯もほぼいつもどおり食べて、健康上問題はなさそうだが、、、、
喪失感は日生にもあるのだ。

Img_2732_large

Img_2723_large_2

あの日の2日前ぐらいから不安そうにはしていた。

いつもと違う月見の様子、いつもと違う私の様子が日生を不安にしていた。

そして月見が亡くなった日からは、
3mぐらい離れた場所から、じーっと、絶え間なく私の事を観察しているものの、
まったく私に近寄ってこなくなった。手からオヤツも食べない。
2号に対してはいつもどおり、すりよって行くのに。。。
1週間以上続いたと思う。

たくさんの人がお家にやってきた。
皆、月見姉ちゃんに何かを言ってなでては泣いていた。
そして、姉ちゃんは車に乗ってどこかに行ってしまった。

あれからずっと帰ってこない。
しばらくしたら帰ってくるのかな。
もしかしたら、もう帰ってこないのかな。

Img_2452_large

日生が死を理解しているのかはわからない。
はじめはいつものように寝ていると思っていたのだろうけど、
月見を送り出すまでの間、何度も口元をチェックし、脚や身体のニオイを嗅ぎ、
隣で眠り、最後には何かが違うとはわかっていたように思う。

月見はいなくなったのだと理解していて必死に探し回ったりはない。

唯一、外出から戻った時だけ、ドアを開けて家に入ると一目散、
月見の座っていた場所をチェックしに行く。
確かに日生がウチに来てから、家に戻った時に月見がいないという事はなかった。

そして、月見の姿が無いことがわかって、傍目にもわかるほどしょんぼりする。

うまく言えないのだけれど、「待っている」素振りは見せないけど、
日生は、自分が帰ったときに月見が家にいるような気がしているみたいなのだ。
そんな日生を見るのはとてもつらい。

それ以外にもいろいろと、今は不安で不安で仕方がないらしい。

お庭トイレはあれから一度もしていない。
「お庭に行くと悪いことが起きる」

車に乗ってもはしゃぎもせず目的地がわかるまでじっとしている。
「姉ちゃんは車に乗ってどこかに行ってしまった」

あれほど、スキを狙ってもぐりこんでいた月見のベッドにも絶対近づかない。
床に並べてある遺骨やお花や、お供えのオヤツにも絶対近づかない。

散歩では、雨で日ごとに消えていく月見のマーキングを補うように、
何度も何度もマーキングしている。

不安なのだ。

P1010019_large_2

パピィの頃からすっと側にいた月見。
こちらの期待をとは裏腹に、母親的な愛情で日生に接することは無かったけれど、
いつも毅然としていた月見。もちろん、日生を家族の一員と認めていた。
日生にとってその存在はとても大きかったのだと改めて思う。

犬のリーダーである月見を失った日生。
もうひとりのリーダーであるべき私の様子もおかしいのだから挙動不審にもなるだろう。

P1010070_large

犬と飼い主はお互いを写す鏡。
日生は私が発している負のパワーを恐れて近づいてこない。
「無理にいつもどおりにしようと取り繕っても、見透かされるよ」と友人が言ってたけど、
本当にその通りで、
「大丈夫、、、」とか言ってなでようとしたら、大急ぎで逃げていく(笑)
何かできることをさせて、「よくできたね~」とか無理に褒めようとしても、
全くもって喜びもしない。

まだ気力がついていかないけど、少し難しいことをさせて出来たときに褒めると、やっと、うれしそうにする。
こちらが思わず本気で褒めているからだと思うが、
その違いが何故わかるのかが不思議だ。
いずれにしても、UDの練習を遊びレベルからでも始めるのは、日生と私にとって良いリハビリになるだろうと思う。

それでも、今週に入って側に寄ってくるようになった。
PCに向かう私の横でじっと座ってこちらを見ている。
私の気持ちが少し落ち着いてきているということか。

犬と飼い主はお互いを写す鏡。とても正直にお互いの心を写し出す。
これからこの喪失感をゆっくり一緒に埋めていこう。

小さかった日生は、いつのまにか月見がウチへ来た時の年齢になった。
月見は2年かけて、日生にバトンタッチしたのだ。

« 6月のこと、、18日 | トップページ | 6月のこと、、6月の終わり »

コメント

どの写真も、愛情いっぱい、幸せ溢れる写真。。

ママさん、、ゆっくり、ゆっくりね。。

写真、どれもステキですね。
見てると涙が出ちゃうなぁ・・・。

ひなたん、どうしてるだろう?ってずっと思っていました。
大好きな月見ねえちゃんの姿が見えないのだから、
ましてやママさんも普段と違うのだから
挙動不審にもなりますよね・・・。

ママさん自身で分かっていらっしゃると思いますが、
無理せず過ごしてくださいね。

日生ちゃん、こんなに小さなパピーちゃんの頃から月見お姉ちゃんと一緒だったのね。月見お姉ちゃんが居なくなって、どうしたことかと不思議に思うのは当たり前よね。ママもいつもとは違うってことはようく理解してるし。
でも、CDXに合格したお利口さんだから、きっと大丈夫よね。UDの練習、少しずつ始めてください。どこかの審査会でまた会えるといいね。

最後の一文で泣いてしまいました。

ヒナたん、げんきだすでつよ。お空の月見ね~~ちゃんが心配するでつよ。いつでもヒナたんの高いところでかぞくをみまもってるでつよ。
                         さわら DANA

