« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月23日 (水)

X’masの風景

この時期になると、近所のお家がX’masのイルミネーションで飾られます。
いつものお散歩道でも、見慣れぬものが置かれているのに興味深々の日生。


downwardleftトナカイさんが毎日気になって仕方が無い様子だったので、昨日近づいてみた。
生き物ではないとわかって急速に興味消失。
でも、、今度は門の中にあるものが気になって仕方なくなりました。

Sbca0006

downwardleft中にあったのはこれ(笑)
Sbca0007

信楽焼きのタヌキさん、不思議ですが近所では「置いてある率」高いんです。



downwardleftこちらも、かなり気になったもの。ご挨拶できました。

Sbca0001
日生でつ~♪。あなたはワンコでつか~?

小さな子供さんがいるご家庭はとても賑やかです。
(うちのお隣も夜になるとピカピカ)

それとは別に近所に2軒ほど大人向け?の電飾をしているお宅がありました。
ただ好きなものを並べたというのではなく、配置や色の組み合わせが統一されている感じで、、、、
とてもステキで夜になるとよそから見に訪れる人がいるぐらいです。
でも、残念ながら今年はワンコが虹の橋を渡ったというご事情あって2軒ともお休み。

しゃなーいので、ウチのたった一つのデコレの様子をばご披露。
Img_0517_large

暗いですけど、森の中のホラーハウスではありませんので、、(笑)

あ、でも、近づいてみると「ケモノ」が暗がりを走り回っているのが見えます。

Img_0509_large

一応シルエットはコリーに見えます?(まだシェルティ?)

で、我が家も、X’masコスプレ、、に挑戦。


downwardleftエプロンはどうしても拒否(←食いつく)ので、お帽子だけになった日生。
ぱっとみ、いつもと変わらないんじゃない?

Img_0555_large

よく皆さんのブログでカワイイのを拝見しますが、こんなに大変だとは、、、。

月見は立ってくれないし、
日生は月見の衣装のボンボリが気になって気になってじっとしないし、、、(涙)
あんなにたくさんの被り物や飾り物、1人ではぜーったい無理~。

Img_0539_large

これが精一杯でしたわんcrying

downwardleftトライには赤がよく似合いますよねheart04


Img_0534_large

downwardleftこうしてると日生も、かわいーじゃん。

Img_0532_large

****オマケ****

去年のX’masごろの写真。
この頃は歯が生え変わり中。
毛も短いし幼児体系で何犬かわからない感じでした(笑)

今年の写真を見ると、ちゃんとコリーになったみたいです。すごいですよね。
(、、、って、飼い主が驚いてるのも変かな)

P1020092_large

P1020125_large

 

   

2009年12月19日 (土)

冬支度

このところすっかり寒くなって、日中の最高気温が10度を下回るようになってきました。

、、ということで、この方達は活動を停止し、冬眠開始です。

Img_0484_large

動きがとてもスローで果たしてちゃんと土にもぐれるのかしらと心配しましたが、
暗くなる頃にはちゃんともぐっていました。来年桜の咲く頃までこのコンテナの土の中でこでお休みです。
おやすみ~みどちゃん、コガメ。春にまた会いましょう。

Img_0492_large
池からでできたでつね。あやしいでつ。

翌日から空になった池を見て不審そうにしていました。
(庭でおしっこする時、池を必ず覗くのですcoldsweats01

こちらは、月見さん。
暑いんだか寒いんだかよくわかりません。
暖房器具をつけると暑そうにしてますが、一番涼しい場所(玄関前)で敷物乗っかって寝ています。

200912190939000

寒い日は、この顔、見るだけで眠くなっちゃいます。あ~ねむ。

200912190941000

寒くなったので、トレーニングがてら、こういうのはどうでしょう?

いろんなところでスリッパを脱いでしまう私。
「スリッパ探して持ってきてくれたらいいなぁ~」

しめしめ、これで、台所で「足が冷たい、、スリッパどこかな~?」っていう時に、
日生が探して持ってきてくれるバズhappy01??

ただし、以前は履物は「咥えてはいけないもの」だったのが、「咥えてもいいもの」に、、、、。外出から帰ると玄関の履物が移動しているようになってしまいました(笑)

******************************



上の動画の考察。
ここからは独り言なので、興味あるかただけ、、、、です。

このビデオから考えることがいくつかある。

1)「スリッパ」、、という言葉は覚えたらしい。
モノの名前がなかなか覚えられない日生。
紛らわしいもの、おもちゃのワニと豚、なんかはなかなか区別ができない。

2)「探せ」、、というコマンドでソファの前、階段の下、玄関とありそうなところを探している。
つまりスリッパはいつも玄関にあるとは限らないのだ。
「探す」という意味を理解してきたのかもしれない。

3) 持ってきたスリッパを渡す前に落としている。これは、わざと。
「ひらって」という指示でひらいなおす。
私が受け取るまで、または「オフ」のコマンドまで咥え続けなければならないことを徹底する。停座と終わりの動作は出来るので毎回は省略。たまにオプションでつける。

4)片方のスリッパを持ってこれるようになったので、続けてもうひとつ取ってくるようした。

言われた都度、言われた回数取って来るようにする。
(勝手に持ってきたときは適当にあしらう)
一度目でスリッパのある場所を見ているので、まっすぐ向かっている。

往路復路とも、だらだら行動していないのはかなり良い。

5)運んでくる途中で肯定の「YES」。
「スリッパ「を「探して」「持ってくる」ということを覚えたようなら、次からこの「YES」はいらない。

6)次は、キーホルダーを探してもってくるように練習しよう。
日生は金属を咥えるのがキライなので難しいかもしれない。

7)視覚の次は嗅覚を使って探索する練習も取り入れられる。

家庭犬訓練試験の項目をとおーい視野に入れて(笑)
ゲーム感覚でトレーニングをしていくのが、我が家のやり方。

だって、普通にトレーニングしても、
ワンパターンの繰り返しだと日生、飽きちゃうんだもーん。

2009年12月16日 (水)

ライバル

うちは二人ともワクチンが12月なので先日行ってきました。

月見、、、33.4kg。春からほぼかわらず。
老犬になるとしぼむって聞くけど、、その気配なしcoldsweats01

日生、体重23.2kg 
秋になって食欲旺盛になってたので少し気になってましたが、8月より少し減少。
ヨシヨシ。
夏ごろと比べると後脚がしっかりしてきたみたいです。
以前は急転回したときに転んでしまうことが多かったけど、最近は上手く踏ん張って回れるようにくなってきました。

とは言うものの、、、、、、。

downwardleft最近、ドッグランで会うラブラドールの女の子。(日生より2ヶ月年上です)

Img_0144_large

Img_0145_large_2

downwardleftこのラブちゃん、悪い子ではないんですけど、、、
犬同士になると遊び方がかなり過激で見ている私はちょっと怖い時も。。。
(首に噛み付いて振り回すんで)
Img_0013_large

飼い主がコントロールできないほど興奮して遊ぶのは、
遊びでも危険じゃないかしら、、、って思うんですけど、、どうなんでしょう?
心配しすぎ?

毛はむしらないでねぇ、、、と願うばかりですweep

Img_0011_large

なぜかいつも日生がターゲットになり、転がされてしまいます。
日生は、必死の抵抗を試みていますが、
ラブちゃんの方が体重があるのと筋肉質で強いので仕留められたまま、
ジタバタしています。
日生、まだまだ鍛えが足りません。

downwardleft走るのは日生のほうが速いので、反撃に出たりも。
結局はつかまって転がされてるんですけどね(笑)

それでも、日生も決して降参しないからターゲットになるんでしょうねぇ。
同じ年頃の子なので、順位がつくまでやるのかもしれません。

Img_0015_small

年上のワンコにはコビコビの日生ですが、同年代にはライバル心もあるみたいです。

Img_0044_large

こちらは、、、
ボーダーコリーのブルーマール。まだ8ヵ月ぐらいの男の子でした。
(ブルーのボーダー、初めてナマで見ました)