たくさん、たくさん、寄り添っていたふたり。。。
あたしも、家が出来たらこばんの妹を迎えたいなぁ~

日生ちゃんとお姉ちゃんとの 思い出のアルバム拝見しジ―ンと
きましたよ パピーの時からずっと一緒だったから・・・ 
月見ちゃんは日生ちゃんの 育てのおかーさんだったんですよね
日生ちゃんが挙動不審になってしまうのも無理もありませんよね
きっと時が解決してくれるよ 思い出と共にゆっくり待ちましょうね

我が家のマロ&めい親子もいつかは別れがやって来るんですよね
今から心配してますよ めいはママが居ないとだめなんです。

たくさんの写真から、ママさんの溢れる愛情が伝わってきます。
ずっと月見ちゃんに寄り添ってきた日生ちゃん
月見ちゃんにひっつきたくて、仕方がなかった日生ちゃん
日生ちゃんが月見ちゃんを待つのではなく、月見ちゃんが日生ちゃんをいつも待っていてくれたんですね
遠い、遠い先だけれど、いつの日か、待っていてくれる月見ちゃんに会えるから、その日まで、ゆっくりゆっくり、大人になってね、日生ちゃん・・・・・・

毎日 涙でドロドロになっちゃってコメントできませんでした。

2頭飼いだったら残った子はどうなるんだろう???と
長年 多頭飼いしてる私には分からなかったんですが
どこかへ行ってしまった事が分かるんですね・・・

賢いコリーだから尚更かも。

しっかり者の月見ちゃんだから ひなちゃんの事をきっちり見守ってくれますよ。
UD合格せなあかんで!って ワホワホ言ってるかもね。

泣きながら写真を見せてもらいました。
二匹のシアワセな『時』が写っていました。
これのおかげで今の日生ちゃんがあるんですよね。

ディディが逝った時、ナップは1歳5ヶ月でした。
きっと今は覚えていないかもしれません。
でも、ナップの中にディディと暮らした経験が息づいていると思います。
どう考えてもポメらしくありませんもの。
アレはディディのおかげですよね。
日生ちゃんの中にも、月見ちゃんとの暮らしがたくさん受け継がれています。
これからも 一緒に遊んで、一緒に勉強して、一緒にママにヨシヨシしてもらおうね。

日生ちゃんは賢いから、逆に心配しています。
今は我慢している次期だと思います。
それが歪みになって出ないといいんですけど。
ナップは一ヶ月たった頃から ご飯の食べが悪くなりました。
気をつけて見ていてあげて下さいね。
そして、ママさんもパパさんもゆっくり、、、ね。

snailわん!さんへ

ご無沙汰しちゃってます。コメントありがとうございます。
いつの間にか写真を撮るのが習慣になっていました。

ゆっくり、ゆっくり、、そうですよね。

snailえっつーさんへ

いつも元気印な日生ですが、パイパー挙動不審です(笑)
暑いせいもあるかと思うんですけどね。
また、みおちゃんと暴れたら元気出るかな?


snailボクのママさんへ

日生が「おりこう」そうに見えるのは試験会場だけかもしれません(汗)
日常生活はかなりハチャメチャなんですよ。
その日生もこの所は元気ないです。

UDの試験は来年春以降のお受験なので、急がず、遊びレベルから始める感じです。
ボクちゃん、次は広島ですか?応援していますね。

snailさわら父さんへ

さわらくん、DANAちん、
姉ちゃんは高いところにいるでつか?それって、2Fのことでつか?でも、ときどきいつもの場所に月見姉ちゃんが座っているのが日生に見えるでつよ。


snail山口のおばちゃんさんへ

日生が段々大人?になるにつれて、寄り添う時間が増えていった
気がします。

ぜひ妹を、、happy01
でも、2頭目はなぜか全く違いタイプの子が来るみたいです(笑)


snailマロ&めいさんへ

月見はマロママとちがってきびしかったんです。
母と言うより「上位の犬」でした。
それでも日生はずーっと月見について回っていました。
不思議ですよね。

お別れはいつかやってくるのですが、
マロ&めいちゃん達にはまだまだ先の話ですね。

snailJoshKaisMumさんへ

とにかくつきまとってましたね。
お尻だけでもいいからべったりしたかったみたいです(笑)
月見が家にいるとわかっていたので、
日生は自由に出かけていたのかもしれません。
ショー会場なんかではしゃぎすぎたときも、
月見と一緒のサークルに入れておくだけで落ち着く事ができました。(←ハイテンションでバタバタすると怒られるから)
私の出る幕はなかったんですよ。


snailともちゃん☆彡さんへ

しめっぽい記事なのに読んでくださってありがとうございます。
そして、涙でドロドロになってくださって、ありがとう。

犬にとってのショックを考えると
3頭以上の多頭飼いが理想かと思いました。
でも、コリーの3頭飼いはちょっと、、、勇気が要りますね。
スペースも要りますが。

UD合格は何年先になるかわかりません。
それよりも前に「コリー像」集めないとぉ、、でした。

snailchiakiさんへ

たしかに、ナップ君は普通のポメではないですよね。
ゴルポメ?

月見は実家のシェルにシルエットが似たトライの子を見つけると、
いつも興奮して確認しようとしてました。
その子が亡くなってからもずっとです。
ナップ君もディディちゃんのこと覚えてる気がしますよ。

日生は暫く注意が必要かもしれません。
おかしいと思ってもどうしていいのかわからないのですが、、、。
1ヶ月、、そうそう、友達もそのころから「さらに」おかしくなったって言ってました。
1ヶ月ぐらいは帰ってくると思っているのかな。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月のこと、、18日 | トップページ | 6月のこと、、6月の終わり »