Img_0090_large

Img_0085_large

こちらは負けることはありません。年上であることを出張してます。
Img_0108_large_2

そして、
最近、日生が一番好きなお友達。ボーダーのココちゃん。
同じ2008年8月生まれの女の子です。

この二人はお互いに、おもちゃを見せびらかしながら追いかけっこするのがお気に入り。
速度や小回りではココちゃんの方が日生より上なので、
日生は100%の力で走ることになり、良い運動になります。

Img_0134_large

Img_0113_large

普段、他のワンコをいじめたり威嚇したりということはない日生さん。

上位の犬にはすぐに降参しますが、年下だと転がしたりして威張って見せたりもします。
同じ年頃の子同士だとライバル心も出たりすることもわかりました。

月見には決して逆らわないので、下位にいることが気にならないタイプかと思っていたのですが、
負けず嫌い??な面もあるんですね。

ドッグランでも最近そのあたりが顕著に見られるようになりました。

Img_0016_large

ま、とにかく、たくさんのワンコと走り回って、鍛えて、

立派なコリーになって欲しいです。

Img_0121_large

Img_0150_large

みおちゃん(姉妹)との対決も、「次回会うまでのお預け」となってることですしねhappy01

2009年12月14日 (月)

ジャパンドッグフェスティバル2009

12日、「JKC創立60周年記念 単犬種合同特別本部展」というのが、インテックス大阪でありましたので行ってきました。

Img_0306_large_3

普段、集団では見ることがないコリー以外の大型犬がテンコ盛りですheart01

大好きなボルゾイちゃんも、、、

Img_0314_large

グレートデーンも、、、もちろんダックスやチワワなどの小型犬のショーも見れますよ。

Img_0318_large

ワンコのグッズやオヤツのお店がたくさん出ているので、ショーに出陳しない
一般の人も愛犬を連れてたくさん訪れてます。

きれいなブルちゃんがいました。おとなしい子でした。

Img_0401_small

もちろんたくさんのコリーとシェルティも、、、。

Img_0334_1_large

JKCのドッグショーには全犬種が揃う展覧会と、今回のように単犬種の展覧会があるんですけど、単犬種のシステムはJCCのと似ています。
普段の全犬種のショーではあまりコリーを見かけませんが、今回はたくさんのコリーが集まりました。


downwardleftそして、日生。

いつも愛情タップリでお手入れしてくださるmieさん、ほんとにありがとう。
JKCデビュー戦ですpunch

Img_0303_large_2

downwardleft初めてのインドア、そして、たくさんのギャラリー。

Img_0362_small

えへへ、実はハンドラーは私ではありませんでした。

JKCのショーはJCCとは少し雰囲気が違います。
不慣れな私にはちょっと、、、、と言うこともあって
経験豊かな知り合いのハンドラーさんに引いてもらいました。

Img_0372_large

自分で引いてしまうと、私と日生がどのようになっているのかよくわかりませんでしたが、
客観的に見るチャンスでもありましたしね。

(ショーマナーが十分身についていない日生を引いてくださったTさん、
本当にありがとうございました)

結果は、、、日生は同じ年齢のクラス(ヤングアダルト)部門で4頭中の2席でした。
1席だったらウィナーズ戦に出れたのでちょっと残念かな。
でもね、デビュー戦でクラス2席って悪くないよ、、、、とは言ってもらえました。

Img_0479_large_2
(赤いおリボンもらいました)

ただ、今回はラウンドしている時、ずっとキョロキョロ私を探していたので(涙、涙)
「ひなちゃん、キョトってるね~」って他の人にも言われる始末。
ハンドラーをしてなかったので確かに客観的に見ることが出来ました。

でも以前よりよくなったのは間違いないです。
ステイも安定してきたし、指した指先を見つめるのも出来るようになったし。。。
そう、日生よくがんばりました~。

downwardleftワンコ達が出陣した後のパドックの様子。
さらに奥にリングがありギャラリーがたくさんいます。

Img_0412_large

インドアなので狭いスペースに大量のワンコが集まってお手入れを受けますから
鳴き声や人のざわめきが反響してスゴイ状態です。
でも、そこは流石の日生さん、気にならないだけでなく、あっちこっちのワンコさんに愛想を振りまいていました。

そして月見も連れて行ったのですが、
途中退屈したのか疲れたのか、人と犬が往来するリングとリングの間の通路に横たわって爆睡しておりました。
(駅のホームの地面に大の字で横たわって寝ている感じ)
見た私の方がビックリcoldsweats01こちらもかなり大物のふるまいでした。

downwardleftパドックの片隅で。
(男の子とグレードデーンとチワワが同じサークルにいました)

Img_0410_large






駐車場への帰り道。いつもドッグランであう知り合いにばったり。

downwardleft喜びの日生。こんにちはでつnote

Img_0423_large_2

アフガンハウンド3姉妹のオーナーさんで、やはりショーに出ていたのだそうです。
大型犬ばかりに一般の道行く人も立ち止まって見る豪華さ?

Img_0430_large_2

道々、他のコリーさんとも一緒に歩きました。

Img_0426_large_2

「この子はシェルティですか?」と道行く人に聞かれたので
「コリーです」と応えてたら。

隣の年配の女性がとても誇らしげに
「これがコリーですのよ」っておっしゃってました。

Img_0429_large_3

戦いすんで、みんな一緒。
楽しい1日でした。



2009年12月 8日 (火)

ひなキャラ

日生って、お転婆で、好奇心旺盛で、いつもニコニコ(へらへら?)していて、、、
でも、頑固で繊細なところもありなんだか不思議な子です。

もうじき月見が家へ来たときと同じ年齢になることを考えると、、、
性格のあまりの違いに驚きます。

月見はその時すでにかなり落ち着いていましたので、
だから私はコリーって落ち着くのが速い犬種だと思っていたんです(笑)

おそらく、このパイパーお嬢さんは根っからこういう性格なんですね。

downwardleft写真は、タイヤで首を?鍛える日生。
Img_0511_large_4

Img_0515_large_3

Img_0516_large_2

Img_0517_large_2



もしかしたら3歳ぐらいになると、ふつーのコリー?になってるのかもしれません。
あ、でも、月見の同胎の女の子も、いつまでもいつまでも「元気印」でした。
とすると、、、、、6歳過ぎてもこのままなのかもしれませんね(笑)


Img_0033_large_2

Img_0031_large


友達には、
日生はラフ・コリーではなく、”ボーダーコリー”に近いと、または
”らぶ・コリー”(ラブラドールのようなコリー)なんじゃないかと言われたりします。

Img_0013_large

余りに元気なもんで、一般的に言う「おりこうさん」とは言われないかもしれません。

月見はおおらかで細かいことは気にならないし、
私たちに無条件の信頼をおいてくれて、いつもそっと寄り添ってくれる。
ドッグスポーツなどをしない普通のお家では、多分月見のような子が一緒に暮らしやすいのでは、、と思います。

反面、遊びやトライアルやショーを楽しむタイプではないです。
「そんなのめんどくさいわ」って(笑)

Img_0010_large

どこに連れていっても安心してみていられる子になるには、まだまだ時間が必要な日生ちゃん。
(だって、ドッグカフェでもペットショップでもワンコの気配に「遊ぶでつ~♪」って大騒ぎになるんですもの)

Img_0016_large

でも、私はこの性格が大好き。
生後6ヶ月ごろは、いつ落ち着くのかなぁ?って思っていたけど、
今は、いっぱいいろんな事を一緒に楽しむためにウチに来てくれたんだって思えるから。

この笑顔を大事にしなきゃ。

Img_0021_large

結構、繊細なところもあるんです。

Img_0418_large






***** おまけ *******************

コリー3色そろいました。
日生がうちの子になった時と同じぐらいの大きさ。
とてもラブリーです。

Img_0337_large_2
その茶色い子は何?
これ以上、お子様はノーサンキューですけど。(月見)


Img_0352_large
脚がカエル。。。日生の子分になるでつよ♪

 

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »